ニュー・シネマ・パラダイスの作品情報・感想・評価

ニュー・シネマ・パラダイス1989年製作の映画)

NUOVO CINEMA PARADISO

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

「ニュー・シネマ・パラダイス」に投稿された感想・評価

ベストムービー用
自分のすることを愛せ。
yu

yuの感想・評価

4.5
映画技師に憧れるトト少年のイキイキとした描写から始まり、当時ニューシネマ座の映画技師であったアルフレードに映画のことだけでなく人生の多くを教わる。
アルフレードは映画中盤で目が見えなくなるが、本質的に大切なことはなにも変わらないと確信を得て、トトにとって更に魅力的で圧倒的なメンターとなる。
トトは恋愛、兵役を経て街を出ていくことを決意。
ストーリーはアルフレードの訃報を受けとるから始まり、少年時代から青年時代、そして今へと流れていく。
初めはストーリーや配役など分かりづらいところもあったが、すぐにわかるようになった。
2人だけの関係を描いた映画かと思っていたが、意外とそうでもなく、むしろ街、時代、人々を描いた映画で、その街に生まれてみたかったと思えるような一体感のある魅力的な街だった。

印象的だった2つのシーンはアルフレードの遺していったフィルムと、アルフレードが視力を失った時の言葉

アルフレードの遺していったフィルムには、カットされたキスシーンやポルノがつなぎ合わされたものが納められており、感動きてであった理由がよくわからなかった。

アルフレードが視力を失った時に言った言葉は
トトがどうするべきかを悟す時に
「分かるのだ、視力は失ったが前より見えるようになった」
ちょっと吐きそうになるくらい良き。

愛の映画とはこのこと。

燃えていくフィルム。
繋げていくフィルム。
いつか終わるフィルム。
あなたの愛。

私の愛は?
maroni

maroniの感想・評価

3.4
名作ということでAmazonprimeにて鑑賞。
殉

殉の感想・評価

4.0
18/06/13
ボビー

ボビーの感想・評価

5.0
貧乏だとか戦争だとか、狂った人もいたりして、現実は残酷なんだけど、そこはさらっと流してるから変に湿っぽくないのがいい。戦時中ってことを時々疑ってしまうくらい、トト、アルフレード、この映画館に集まる人たちが陽気すぎて、その明るさに感動する。

夢、青春、郷愁、愛。容赦なく時間は流れていくけど、その中で出会っては別れて、見つけては無くして、喜んだり惜しんだりするためにも人は生きてるんかもなー(なんか悟ってる)

50歳になった時にまた見るのが夢
binnananbu

binnananbuの感想・評価

4.5
中年には共感できる傑作
ゆーな

ゆーなの感想・評価

4.3
もっと大人になってからもう一度みたい。
ななほ

ななほの感想・評価

3.0
いい映画だったけど感動はしなかった
>|