いのさん

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1のいのさんのレビュー・感想・評価

4.2
《シリーズ最終章 闇の脅威》

(あらすじ)

J・K・ローリング原作の大ヒット・ファンタジー・シリーズの第7作にして二部構成で描かれる最終章の第一部。ついに闇の帝王ヴォルデモートとの最終決戦に臨むべく過酷な旅に出たハリー、ロン、ハーマイオニーが、次々と待ち受ける試練に立ち向かっていく姿を描く。
ダンブルドア校長から託された使命を果たすべく、ヴォルデモートの不死の秘密である“分霊箱”を見つけ出し、破壊するための旅に出たハリーとロン、ハーマイオニーの3人。思うようにいかない旅の中で、次第に3人の絆にも亀裂が生じ始める。一方、ヴォルデモートの影響力は急速に拡大し、ついには魔法省ばかりかホグワーツまでもが支配下におかれてしまう。

(感想)

シリーズ最終章の前編である作品。
ヴォルデモートの支配が進み全体的に静かで暗い雰囲気が漂いますが、ハリーたちの諦めない心が見ていて勇気がもらえます。

クライマックスに進むにつれてハリーの大事な仲間が徐々にいなくなってしまうのがとてもツライですが、それもまたハリーに付き纏う運命。
そんな中必死にヴォルデモートの脅威に怯えながらも3人で分霊箱を探す旅に出る今作は終始ハラハラドキドキできる作品です。

死の秘宝の逸話の話とかもファンタジー要素強めで個人的に好きです。

完結に向かっていく繋ぎの役割もしっかり果たしつつ、一つの作品としてもしっかりと完成されていて何度見ても新たな発見があり楽しいです。