ニュー・シネマ・パラダイスの作品情報・感想・評価

ニュー・シネマ・パラダイス1989年製作の映画)

NUOVO CINEMA PARADISO

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

「ニュー・シネマ・パラダイス」に投稿された感想・評価

ちろる

ちろるの感想・評価

5.0
映画を愛する人は絶対必見の名作!

映画を純粋に愛し、映画館の映像にみんな胸を高鳴らせていたこの時代のイタリアに生まれたかったなとこの作品を観るたびに思う。
父親不在のトトにとって、アルフレードは父であり兄でありそして何よりも親友だった。年齢は50くらい離れているけれど二人はいつも対等で、時に助け、助けられる。
それは二人の心が「映画を愛する」という共通項でかたく結ばれていたから。
アルフレードのお葬式で帰郷したときに知った、アルフレードが守り続けたトトの男の約束は、いつ思い出しても泣けます。
エンニオモリコーネの音楽がいちいち効いていてこの映画をより素晴らしいものにしている。
永遠のNO1映画。
LUPIN

LUPINの感想・評価

4.5
映画好きの父が私に1番薦めてくれた作品です。イタリア語のあたたかみのある雰囲気が作品を作っていたように思います。映画っていい、もっと深みにはまりたいと思えました。
Manami

Manamiの感想・評価

4.0
映画を見ながらみんなで野次飛ばしたり
騒いだりするのって昔の時代ならではだと思うし、そういう時代に映画館で映画を見てみたかったなという気持ちになりました。
トトとアルフレードの友情に温かい気持ちになったり、トトの初恋に切なくなったり、いろんな感情にさせてくれる映画です。
すごく素敵な作品だということは感じ取れたものの、解釈が追いつかず、星5分の4の残りの1の部分はその解釈が解決した時に埋まるものだと思っています。
最後トトが見ていたフィルムの意味がすごく引っかかります…
もう少し時間が経って観たときに理解できたら、と思います。
🚧👷🏻‍♀️ただいま工事ちう👷🏻‍♂️🚧
saori

saoriの感想・評価

4.5
映画好きは見るべき
トトとアルフレードの絆に涙
暖かくもどこか切ない
sawak

sawakの感想・評価

4.5
高校生の頃に見たときよりも胸にくるものがあった。

ラストは伝説、伏線をぶち抜きながら回収してきやがった。


ノスタルジーに惑わされるな。お前の噂が聞きたい。 
じーちゃん系は泣けるって

ずるい
Shu

Shuの感想・評価

4.6
映画に対する純愛と人生と愛。
映画という特別感が味わえる唯一の場所映画館。映画館で見るからこそ特別であって他では味わえない満足感と感動が味わえるし映画館での一体感と人との出会い。今の時代電車でも家でもどこでも見れるのは本当に便利で助かってるけど、シネマパラダイスに行かなければ味わえない良さと会場での一体感ってのが本当にあったんだ。
特に屋外映画中の雨の中のシーンととラストは本当に良かったです👍👍

このレビューはネタバレを含みます

アルフレッド優し過ぎ。

千尋の谷に突き落とす獅子的な?

2人の友情、トトの成長、ちょっとの切なさが良いね。

様々な物が変わりゆく中で、広場を守るおじさんだけが変わらないのも良い。

初恋の人と結ばれる訳では無いんやな。
>|