ニュー・シネマ・パラダイスの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

ニュー・シネマ・パラダイス1989年製作の映画)

Nuovo Cinema Paradiso

上映日:1989年12月16日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

あらすじ

「ニュー・シネマ・パラダイス」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「ニュー・シネマ・パラダイス」
1989/12/16 公開 イタリア・フランス作品 2016-237
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1980年代ランキング3位 再鑑賞

"This is my best movie "
何度も何度も鑑賞しました。若い頃は感動がギュッとつまった2時間のオリジナル盤、年をとってからは人生の生き方や難しさも感じられる3時間の完全版を愛しています。本当に人生と共に深みの増す作品でしたです。
映画に囲まれた人生や観客から映写技師、映画監督になるトトに憧れ、村の住人達を時には笑わせ、感動させそして豊かな気持ちにさせる映画の素晴らしさを知り、そしてアルフレッドとトト、エレナとトト、母親とトト、村人たちとトトとの様々な愛情に感動しました。そしてなにより有名なラストシーンはエンニオ・モリコーネの音楽と共に観終わった後にも感動が続きます。本当素晴らしい作品です!

映画監督として成功をおさめたサルバトーレのもとに、老いたアルフレードの死の知らせが届く。彼の脳裏に、“トト”と呼ばれた少年時代や多くの時間を過ごした「パラダイス座」、映写技師アルフレードとの友情が甦ってくる。シチリアの小さな村の映画館を舞台に、映画に魅せられたサルバトーレの少年から中年に至るまでの人生を3人の役者が演じる。アカデミー外国語映画賞やカンヌ映画祭審査員特別グランプリなど、各国で賞賛を浴びた。監督はジュゼッペ・トルナトーレ、映画の内容と相まってエンニオ・モリコーネの音ががよく知られてる。
完全版は初公開版より約50分長くなり、トトの青春時代の恋愛エピソードや、シチリアへ戻った中年時代のその後が詳細に描かれている。パラダイス座では、「どん底」「駅馬車」など1930〜50年代の名作が数々上映され、ノスタルジックな雰囲気やラストシーンは、映画好きにはたまらない。
SHIHO

SHIHOの感想・評価

3.5
2020.2.25
映画好きのための映画。
トトとアルフレードの絆みたいなものが
エンディングでよく分かる。感動した。

映画の位置づけはこの30年間ですごく変化したけど、いつの時代も映画は最高の娯楽。
映画のある生活は豊かだ。
____________

"自分のすることを愛せ。
子供の時映写室を愛したように"
-アルフレード-
yatukun

yatukunの感想・評価

2.4
音楽で映画が成り立つってあります

何度か観ています

郷愁
Natsuki

Natsukiの感想・評価

4.5
映画っていいな
思い出って色あせなくて綺麗だな
tomoki

tomokiの感想・評価

4.3
人生に希望を持たせてくれると同時に、色褪せない思い出の美しさと愛情で溢れた、まさに傑作。
アルフレッドのトトに対する愛がラストシーンに詰まっていてたまらなく感動した。
たくさんの経験を積んできた人が、若い人に道しるべを示してあげるのって本当素敵だ。
映画が人々を笑わせたり感動させたりする様子を客観的に見て、映画の素晴らしさを再確認。
王女と兵士の御伽話を話すシーンがお気に入り。

“人生はお前が見てきた映画とは違う”
yota

yotaの感想・評価

3.3
また何年後かに観たらもっと良い映画に感じられるかも。
nor

norの感想・評価

-
モリコーネブラボー!
1にも2にも曲が素晴らしい。
nemu

nemuの感想・評価

4.0
ラストシーンが凄く良かった...

映画が尚更好きになる。
映画を好きになってよかった。
今年は沢山映画館で映画を観よう。
>|