ニュー・シネマ・パラダイスの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ニュー・シネマ・パラダイス1989年製作の映画)

NUOVO CINEMA PARADISO

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「ニュー・シネマ・パラダイス」に投稿された感想・評価

この映画は音楽が良すぎて条件反射でイタリアを思い出させますね、行ったことは無いんですけど。イタリアといえば「TVアニメジョジョの奇妙な冒険第5部~黄金の風〜毎週金曜日絶賛放送中ッッッ!!!」
ふと見たくなる映画

昔親の勧めで見た映画
主人公くらい小さくてワクワク
とよくわからない感情だったような…
それでもふとした時に観たくなって
気がついたら5回は観てる
歳が変わると見方もわかるって
感想も変わる、本当心が温まる

映画と自分を理解してくれる友に
囲まれて生きていきたい
久々にイタリアの田舎の街並みやイタリア語に触れ、ホームステイしていた頃を思い出し懐かしくなった。トトのエレナへの恋心を描いたシーンが好きです。
かわい

かわいの感想・評価

4.7
自分のすることを愛せ。

この時代の映画館行ってみたい

なんて素敵な映画……
映画好きは絶対見なきゃいけない。
る

るの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

私スコアの付け方甘いかなー?笑

ずっとずっと観たくて、ついに。このタイミングで人生の一本入りしたと思う。名作と呼ばれるには確かな理由があるって痛感。

楽しくて、切なくて、悲しくて、また暖かくなる。後半は泣かせに来すぎ。あと音楽も評判通りたまらんね。落ち着いたと思ったらまた泣ける泣ける…でも全部繋がってるから全くくどくない!!!変なこと考えないで純粋にストーリーを受け取ったもん勝ち。

トトのような人生を送る人、好きな人を追求して仕事にできる人は確かに多くはない。言われた通り故郷を「捨てる」のだって難しい。
だから台詞にあるように映画は「夢」なのかもしれないけど、だからこそ響くし、それで良い。現実味があったほうが共感出来るのかもしれないけど、私が映画に求めるのは「夢」なのかもなぁ。

ひさびさに咀嚼しきれない映画を観た。
これからも映画を愛するし、映画館も愛し続ける。
EIKUNN

EIKUNNの感想・評価

-
自分のすることを愛せ。郷愁に惑わされるな。
pooyuzu

pooyuzuの感想・評価

3.8
途中まで映画ファンに刺さるとかよく言われているとことが余りわからなかったが、次第にその作品の美しさや映画愛に溢れたストーリーや、古き良き時代の良さなど色々なものを感じてきてみんなが言っていることが何となくわかったような。「哀愁に惑わされるな」というアルフレッドの言葉には特に考えさせられた。
自分のすることを愛しなさい、子供の頃試写室を愛したように。

映画好きなら誰もが知る不朽の名作と謳われる本作。ここにきて初めてきちんと鑑賞。1度目はイタリア語が理解不能な子守唄になり寝落ちしました、大学生の頃。

おじさんって(特に盲目の)なんでもお見通しなのね(セントオブウーマンとかぶった)。ここには戻ってくるな、といって彼を成長させ、自身が亡くなってもなお、彼に一番必要であろうものを彼の手元に。センスの塊。

町は変わって人も変わって、でも自分は何も変わってない、と言った後に、この広場は私のものだ!っていうホームレスのおじさん出てきたところ、とても心温まった。

トトが本当に可愛くて愛らしいし、成長した青年トトもかっこよかったな。様々な愛に溢れている映画だった。さすが名作。