ニュー・シネマ・パラダイスの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ニュー・シネマ・パラダイス1989年製作の映画)

NUOVO CINEMA PARADISO

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

「ニュー・シネマ・パラダイス」に投稿された感想・評価

あき

あきの感想・評価

4.7
つまらないな〜って思いながら見ていたけど、途中から涙が止まらない😢
完全版もみてみたい。

このレビューはネタバレを含みます

大人になることへの痛み

結論から言いますと、もしかしたらなんですが、そもそもイタリア映画自体が合わないかもしれないです。ライフイズビューティフルも全くノれなかったので。ジローラモも苦手ですし。いや、好きなところはあるんです!ラストのカットフィルムに込められたメッセージとか、音楽は言わずもがな素晴らしいですし。

なんというか、個人的には“箱庭批判”にしか見えないんですよね。アルフレッドは「トトはこんなところにいるべきではない」と突き放すわけですけど、人生の選択としてあの場所に“残る”ということを1ミリも肯定してないと思うんです。これは場所だけじゃなくって個人の感情の場所っていう意味でも当てはまると思うのですが、結果的に才能に花が咲こうが咲かまいが狭い世界に居続けるっていう選択肢を提示されてほしかったなというか。あとイタリア的なユーモアはもう完全に苦手かな!

僕も心が大人になったらちゃんと感動できるようになると思います!はい!
ヲル

ヲルの感想・評価

4.0
子トトかわいすぎ
映画、いいよなあと、観終わってから改めて思う作品
20代も半ばに差し掛かろうというこのタイミングで、今さらながらようやく。
ほんとは5つけたいくらいですが、また歳をとったり環境が変わってから観たときに上がるかもという意味でこのくらいにしました。
すごく沁みました。音楽もいいなぁ。
いくつになっても映画を映画館を好きでありたいし、映画から受け取ったものを大事にしたいです。
少年の成長と映画館の歴史のカットバックによるノスタルジー映画の最高傑作。

変わるモノ。変わらないモノ。

師を超え見事に成長しても、変わらない気持ち。初恋への未練。

時が村や文化を残酷に塗り替えても、変わらない気持ち。師や母の愛情。

映像は時代毎の変化を克明に映していくが、音楽は主に2つのテーマをリフレイン。この演出がまた涙を誘う。シネマオーケストラだとなおさら。

気づけば本作公開当時(僕の幼少期)からも映画館は変わり続けてる。完全入替え制の導入(一回だけ1日居座ったなぁ)、立ち見の廃止(真ん中の通路が特等席な謎構造だった)、タバコの跡の消滅(フィルムは初日が画質が綺麗だというこだわり)、シネコン(シネコンという言葉も既に死語) 、行列の廃止(代わりに始まった深夜のF5アタック)…。それでも今日まで変わらない映画を楽しむことの本質。その本質をよくぞここまで映し出したくれたものだ。お見事。
Honami

Honamiの感想・評価

3.7
幼少期、青年期、成人と、トトが全部タイプ。

ラストのシーンにアルフレッドの愛が詰まっていた。故郷のある人間が観ると、もっと思い入れが強くなるかもしれない。なんといっても愛のテーマ、初恋の曲が最高。