ニュー・シネマ・パラダイスの作品情報・感想・評価

ニュー・シネマ・パラダイス1989年製作の映画)

NUOVO CINEMA PARADISO

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

「ニュー・シネマ・パラダイス」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

5.0
「ニュー・シネマ・パラダイス」
1989/12/16 公開 イタリア・フランス作品 2016-237
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1980年代ランキング3位 再鑑賞

"This is my best movie "
何度も何度も鑑賞しました。若い頃は感動がギュッとつまった2時間のオリジナル盤、年をとってからは人生の生き方や難しさも感じられる3時間の完全版を愛しています。本当に人生と共に深みの増す作品でしたです。
映画に囲まれた人生や観客から映写技師、映画監督になるトトに憧れ、村の住人達を時には笑わせ、感動させそして豊かな気持ちにさせる映画の素晴らしさを知り、そしてアルフレッドとトト、エレナとトト、母親とトト、村人たちとトトとの様々な愛情に感動しました。そしてなにより有名なラストシーンはエンニオ・モリコーネの音楽と共に観終わった後にも感動が続きます。本当素晴らしい作品です!

映画監督として成功をおさめたサルバトーレのもとに、老いたアルフレードの死の知らせが届く。彼の脳裏に、“トト”と呼ばれた少年時代や多くの時間を過ごした「パラダイス座」、映写技師アルフレードとの友情が甦ってくる。シチリアの小さな村の映画館を舞台に、映画に魅せられたサルバトーレの少年から中年に至るまでの人生を3人の役者が演じる。アカデミー外国語映画賞やカンヌ映画祭審査員特別グランプリなど、各国で賞賛を浴びた。監督はジュゼッペ・トルナトーレ、映画の内容と相まってエンニオ・モリコーネの音ががよく知られてる。
完全版は初公開版より約50分長くなり、トトの青春時代の恋愛エピソードや、シチリアへ戻った中年時代のその後が詳細に描かれている。パラダイス座では、「どん底」「駅馬車」など1930〜50年代の名作が数々上映され、ノスタルジックな雰囲気やラストシーンは、映画好きにはたまらない。
あえて、言わせてもらうと名作!

エレナの家の下で毎日待つストーカー性とエレナが急にトトを好きになったらへんはついてけんかった(笑)

けど、そーゆうところも含めて良い!
子供のトト可愛すぎる。
そして最後の映画見るところは素敵すぎるなぁ〜その時のトトは完全に子供の頃に戻ってたなぁ
ここではテレビやビデオでなってるけど、今はhuruやらNetflixで家でたくさんの映画観れるから映画館に観に行くってのは物好きだけになってしまうんかもしれんと思ったら、自分も物好きになってずっと映画館行こうって思った。
いやでも映画館に行けば知り合いがおる時代ってちょっと嫉妬してしまうなぁ
ベストオブ点数つけ難い
人生が詰まってる!
イタリアの映画ってあまり見ない分、新鮮でなおかつ史上最強にノスタルジーな気分でほっこり
みお

みおの感想・評価

5.0
映画って、映画館ってやっぱり素敵だなぁと実感する映画でした。

こうやって、みんなでワイワイしながら観る映画も素敵だなぁとおもいました。応援上映とかない限りこういうの今ではできないから少し憧れるかも。(笑)
映画の観客にもいろんな人がいて面白かった。ワイワイ言いながら観る人、何十回も観に来てる人、目をキラキラさせながら観る子供達、お酒を飲みながら観る人、セリフを覚えちゃってる人、、、みんな映画が大好きってことが伝わってきてすごくほっこりした気持ちになりました。やっぱり映画っていいよなぁ、、!(2回目)

トトとアルフレードの絆にもすごく感動した。目をキラキラさせながら技師の仕事をするトトをみて、アルフレードすごく嬉しかっただろうな。
最後のシーン、大感動でした。アルフレードのいろんな気持ちが伝わってきて心が温かくなった。
MINDTHEGAP

MINDTHEGAPの感想・評価

3.8
映画愛に溢れた最高のイタリア映画。12年ぶりくらいに見た。

純真無垢で調子のいいトトを厄介としか思っていなかったはずのアルフレッドが、徐々にトトと心を通わせて信頼していく様が良い。

学のないアルフレッドがトトを導いて、トトも犠牲を伴いながらも勇気ある決断を下して成功するという物語も良い。

町を離れ映画監督として成功したトトに対して、娯楽のない小さな町でTVの台頭によって、たった1つの映画館が潰れるというのは残念な設定に感じた。
Maki

Makiの感想・評価

4.1
映画好きにはたまらない、
映画愛に溢れた傑作。
ラスト5分に全てが凝縮されており
涙が止まらなかった。

アルフレードの厳しくも優しい言葉たちには感銘を受けたし、人生とはどういうものなのか改めて考えるきっかけになった。あれほどずっと一緒に過ごしたトトに、"村を出ろ 連絡はするな"と突き放した彼の気持ちを考えると胸がキュッとなる。

"人生はお前が見た映画とは違う
もっと困難なものだ"
"ノスタルジーに惑わされるな"
"自分のすることを愛せ
子供のとき映写室を愛したように"

など、一つ一つの言葉が身に染みた。

シネマで一喜一憂しながら全員でワイワイ観るフィルム映画の時代を、スマホ片手に一人で観る自分が少しだけ切なかった。
完全オリジナル版もきちんと観たい。

また歳を重ねてから観ると違った良さを感じられそう。これからも自分の人生に添えたい一作。
yuka

yukaの感想・評価

4.4
やっと観たやっと観れた
映画館で映画観たくなるし、これを映画館で観たい..

ニューシネマパラダイスでアルフレード見た瞬間泣いた

エレナかわいすぎ

「もう映画は夢でしかない」
いろんなものに取り残されたまぼろしの象徴が崩れるところの切なさな

終わり方はなんとなく分かっちゃったけどトトの泣き笑いがええ顔してんなぁ
トト、女性に対する愛は分からんけどアルフレードとの関係に愛を感じてあぁってなった

イタリア語かっこいいなぁ
イタリア語ならではの柔らかさというか歌うような口調でなければこの映画じゃないなとなんか感じた、
これが英語の映画だったら感じ方変わっちゃいそう
>|