ニュー・シネマ・パラダイスの作品情報・感想・評価

ニュー・シネマ・パラダイス1989年製作の映画)

NUOVO CINEMA PARADISO

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

「ニュー・シネマ・パラダイス」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「ニュー・シネマ・パラダイス」
1989/12/16 公開 イタリア・フランス作品 2016-237
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1980年代ランキング3位 再鑑賞

"This is my best movie "
何度も何度も鑑賞しました。若い頃は感動がギュッとつまった2時間のオリジナル盤、年をとってからは人生の生き方や難しさも感じられる3時間の完全版を愛しています。本当に人生と共に深みの増す作品でしたです。
映画に囲まれた人生や観客から映写技師、映画監督になるトトに憧れ、村の住人達を時には笑わせ、感動させそして豊かな気持ちにさせる映画の素晴らしさを知り、そしてアルフレッドとトト、エレナとトト、母親とトト、村人たちとトトとの様々な愛情に感動しました。そしてなにより有名なラストシーンはエンニオ・モリコーネの音楽と共に観終わった後にも感動が続きます。本当素晴らしい作品です!

映画監督として成功をおさめたサルバトーレのもとに、老いたアルフレードの死の知らせが届く。彼の脳裏に、“トト”と呼ばれた少年時代や多くの時間を過ごした「パラダイス座」、映写技師アルフレードとの友情が甦ってくる。シチリアの小さな村の映画館を舞台に、映画に魅せられたサルバトーレの少年から中年に至るまでの人生を3人の役者が演じる。アカデミー外国語映画賞やカンヌ映画祭審査員特別グランプリなど、各国で賞賛を浴びた。監督はジュゼッペ・トルナトーレ、映画の内容と相まってエンニオ・モリコーネの音ががよく知られてる。
完全版は初公開版より約50分長くなり、トトの青春時代の恋愛エピソードや、シチリアへ戻った中年時代のその後が詳細に描かれている。パラダイス座では、「どん底」「駅馬車」など1930〜50年代の名作が数々上映され、ノスタルジックな雰囲気やラストシーンは、映画好きにはたまらない。
shimana

shimanaの感想・評価

4.8
トトとアルフレードの関係が素敵でした。特にトトの子供時代が凄く可愛くて和みました。
映画が大好きな街の人たちが陽気で見ててこっちも幸せになりました。
最後は本当に涙がとまりませんでした。
kanon902

kanon902の感想・評価

5.0
これ、確か銀座で完全版を観たんだよな〜

映画が唯一の娯楽!
って田舎町で育ったトト。
はじめの方は老いた映画技師と、
子供のほんわかロードムービーって
感じだったけど…

最後の5分で号泣した(T-T)

しばらくは、サントラだけで泣けた。
影響受けまくりで、イタリアまで行った。
間違いなく、私の人生に刻まれた1本☆
naoikeda

naoikedaの感想・評価

4.2
この時代、戦争もあり裕福ではないけれど映画を通して人がこんなに明るく楽しめる娯楽は他には無かったのではないかと思う。
トトが幼少期に映画に触れ、成長できたのはアルフレードのお陰で映画だけでなく人生についてもいいアドバイスが聞けて自分のやりたい事をしっかり見つけられたトトは本当に幸せだったと思う。
信頼できる大人がいるて大切だし、羨ましい。
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

4.6
ズルイ…
最後ズルイよ。

久しぶりにもってかれたなー
なんか色々書きたいけど、もうすでに大名作だし、野暮な気もするし、
逆になにも書かない笑
愛

愛の感想・評価

4.1
かなり印象的な映画。
たまに流れる優しい音楽…映画…人…映画館。
自分のすることを愛せ。
yu

yuの感想・評価

4.5
映画技師に憧れるトト少年のイキイキとした描写から始まり、当時ニューシネマ座の映画技師であったアルフレードに映画のことだけでなく人生の多くを教わる。
アルフレードは映画中盤で目が見えなくなるが、本質的に大切なことはなにも変わらないと確信を得て、トトにとって更に魅力的で圧倒的なメンターとなる。
トトは恋愛、兵役を経て街を出ていくことを決意。
ストーリーはアルフレードの訃報を受けとるから始まり、少年時代から青年時代、そして今へと流れていく。
初めはストーリーや配役など分かりづらいところもあったが、すぐにわかるようになった。
2人だけの関係を描いた映画かと思っていたが、意外とそうでもなく、むしろ街、時代、人々を描いた映画で、その街に生まれてみたかったと思えるような一体感のある魅力的な街だった。

印象的だった2つのシーンはアルフレードの遺していったフィルムと、アルフレードが視力を失った時の言葉

アルフレードの遺していったフィルムには、カットされたキスシーンやポルノがつなぎ合わされたものが納められており、感動きてであった理由がよくわからなかった。

アルフレードが視力を失った時に言った言葉は
トトがどうするべきかを悟す時に
「分かるのだ、視力は失ったが前より見えるようになった」
ちょっと吐きそうになるくらい良き。

愛の映画とはこのこと。

燃えていくフィルム。
繋げていくフィルム。
いつか終わるフィルム。
あなたの愛。

私の愛は?
maroni

maroniの感想・評価

3.4
名作ということでAmazonprimeにて鑑賞。
>|