イチロヲ

恋はデジャ・ブのイチロヲのレビュー・感想・評価

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)
3.5
自己中心的な人生を歩んでいる中年男(ビル・マーレイ)が、町の祝祭日を何度も繰り返してしまうデジャヴュ現象を体験しながら、人生観を見つめ直していく。ヒューマニズム(人間らしい生き方)の再確認を説いている、コメディ映画。

午前6時で生活がリセットされる世界が舞台。昨今のビデオゲームとの重複がノイズになってしまうが、正しい選択肢が明確化されておらず、選択肢をやり直しても失敗続きになるのが面白い。

前半部は、自己中心的な行動がまかり通る世界だということに気付いた主人公が、デタラメな言動で遊び保ける展開。後半部は、自己相対化に腐心する主人公が、他人の都合を推し量ることの重要性を諭していく展開。終局になると「種の存続」へと鮮やかに着地する。

「ヒューマニズムに則った人生を送ることができていない人間は、祝祭日を延々と繰り返している状態と同じである」という厳しいメッセージを推量してしまうと、別の意味で大ダメージを受けるので要注意。