ニュー・シネマ・パラダイスの作品情報・感想・評価

ニュー・シネマ・パラダイス1989年製作の映画)

NUOVO CINEMA PARADISO

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

「ニュー・シネマ・パラダイス」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「ニュー・シネマ・パラダイス」
1989/12/16 公開 イタリア・フランス作品 2016-237
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1980年代ランキング3位 再鑑賞

"This is my best movie "
何度も何度も鑑賞しました。若い頃は感動がギュッとつまった2時間のオリジナル盤、年をとってからは人生の生き方や難しさも感じられる3時間の完全版を愛しています。本当に人生と共に深みの増す作品でしたです。
映画に囲まれた人生や観客から映写技師、映画監督になるトトに憧れ、村の住人達を時には笑わせ、感動させそして豊かな気持ちにさせる映画の素晴らしさを知り、そしてアルフレッドとトト、エレナとトト、母親とトト、村人たちとトトとの様々な愛情に感動しました。そしてなにより有名なラストシーンはエンニオ・モリコーネの音楽と共に観終わった後にも感動が続きます。本当素晴らしい作品です!

映画監督として成功をおさめたサルバトーレのもとに、老いたアルフレードの死の知らせが届く。彼の脳裏に、“トト”と呼ばれた少年時代や多くの時間を過ごした「パラダイス座」、映写技師アルフレードとの友情が甦ってくる。シチリアの小さな村の映画館を舞台に、映画に魅せられたサルバトーレの少年から中年に至るまでの人生を3人の役者が演じる。アカデミー外国語映画賞やカンヌ映画祭審査員特別グランプリなど、各国で賞賛を浴びた。監督はジュゼッペ・トルナトーレ、映画の内容と相まってエンニオ・モリコーネの音ががよく知られてる。
完全版は初公開版より約50分長くなり、トトの青春時代の恋愛エピソードや、シチリアへ戻った中年時代のその後が詳細に描かれている。パラダイス座では、「どん底」「駅馬車」など1930〜50年代の名作が数々上映され、ノスタルジックな雰囲気やラストシーンは、映画好きにはたまらない。
自分の街からでていきたい
琉太

琉太の感想・評価

5.0
大好きな映画
何度見ても飽きない
erina

erinaの感想・評価

4.0
「自分のすることを愛せ」
一番印象に残ったセリフ。

自分のことより相手を思うって
簡単なようで難しいことだよな…
まさに無償の愛。人を思いやる
気持ちほど綺麗なものってないのかも。
えくぼ

えくぼの感想・評価

5.0
最高だったよ…音楽からラストまでこんなに素晴らしいの。泣かずに観れる人いる?とにかくあの2人で自転車に乗るシーンを私は何回でも観れるし何回でも泣いてしまう。こんな名作をなぜ今まで観なかったのか。どんな時代でもやっぱりみんな映画が大好きなんだ!映画って素晴らしい!
一番好きなラストシーンを選ぶとしたらこの映画だ。
人の幸せってお金じゃなくて、どれだけ素敵な思い出と友人を持っているかだとこの映画は教えてくれる気がする。映像、音楽、イタリア語、貧乏だけど底抜けに明るい人たち。懐古主義的の一言では片付けられない素晴らしい内容。観ないと人生損するよ。
onthe

ontheの感想・評価

-
良い映画は観終わった後もいつくも名シーンが思い出されて映像として記憶に残る。これもそんな映画。ある訃報をきっかけに回想により描かれるサルヴァトーレの故郷での想い出は、素朴でとても愛しい。町に住む人や映画館を、サルヴァトーレがどんな風に眺め愛し愛されたかがとても丁寧に写し出される。そして回想が現在に追いつき、彼は想い出を携えて30年ぶりの帰郷を果たす。今や彼と同じだけ町に愛着を抱き同じだけの時を経たわたしは、彼と同じように涙を流してしまう。心に帰る場所を与えてくれるような映画。
名作すぎる。アルフレードいい奴すぎ。奴の事考えたら涙でてきやがった。

このレビューはネタバレを含みます

名作。

下記、勝手な解釈と感想。
・成功するには、地元を捨てる気持ちが必要なんだ。
・最後のつぎはぎのフィルム(男女のチョメチョメとか)は、もしかするとトトとエレナが通る人生だったのかもしれないが、その場面を取り除いてしまってすまぬなという、アルフレードの想いも込めてたのかもしれんな。
>|