ニュー・シネマ・パラダイスの作品情報・感想・評価

ニュー・シネマ・パラダイス1989年製作の映画)

NUOVO CINEMA PARADISO

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

「ニュー・シネマ・パラダイス」に投稿された感想・評価

ちろる

ちろるの感想・評価

5.0
映画を愛する人は絶対必見の名作!

映画を純粋に愛し、映画館の映像にみんな胸を高鳴らせていたこの時代のイタリアに生まれたかったなとこの作品を観るたびに思う。
父親不在のトトにとって、アルフレードは父であり兄でありそして何よりも親友だった。年齢は50くらい離れているけれど二人はいつも対等で、時に助け、助けられる。
それは二人の心が「映画を愛する」という共通項でかたく結ばれていたから。
アルフレードのお葬式で帰郷したときに知った、アルフレードが守り続けたトトの男の約束は、いつ思い出しても泣けます。
エンニオモリコーネの音楽がいちいち効いていてこの映画をより素晴らしいものにしている。
永遠のNO1映画。
映画を観る、勧めるには173分版よりいい
スッキリしてより映画を好きになる
イタリア上演版がないのが残念
僕の人生の一作
INUGAMI

INUGAMIの感想・評価

5.0
#予告編だけで号泣
Himeno

Himenoの感想・評価

4.3
大学の授業にて鑑賞。自分だけしかこの授業とってなくて、声殺してひとりで号泣。
アルフレードとトト、2人の友情、映画への愛情、全てに心が温まりすぎました。あの音楽が頭から離れません。
Chie

Chieの感想・評価

3.4
大学の授業で一度観て、当時内容よくわかんなかったのに、なーんか好きだなーと思ってた作品。
社会人になってから、映画熱出てきてあーあの作品の名前なんだつけーと検索して観直した。

音楽がすごく好き。
今も映画はみんなの娯楽だけど、当時の映画ってまた特別だったんだろなと思う。
トトがとにかく可愛い。
ひたむきに映画が好きで、応援したくなる!
くろ

くろの感想・評価

4.7
最も好きな映画
まさお

まさおの感想・評価

4.9
音楽が最高です
好き過ぎてレビューを忘れていた。

イタリアシネマの最高傑作だと思います。
好き過ぎてシチリア旅行に行ってしまいました。残念ながら聖地までたどり着けなかったけどいつか旅行してみたい。

最後に神父様が『失礼ながら、それでは昔のように………トト』と呼ぶシーンで毎回涙が出ます。なんなんだろうあのシーン。凄すぎる。本当に凄いです。このシーンを観て映画界の人間になってしまいました。こんな素敵なシーンは撮れないだろうけど。でも今もきっと変わらず映画は人々の夢です。(だから鑑賞マナーが悪い人を見ると本当にガッカリします。この時代ならば、その人たちも夢中で観れたのかな)

何度観ても(ああ、映画を好きでよかったな)と思える、そんな作品。
>|