ニュー・シネマ・パラダイスの作品情報・感想・評価・動画配信

ニュー・シネマ・パラダイス1989年製作の映画)

Nuovo Cinema Paradiso

上映日:1989年12月16日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「ニュー・シネマ・パラダイス」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「ニュー・シネマ・パラダイス」
1989/12/16 公開 イタリア・フランス作品 2016-237
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1980年代ランキング3位 再鑑賞

"This is my best movie "
何度も何度も鑑賞しました。若い頃は感動がギュッとつまった2時間のオリジナル盤、年をとってからは人生の生き方や難しさも感じられる3時間の完全版を愛しています。本当に人生と共に深みの増す作品でしたです。
映画に囲まれた人生や観客から映写技師、映画監督になるトトに憧れ、村の住人達を時には笑わせ、感動させそして豊かな気持ちにさせる映画の素晴らしさを知り、そしてアルフレッドとトト、エレナとトト、母親とトト、村人たちとトトとの様々な愛情に感動しました。そしてなにより有名なラストシーンはエンニオ・モリコーネの音楽と共に観終わった後にも感動が続きます。本当素晴らしい作品です!

映画監督として成功をおさめたサルバトーレのもとに、老いたアルフレードの死の知らせが届く。彼の脳裏に、“トト”と呼ばれた少年時代や多くの時間を過ごした「パラダイス座」、映写技師アルフレードとの友情が甦ってくる。シチリアの小さな村の映画館を舞台に、映画に魅せられたサルバトーレの少年から中年に至るまでの人生を3人の役者が演じる。アカデミー外国語映画賞やカンヌ映画祭審査員特別グランプリなど、各国で賞賛を浴びた。監督はジュゼッペ・トルナトーレ、映画の内容と相まってエンニオ・モリコーネの音ががよく知られてる。
完全版は初公開版より約50分長くなり、トトの青春時代の恋愛エピソードや、シチリアへ戻った中年時代のその後が詳細に描かれている。パラダイス座では、「どん底」「駅馬車」など1930〜50年代の名作が数々上映され、ノスタルジックな雰囲気やラストシーンは、映画好きにはたまらない。
fukuneru

fukuneruの感想・評価

4.2
感動する映画が観たくてみた映画。2人の友情に心を揺さぶられた。トトに言っているのに、自分に言っているような気持ちにさえなってしまう。伏線も至る所に散りばめられていたのもすごく良かったし、アルフレードのトトを想う気持ちが痛いほど伝わってきた。久しぶりに泣いた。
5×5=クリスマス
これほど儚く美しいエンディングを見た事がない。
「人生は映画のようにはいかない」
サルバトーレを街へ送り出したアルフレードには、「1人前の大人として自立させなければ」という父親心があったのだろう。幼少期からまるで父親のように日夜を共にし、その絆は視力を失っても固くあり続けただけあって、送り出すシーンに、アルフレードの本物の愛情を感じた。サルバトーレがアルフレードのカンニングに加担するシーンが好き。
有名なのやっと見た、終始ずっと良い気持ちで見れた
最後も最高で人生において良い時間の使い方したなって感じた
みらい

みらいの感想・評価

5.0
幼少期のトトかわいかった
自然と涙出てくるくらい素敵だった
RRR

RRRの感想・評価

3.7
アルフレードが映像を壁に動き出させるシーンが個人的に一番よかった〜泣
今でこそ簡単にできることだけど、
トトには魔法のように映ってるんじゃないかな〜って、見ててわくわくした!
全体的にはあんまり世界観に没入できなかったけど、人を想ったり何かに夢中になったり、
かつて大切にしていた場所を大勢が懐かしんだり、愛に溢れた素敵な映画でした。
映画っていいな〜!
2021年89作品目
毎日満席の映画館。今ではない年齢の壁がない映画館。
誰もが映画館で楽しめたあの時代はもう来ないのだろうか。
サブスクやDVDが普及したいま、この映画こそいろんな人に観て欲しい。
映画館での楽しみ方がそこにはある。
さすが良い作品。
>|