ニュー・シネマ・パラダイスの作品情報・感想・評価・動画配信

ニュー・シネマ・パラダイス1989年製作の映画)

Nuovo Cinema Paradiso

上映日:1989年12月16日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「ニュー・シネマ・パラダイス」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「ニュー・シネマ・パラダイス」
1989/12/16 公開 イタリア・フランス作品 2016-237
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1980年代ランキング3位 再鑑賞

"This is my best movie "
何度も何度も鑑賞しました。若い頃は感動がギュッとつまった2時間のオリジナル盤、年をとってからは人生の生き方や難しさも感じられる3時間の完全版を愛しています。本当に人生と共に深みの増す作品でしたです。
映画に囲まれた人生や観客から映写技師、映画監督になるトトに憧れ、村の住人達を時には笑わせ、感動させそして豊かな気持ちにさせる映画の素晴らしさを知り、そしてアルフレッドとトト、エレナとトト、母親とトト、村人たちとトトとの様々な愛情に感動しました。そしてなにより有名なラストシーンはエンニオ・モリコーネの音楽と共に観終わった後にも感動が続きます。本当素晴らしい作品です!

映画監督として成功をおさめたサルバトーレのもとに、老いたアルフレードの死の知らせが届く。彼の脳裏に、“トト”と呼ばれた少年時代や多くの時間を過ごした「パラダイス座」、映写技師アルフレードとの友情が甦ってくる。シチリアの小さな村の映画館を舞台に、映画に魅せられたサルバトーレの少年から中年に至るまでの人生を3人の役者が演じる。アカデミー外国語映画賞やカンヌ映画祭審査員特別グランプリなど、各国で賞賛を浴びた。監督はジュゼッペ・トルナトーレ、映画の内容と相まってエンニオ・モリコーネの音ががよく知られてる。
完全版は初公開版より約50分長くなり、トトの青春時代の恋愛エピソードや、シチリアへ戻った中年時代のその後が詳細に描かれている。パラダイス座では、「どん底」「駅馬車」など1930〜50年代の名作が数々上映され、ノスタルジックな雰囲気やラストシーンは、映画好きにはたまらない。
Kem

Kemの感想・評価

3.8
トトとアルフレードの関係性、好きです。
トトにとってアルフレードの存在はデカかったんだなぁ。
も

もの感想・評価

5.0
名作をやっと初めて視聴
トトとアルフレードの親子のような兄弟のような親友のような関係性が素敵
子供のトト可愛すぎる、!!

なんだろう、この観終わった後の言葉に表せられない不思議な感情

「人生はお前が観た映画とは違うんだ。人生はもっと厳しいものだ」
映画やドラマを観ることが好きだからこそ影響されたり理想を描いたりするけど、人生はそんな思い描いてる風にはいかないよね
でもやっぱり映像の世界に浸ってる時間幸せだしいろんなことを考えさせられるし、改めて映画もドラマも好きで良かったなって思えた!!

そして音楽が素晴らしすぎた、

完全版?もあるらしいし観てみよ〜
俺の広場だ。
ろう

ろうの感想・評価

-
不朽の名作
りこ

りこの感想・評価

4.7
めちゃくちゃによかった。
アルフレードが最高すぎるし、
2人の関係が尊すぎて。
家族以外で自分の人生に
ここまで深く入り込んでくれる人との出会いって、
ほんとに大きなものだよなあ。
りゅー

りゅーの感想・評価

4.3
キスシーンって大事だね
音楽がグッと来る
トトとアルフレードの友達のような親子のような師弟のような関係が本当に素敵だった。
カサブランカのポスターが貼ってあったところ上がった。映画愛が深まる映画だね。
Ren

Renの感想・評価

4.6
観れてなかった名作。
映画への愛に溢れた素晴らしい作品でした。
心から映画好きでよかったと思えました。
最高のラストシーンは自分の心に残り続けると思います。
>|

あなたにおすすめの記事