obao

青髭八人目の妻のobaoのレビュー・感想・評価

青髭八人目の妻(1938年製作の映画)
3.0
@シネ・ヌーヴォ
これは、グリム童話にもあったシャルル・ペローの「青ひげ」とは、そんなに関係ないのですね。何かサスペンス調のものを期待していたのですが、ラブコメでした。

どんなにプレイボーイでも、仕事が出来る金持ちでも…女性にはかなわないものなんですよね。

パジャマの上だけを売るかどうかで大わらわになるデパートの対応が面白かった。…ですが、『百萬弗貰ったら』と続けて観てしまったため少々物足りなく感じ、、、これは、次の機会にもう一度じっくりと観てみないと…です。

【エルンスト・ルビッチ レトロスペクティブ】にて。