広島カップ

大脱走の広島カップのレビュー・感想・評価

大脱走(1963年製作の映画)
4.3
私が子供の頃、第二次大戦を舞台にしたアメリカ産戦争映画はこの種類の物がほとんどでした。
つまり、無理矢理戦争映画をタイプ別に分類すると、“国威発揚型“、“反戦型“、“戦争活劇型“に分けられると思うのです。
この映画は三番目です。ベトナム戦争を舞台にしたものになると二番目がふえて、三番目はぐっと減るような印象です。
この作品同様『ナバロンの要塞』『眼下の敵』『荒鷲の要塞』等々が三番目に入りそうな作品です。
とにかくマックイーンがメッチャクチャ格好良く、特にバイクに跨がった姿がキまっていて、バイク少年が部屋に貼っているポスターの定番でした。。
これはテレビで観たのですが、なんせTUTAYAはもちろんレンタルビデオ屋さんも無い時代で、テレビ放映を心待ちにする以外は無かったため、二回目を観たい!という待望感がかなり高かった映画です。
その後、日本にサッカーのプロリーグが発足し、スタジアムからサポーター達の歌声でこの映画のテーマが聞けるようになるとは、誰が予想出来たでしょうか。