も

話の話のものレビュー・感想・評価

話の話(1979年製作の映画)
4.0
「いつかの夕方、畑で、太陽がすでに地平線の上に低くあるとき、私はコンバインの運転手たちをみました。彼らはついさっきまで小麦を収穫していたようで、今は立ってタバコを吸っていました。畑にはまだ日中の作業の塵が沈み切っておらず、それが光を放っているかのようでした。そして人びとの姿は……彼らはほとばしる光のなかに沈みこんでいました。そして、巻きたばこの煙……会話は聴き取ることも、感じ取ることも、まったくできない……これを目撃して、私は突然気付いたのです。このエピソードをいかにしてつくるべきかを。」(ノルシュテイン、土居伸彰「ノルシュテイン『話の話』にみられるエイゼンシュテイン理論の影響について」)