レベッカの作品情報・感想・評価・動画配信

「レベッカ」に投稿された感想・評価

アカデミー賞作品賞を見てみよう【その13】
不安にさせるような音楽の使い方がヒッチコックらしい。
先は読めなかったけど今では驚きは少ない展開。ダンヴァース夫人の不気味さが際立っていた。
miyagi

miyagiの感想・評価

4.0
すっかり騙された大賞。
劇中一度も登場しない人物に振り回される系作品の中では確実に面白い部類。
後半の激流のような展開のために、じっくり展開する前半の設えも良い。
沸点低すぎマキシム、シンデレラストーリーを勝ち取ったかのように見えるヒロイン、偏屈なダンバースと謎めいた不穏な空気が立ち込めることに寄与してる。
画面が炎で覆い尽くされる映画は基本的に高得点つけないと気が済まない性分です。
runedoll

runedollの感想・評価

3.5
そこで終わるのか。。。
ザ

ザの感想・評価

3.7
あらららら
論文とか読んだらこの時代にこれを作ったんめちゃくちゃすごいってなった、ただやっぱり現代で作られたから純粋な女の子からヒーローになっていく過程に関してはネトフリ版の方が良いな、ヘイズコードで出来んかったことも全部やった感じがする
枠構造だったり技法はヒッチコックも勿論半端ないけどなにより当時の性差でこれを書いた原作者が一番かっけぇわ
non

nonの感想・評価

3.6
Netflix版を観てからの鑑賞。1940年のモノクロ映画(終戦の5年前ですね)。Netflix版とほぼ流れは一緒。ラストについては調べたら原作ではダンヴァースさんは屋敷にはいなくて、火をつけたのは誰か分からない設定らしい。この点ではヒッチコック版とNetflix版と原作とみな異なっていた。ドレスやお屋敷などはどうしてもカラーのNetflix版の方が引き込まれるけれど、ダンヴァースさんについてはどちらもよかった。原作ではガリガリに痩せこけているらしいので見た目的にはどちらかと言うとNetflix版の方が原作寄りなのかも。新婚旅行を映写機で観るシーンはヒッチコック版の演出らしい。あれはよかった。
miyu

miyuの感想・評価

3.8
久々のヒッチコック。。。
ヒッチコックゎ 昔 昔 まだ、子どもだった頃にいくつか見ています!
小学生ぐらいに ハマりました。。。
『鳥』を小学生の時に見て いまだに 鳥が苦手なワタシ💦トラウマ映画です。。。🎬

実ゎ 子どもすぎて ヒッチコックの作品ゎ何を見たか はっきり思い出せないんですが…
『サイコ』と 『北北西に進路をとれ』と 『めまい』と 『見知らぬ客』を見た事ゎ シッカリ覚えてます。。。
(サイコのみ、正直 何回も見る機会があったので結構 覚えてます。。。)

ネトフリで 『レベッカ』がやってるみたいなので、まずゎヒッチコック版の『レベッカ』を鑑賞🎬

意外と ラストまでの展開は読めなかった😅
しかし…
あんな大豪邸に住むのん 大変そう。。。
密なぐらいの使用人!!

それでもって…
レベッカが 登場しないのに…
タイトルは 『レベッカ』✨

召使のリーダーみたいなおばさんの顔が妙に怖い。。。

燃えて 燃えて…
あーぁ!『ウィッカーマン』かぁ〜🔥←全然 話ちゃうけど…
言いたかっただけ。。。

しかし
ジョーン フォンティーン 素敵だなぁ。。。
清楚でイイ感じ…✨💕

このあと ネトフリ版も見ましたが
ワタシゎ ヒッチコック版の本作の方が遥かに好きでした。。。
数日前にNetflix版を観てからの鑑賞。
展開や筋は想像以上にまんまだったので(原作に準拠している?)新たな物語を楽しむという感じではなかったのは今作を観る上では不利だったかも。

何にせよそこまでおどろおどろしいお話でも
特別面白い作品とも思わなかった。
Yoko

Yokoの感想・評価

3.7
あらためて鑑賞。ダンヴァース夫人あってのヒッチコック版。
初期のイギリス時代に作られた映画を除いてヒッチコックの作品はほぼ観たと思っていたが意外にもこちらが残っていたのでリメイク作公開を気に観てみることにした。

ヒッチコックがアメリカに渡って初の作品で彼の代表作の1つに数えられる。

名優、ローレンス・オリヴィエと日本生まれで、姉妹共にアカデミー賞主演女優賞を受賞するという快挙を成し遂げる妹の方、ジョーン・フォンテインを主演に迎え、展開するサスペンス。

大金持ちのマキシムの後妻に迎えられることになった女性が前妻であるレベッカの幻影に悩まされ、少しでも彼女に近づくため努力をするが...。レベッカの死の真相に迫る彼女と隠そうとする彼。そこには意外な真実が隠されていた。

ヒッチコックのカラー作品にあるような派手な演出やカメラ技法的な遊び心みたいなものはなかったが巧みな脚本と確かな演出で後半に進むにつれてぐいぐい引き込む展開を見せ、ラストのモノクロ映像ならではの迫力あるシーンに結実する。

主演の2人は言わずもがなこの2人を食ってしまうほどの演技を見せてくれているジュディス・アンダーソン演じる裏のボス的存在のダンヴァース夫人の不気味さが嫌な感じだった。

さすが代表作だけあって楽しめたな。
>|