ニュー・シネマ・パラダイスの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ニュー・シネマ・パラダイス1989年製作の映画)

NUOVO CINEMA PARADISO

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

「ニュー・シネマ・パラダイス」に投稿された感想・評価

内容に含まれる解釈が深く、
多すぎて一度の鑑賞だけで
全てを感じるのは極めて困難。

心温まる映画。

これは一度見た感想です。

二度目には、
きっと変わっているはず。

10年後、20年後、
また見ます。
言いたいことはすごく解るのだけど、お仕着せ感が感動の邪魔をする。長尺版ならもう少し入り込めたのだろうな…
良いのはサルヴァトーレの役者が代わっても別人だと思わせない作り込みの深さ、全てにおいて本物、本当に終戦直後のイタリアへ入ってゆけるような地続きのリアルさ。
よい映画と思います。
初鑑賞。
オーケストラ生演奏つき(シネマコンサート?)で。

どうしてもスクリーンで観たくて、DVDを借りたりせずにここまで引っ張って来た映画。
少し形は違うけど、劇場で観ることができて感動。
もう本当に良かった。
音楽含め全てが素晴らしかった。しばらく忘れられそうにない。

でも、この映画に込められた想いは、自分が親になったときにもっと感じられるのかもしれない。
自分はまだ、旅立つ前のトトと同じだから。

本当に良かった。また是非観たい。
できたら、また劇場で。
mana

manaの感想・評価

2.4
わたしにはあまり良さがわからない
めがね

めがねの感想・評価

3.0
アルフレードやトトの周りにいる人たちの愛の深さがすごかった。
ムウチ

ムウチの感想・評価

5.0
シネマコンサートにて鑑賞。

映画のBGMと違い、同じ曲でも場面ごとに演奏の表現が変わっているように感じた。

生って素晴らしい。

映画は恐らく10代の頃にも観ていたが、当時は最後のフィルムの意味を理解できないほどに子供だった。

少年期に観る映画だと決めつけていたが、大人になってから観ると自分の人生を顧みて感情を揺さぶられる。

私の父は映画が大好きで、家中にVHS、LD、VHD、DVDで名作が揃えられていた。

私も父の影響で映画が好きになり、実家に帰ると最近観た映画の話などをしたもので、その父が癌を患い、余命宣告された際には、私は今の仕事を辞めて実家に戻る決意を固めたのだが、父に一喝され、東京に留まる路を選んだ。

そんな父も2年前に他界し、今も処分に踏み切れない映画達が家中に残っているわけだが、私が映画を好きで居続け、観続ける限り、父と繋がっていられるような気になるのかもしれない。

この作品を一緒に観たわけでも感想を言い合ったわけでもなかったが、アルフレードと父を重ね、結果、この作品は私にとって思い入れの深いものとなった。
kmkngl

kmknglの感想・評価

3.5
シチリアの少年が、映画観たさに小さな街の映画館に通いつめ、そこで働く映画技師の中年男アルフレードと仲良くなる話。

父親のいない少年と、学がなく映画しか知らない映画技師という設定がいい。大人になった主人公の、映画技師への思いは、現代の映画人にとって、自分を育ててくれた映画への思いそのもの。古き良き映画や映画館への愛と感謝の深さを感じました。
完全版を見た。
日本人の感性じゃまだ思いつけないラスト。感動とお洒落

人生は映画みたいに上手くいかないかもしれないし夢は消えるかもしれないし色恋も白黒になるかもしれないけど自分のすることを愛してればいい。
アルフレードかっこいい。
見る歳で感じ方が違うと思うから数年後に見たい。あと監督絶対映画好きやん