デス・レース2000年の作品情報・感想・評価

「デス・レース2000年」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

4.3
リバイバル上映してくれていなかったら絶対観てへんかったやろうなぁ。
めっちゃ笑った!
うへぇ…ってなりながら(笑)
友だちとゲラゲラ笑いながら観たい作品。
じょり

じょりの感想・評価

4.0
①理屈じゃない中毒性★★★★★
②富田シンセ的BGM(殺られる時はクラシカル)扇情度★★★★
③近所で走ってる車の方がダサいと思っちゃう確率 10%

「あるレベルでとても予言的な映画だ」って分からんでもないけど、ひき逃げポイント制って何よ!?
ロジャー・コーマンは限られた予算で最大限の仕事をやったと。その結果、チープとかダサいと言いながら再見したい気持ちにさせるお手並みはGJ👍フランケンがウザくてイカれた司会や外道ナースら社会のダニを消し去るような、娯楽作でありながら首脳陣のシニカルなポリシーに納得です。面白いなこれ。
元アイドルY容疑者は確実に鑑賞したことがあるのでは💧
夜のシネマテークで見たのが良かった
やじま

やじまの感想・評価

4.0
近未来のアメリカ、人をひき殺して得点を稼ぐ大陸横断レース、子供(特に赤ちゃん)と老人は高得点、最初の犠牲者の妻をスタジオに呼び出して祝福と最初胸糞悪くてつらいなあと思いながら見てたけどムチャクチャなストーリーが思ってたよりよくできてて面白かった。
舌の根も乾かないうちにそれはないだろうラスト好き

このレビューはネタバレを含みます

ゲーム「カーマゲドン」の元ネタだと思います。
デヴィッド・キャラダインが最初覆面で、「人に見せる顔じゃない」みたいな台詞を言ってる割にはそれを取ると普通の顔しているのがこの映画の低予算ぶりを表している・・んでしょうか?
「ロッキー」でブレイク直前のスタローンも張り切ってます!もし彼に会う機会があればこの作品のことを聞いてみたいものです。

犠牲者の中には闘牛士ごっこしている人、うっかりライバルのファンだと公言してしまった人など、自殺願望の有ったのではないかと疑う人が登場しています。

伊藤ハムイズ、オイシイ。
めちゃくちゃ面白かった。笑っていた。最高のバカ映画だ。
1SSEI

1SSEIの感想・評価

4.0
やりたいことリスト
①超改造したマシーンでアメリカ横断する実写版“チキチキマシーン猛レース”
②人を殺したらポイントがつく死のゲーム
③スーパーカーで公道を爆走
④容赦なしの血みどろバイオレンス描写
⑤厨二心をくすぐる全身サイボーグ人間
⑥ダイナマイトボディのちゃんねーのおっぱい
⑦カウンターカルチャーに乗った反体制メッセージと革命の物語

これらのやりたいこと全部詰め込んだとっても魅力的な一本
まだロッキーになる前のスタローンも見れます
実写版チキチキマシーン猛レース。デザインがイカれていてとてもよい。が貧乏なので4台しかなくてもの足らない。本家と同じくらいの数を作ってバンバン壊せればいいのに。おっぱいが大量に出てくる映画。つまりダレ場だらけ。脚本も温いし、演技もなんだかなあだが、早廻しのきいたカーアクションはなかなかいい。まともな人間の存在しない世界。ケンケンがいればよかったかな?スタローンがブラック魔王。
>|