ニュー・シネマ・パラダイスの作品情報・感想・評価

ニュー・シネマ・パラダイス1989年製作の映画)

NUOVO CINEMA PARADISO

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

「ニュー・シネマ・パラダイス」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「ニュー・シネマ・パラダイス」
1989/12/16 公開 イタリア・フランス作品 2016-237
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1980年代ランキング3位 再鑑賞

"This is my best movie "
何度も何度も鑑賞しました。若い頃は感動がギュッとつまった2時間のオリジナル盤、年をとってからは人生の生き方や難しさも感じられる3時間の完全版を愛しています。本当に人生と共に深みの増す作品でしたです。
映画に囲まれた人生や観客から映写技師、映画監督になるトトに憧れ、村の住人達を時には笑わせ、感動させそして豊かな気持ちにさせる映画の素晴らしさを知り、そしてアルフレッドとトト、エレナとトト、母親とトト、村人たちとトトとの様々な愛情に感動しました。そしてなにより有名なラストシーンはエンニオ・モリコーネの音楽と共に観終わった後にも感動が続きます。本当素晴らしい作品です!

映画監督として成功をおさめたサルバトーレのもとに、老いたアルフレードの死の知らせが届く。彼の脳裏に、“トト”と呼ばれた少年時代や多くの時間を過ごした「パラダイス座」、映写技師アルフレードとの友情が甦ってくる。シチリアの小さな村の映画館を舞台に、映画に魅せられたサルバトーレの少年から中年に至るまでの人生を3人の役者が演じる。アカデミー外国語映画賞やカンヌ映画祭審査員特別グランプリなど、各国で賞賛を浴びた。監督はジュゼッペ・トルナトーレ、映画の内容と相まってエンニオ・モリコーネの音ががよく知られてる。
完全版は初公開版より約50分長くなり、トトの青春時代の恋愛エピソードや、シチリアへ戻った中年時代のその後が詳細に描かれている。パラダイス座では、「どん底」「駅馬車」など1930〜50年代の名作が数々上映され、ノスタルジックな雰囲気やラストシーンは、映画好きにはたまらない。
途中登場するチャップリンとかの無声映画の影響かはわからないけどセリフよりも表情で魅せられる場面が多かった
音楽も素敵どこかですごく聞いたことある曲だったな
観る人が想像できる余白が多い
愛に溢れたこの作品が愛しいです
1103

1103の感想・評価

4.5
10代の頃に見れていたらもっと人生が豊かになっていたかもしれない映画。
音楽超よかった!

中身的にはまぁまぁかなぁ
愛り

愛りの感想・評価

5.0
本当に観てよかった。。
大学生の今、観ることができて
本当に良かった。
普通なら面白い映画を見つけた時には
もっと早く観ておけば良かった!って思うだろうけど、(私もこの作品以外はそう感じると思う。。)だけど、今この大学生の夏休みという絶妙にダラダラしてるタイミングで観たお陰で凄く真剣に台詞ひとつにとつを受け止めることができた。
多分高校生の時に観たら、面白い!ってだけの緩い受け止め方しかできないまま、もう見返すこともなかったかもしれない。
よく、映画や本なんかでも、
誰かのオススメのものを
読んだり観たりするよりも、
自分が直感で感覚で気分で
選んだものにした方がいい。
なぜなら、そうやって選んだものは、
今のあなたにとって
必要なものだから。
って言うけど、その通りだと思った。

この前、
マレーシア人の友達との会話でも
彼は携帯をいつも持ち歩いていなくて
すぐにiPhoneを触っちゃう私は
それがすごく気になったから、
どうして携帯触らないの?って聞いたら
「そんな小さな画面の
狭い世界にいて楽しい?
もっと広い世界があることを
僕は知ってるよ。
そっちを見た方が楽しいよ。」って
言われてもの凄くグサって刺さった。
この映画も同じようなことを私に言っているような気がして
ちょっと凄く自分のこれからの人生を
見つめる良い機会になった。
abx155

abx155の感想・評価

4.0
映画好きの少年トトと映写技師アルフレードの心の交流を通じて、映画愛や、人はどう生きるべきかを教えてくれる映画。
自らの人生をノスタルジックに振り返るトトに自分自身を重ねて感情移入してしまう。
エレナとはあれでよかったのか、トトは一生考え続けるんだろうな。切ない、でもいい思い出として昇華してほしい。
エンリオ・モリコーネの音楽が素晴らしすぎる。
名作だけど観てなかったよシリーズ。

自分でもよく分からないけど、色んなシーンで涙が止まらなかった……(T-T)。こんなに泣いたのはいつ以来だろう……?

……なんか……ノスタルジックな感傷に浸れて…………いいんですよ……(^_^)
(語彙力なくてスミマセン)

そしてテーマソングがとても耳馴染みがよい。
なんだろう。初めて観たのに、聞くだけで色々込み上げてくる(つд;*)。
ノスタルマジック……( ノД`)…


私は映画に関して、最初から最後まで集中して一気に観る派で、CMばっかの地上波否定派でした。
でも、こんなふうに途中からでもぶつ切りでも、色んな人と談笑しながら観る鑑賞もいいですね(^○^)。
本作の映画館では、酒を飲みながら、授乳しながら、タバコ吸いながら、老若男女、貴賤なく皆で純粋に映画を楽しんでいました。(映画と関係ないことしてる人もいたけど、空間を形成している一部で、それ含めてなんかいい♪)

映画ってやっぱいいなぁ……( ̄▽ ̄)

たまには家族とワイワイ地上波観てみようかな……。
映画好きの2人が年齢という枠を超え、ある時は親友、ある時は父子のような絆で結ばれていく。改めて映画は最高の娯楽と思わせてくれた作品でした。
うっほー。ボロ泣き。
>|