Goma

デス・レース2000年のGomaのレビュー・感想・評価

デス・レース2000年(1975年製作の映画)
3.8
好きな批評家の高橋ヨシキさんの紹介を聴いて観ました!
リマスター版は本当に綺麗でビックリしました!
内容も説明など無くかなり観やすくて娯楽って感じで何も考えず見られるのは良いです!
不協和音みたいな不気味な音楽もドキドキ!
レースシーンも迫力あってマシンに個性がもっと欲しかったですがあんな風にぶっ飛ばせるのはワクワクしました!
人を引くシーンは意外にあっさりで逆に良かったですが観る前はどんなグロさだと思いましたが普通でした。
基本爆破で減っていくキャラが笑えて爆弾最強でした!
レジスタンス達の攻防も楽しめた!
若い頃のスタローンが出ていて時代を感じました。
女性陣は綺麗で脱ぎっぷりにも拍手!
ラストはまさかのハッピーエンドで平和になって良かった!笑
こんな未来になってなくて良かったです。