ニュー・シネマ・パラダイスの作品情報・感想・評価

ニュー・シネマ・パラダイス1989年製作の映画)

NUOVO CINEMA PARADISO

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

「ニュー・シネマ・パラダイス」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「ニュー・シネマ・パラダイス」
1989/12/16 公開 イタリア・フランス作品 2016-237
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1980年代ランキング3位 再鑑賞

"This is my best movie "
何度も何度も鑑賞しました。若い頃は感動がギュッとつまった2時間のオリジナル盤、年をとってからは人生の生き方や難しさも感じられる3時間の完全版を愛しています。本当に人生と共に深みの増す作品でしたです。
映画に囲まれた人生や観客から映写技師、映画監督になるトトに憧れ、村の住人達を時には笑わせ、感動させそして豊かな気持ちにさせる映画の素晴らしさを知り、そしてアルフレッドとトト、エレナとトト、母親とトト、村人たちとトトとの様々な愛情に感動しました。そしてなにより有名なラストシーンはエンニオ・モリコーネの音楽と共に観終わった後にも感動が続きます。本当素晴らしい作品です!

映画監督として成功をおさめたサルバトーレのもとに、老いたアルフレードの死の知らせが届く。彼の脳裏に、“トト”と呼ばれた少年時代や多くの時間を過ごした「パラダイス座」、映写技師アルフレードとの友情が甦ってくる。シチリアの小さな村の映画館を舞台に、映画に魅せられたサルバトーレの少年から中年に至るまでの人生を3人の役者が演じる。アカデミー外国語映画賞やカンヌ映画祭審査員特別グランプリなど、各国で賞賛を浴びた。監督はジュゼッペ・トルナトーレ、映画の内容と相まってエンニオ・モリコーネの音ががよく知られてる。
完全版は初公開版より約50分長くなり、トトの青春時代の恋愛エピソードや、シチリアへ戻った中年時代のその後が詳細に描かれている。パラダイス座では、「どん底」「駅馬車」など1930〜50年代の名作が数々上映され、ノスタルジックな雰囲気やラストシーンは、映画好きにはたまらない。
ojoool

ojooolの感想・評価

4.0
下馬評通り
問題は長いことと、前半から中盤にかけての導入部分がつまらない
misa

misaの感想・評価

5.0
大変遅ればせながら、ついに名作を鑑賞。

厚みのある、人に、シチリア島に、映画への愛に溢れた、あたたかい映画でした。

トトを深く理解していたのは、アルフレードだったんだなぁと、最後のシーンで泣きました。

お母さんの、鍵のエピソードもじんわり。

音楽を聞き返すだけで、古き良き、ニューシネマパラダイスとお客さんと、映写室のことを思い出して胸が熱くなる。そんな映画になかなか出会えません!人生で出会えたことを感謝したい名画。

自分のすることを愛せ
子どもの頃映写室を愛したように
ベストムービー用
めちゃめちゃええ映画。
ええ話というより、ええ映画。全ての調和がとれてる感じ。

グッとくるポイントに感情移入しやすいのは男だから?
なにか男だから持ってる優しさとか内側に訴えるものがある。
北の国からもこれに近いかな。

他の人のレビューを読んでさらに感動。それぞれ捉え方があってめちゃめちゃ興味深いし、レビューを見てから観るともっと面白くなりそう。
何度も観れる=素晴らしい映画だと思う。
ヘイ

ヘイの感想・評価

3.6
名作感は半端なかったけども
BGMは最高
Q

Qの感想・評価

4.0
良い話です。何度も見たくなります。
Sae

Saeの感想・評価

3.9
アルフレードのトトへの愛で溢れる話。あの時の言動はそういうことだったのかとラストになるにつれて納得できるストーリー構成が面白かった。映画劇場という舞台と音楽が最強にマッチしていた。何回も見たい作品。
>|