話の話の作品情報・感想・評価

話の話1979年製作の映画)

CKAZKA-CKAZOK

上映日:2016年12月10日

製作国:

上映時間:30分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「話の話」に投稿された感想・評価

ネット

ネットの感想・評価

4.0
光と影!電車、明滅する火。
縄跳びする二頭身の雄牛がめっちゃかわいい。
お芋アッチッチもかわいいのだが、まさか芋を飲み込むところまで丁寧にアニメートするとは思わんかった。
u

uの感想・評価

-
絵も音楽も寂しげな雰囲気
メカス的記憶の祝祭性。記憶とは、要再見。
これたぶん授業で観た?
芋が美味しそうなやつ…
睡眠導入剤より睡眠導入剤
食パン

食パンの感想・評価

3.0
ユーリーノルシュティンにしては珍しい長尺だ。非常に難解で何回も観ないと理解するのはムリかい?なんつって。全然分かりませんでしたけど映像と音楽が神過ぎるのでおっけー。
ryodan

ryodanの感想・評価

5.0
何故か「アンダーグラウンド」と「マルホランド・ドライブ」を思い出してしまいました。これも拳で殴られた衝撃。強烈です。たかだか何十分間の映像体験。向こう群は2時間以上に及ぶ超大作。それと同じ衝撃を受けたんですから、上映時間が問題ではないようです。
4

4の感想・評価

-
細部に宿るアニメーション映画。
雪の美しさ、汽車と雨の勢い、火と火の明かりによる光の揺れ。どのシーンも動きの魅力に溢れる。
細部には特異性、偶有性、予測不可能性といった人間がアニメーションで作り出したとは思えない「映画」らしさが宿っている。
も

もの感想・評価

4.0
「いつかの夕方、畑で、太陽がすでに地平線の上に低くあるとき、私はコンバインの運転手たちをみました。彼らはついさっきまで小麦を収穫していたようで、今は立ってタバコを吸っていました。畑にはまだ日中の作業の塵が沈み切っておらず、それが光を放っているかのようでした。そして人びとの姿は……彼らはほとばしる光のなかに沈みこんでいました。そして、巻きたばこの煙……会話は聴き取ることも、感じ取ることも、まったくできない……これを目撃して、私は突然気付いたのです。このエピソードをいかにしてつくるべきかを。」(ノルシュテイン、土居伸彰「ノルシュテイン『話の話』にみられるエイゼンシュテイン理論の影響について」)
ノルシュテイン作品は、10分前後のものが多いですが、これは30分ぐらいあり、相変わらず「絵が動いた」感はあるものの、「動く絵本」というより、しっかりと「映画」を感じた。

でも、題名にあるようには「話」はよく分からない。どちらかと言うと「シュール」で、監督の頭の中にある「記憶」が「自由」に溢れ出してくる感じ。

相変わらず「絵」は美しかったり怖かったりして「魅力的」です。

これで今回観られた作品集は最後。いずれも独特な作品世界が魅力的でした^_^
>|