ニュー・シネマ・パラダイスの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

ニュー・シネマ・パラダイス1989年製作の映画)

Nuovo Cinema Paradiso

上映日:1989年12月16日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

あらすじ

「ニュー・シネマ・パラダイス」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「ニュー・シネマ・パラダイス」
1989/12/16 公開 イタリア・フランス作品 2016-237
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1980年代ランキング3位 再鑑賞

"This is my best movie "
何度も何度も鑑賞しました。若い頃は感動がギュッとつまった2時間のオリジナル盤、年をとってからは人生の生き方や難しさも感じられる3時間の完全版を愛しています。本当に人生と共に深みの増す作品でしたです。
映画に囲まれた人生や観客から映写技師、映画監督になるトトに憧れ、村の住人達を時には笑わせ、感動させそして豊かな気持ちにさせる映画の素晴らしさを知り、そしてアルフレッドとトト、エレナとトト、母親とトト、村人たちとトトとの様々な愛情に感動しました。そしてなにより有名なラストシーンはエンニオ・モリコーネの音楽と共に観終わった後にも感動が続きます。本当素晴らしい作品です!

映画監督として成功をおさめたサルバトーレのもとに、老いたアルフレードの死の知らせが届く。彼の脳裏に、“トト”と呼ばれた少年時代や多くの時間を過ごした「パラダイス座」、映写技師アルフレードとの友情が甦ってくる。シチリアの小さな村の映画館を舞台に、映画に魅せられたサルバトーレの少年から中年に至るまでの人生を3人の役者が演じる。アカデミー外国語映画賞やカンヌ映画祭審査員特別グランプリなど、各国で賞賛を浴びた。監督はジュゼッペ・トルナトーレ、映画の内容と相まってエンニオ・モリコーネの音ががよく知られてる。
完全版は初公開版より約50分長くなり、トトの青春時代の恋愛エピソードや、シチリアへ戻った中年時代のその後が詳細に描かれている。パラダイス座では、「どん底」「駅馬車」など1930〜50年代の名作が数々上映され、ノスタルジックな雰囲気やラストシーンは、映画好きにはたまらない。
ほの

ほのの感想・評価

3.8
映画館で観たかったなぁ~~~
chama22222

chama22222の感想・評価

5.0
心洗われたい時に。
chisato

chisatoの感想・評価

-
大人って大きな人って書くだけで中身は子供の時から変わってないってよく言うけど、大人になるっていうのはアルフレードのような人とか映画とか、こういう心がときめく何かと沢山触れ合って、どんどん自分の鎧とか武器になるものをかき集めていく感じなのかなと思った
だから教養とか余裕がある人が大人ってなるのかな
何はともあれ、何度見ても私はまだまだ子供ってわけ
次はオリジナル版見る
anna

annaの感想・評価

4.2
映画がデジタルじゃなくてフィルムで映写機を使って上映されてた時代
それがあったからこそ今こうして気軽に映画を見れてると思うと感謝しかない
Canon

Canonの感想・評価

3.8
アルフレード!と言いたくなる。

優しい気持ちになる。
映画館で観たらもっといいんだろうなと感じた。
seiji

seijiの感想・評価

4.5
物語も音楽も最高
アルフレードとトトの関係性素敵すぎる
村で教会の手伝いをしながら
アルフレードのいる映写室で映画に興味を持つ。
映画館の家事でアルフレードの失明、
トトが映画技術として働く。
アルフレードの言葉で村の外に出て暮らし
新しい世界を知り、その中で本当に大切なものを見つける。



アルフレードの元、
映写室で機会の使い方を教わる。
アルフレードは自分の仕事に関わらせたくない。
自分の経験から毎日作品を見て働いて
孤独なのを知っているから、
そのおかげでトトと出会えた事実もある。


映画館の家事でアルフレードが失明。
トトが技師として働く。

エレナを見て心が動く。
自分の気持ちを伝えるも振り向いてもらえない。
それでもアタックしていく姿。

トトに対するアルフレードの言葉
まちを出て行くことを決め、長い間帰らない。


外で新しいものに触れ成長して
帰ってきたときの故郷に対して湧いてくる感情。


トトとアルフレードの関係性素敵だった。
最後はカットしたフィルムをつなぎ合わせて
保管していたアルフレードのトトに対する
思いがすごく強いものを感じた。
fuko

fukoの感想・評価

3.7
あんな親友他にはいない
時代を感じる。

トトと同じ年齢で出会いたい作品。
>|