スクラップ・ヘブンの作品情報・感想・評価

「スクラップ・ヘブン」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.9
これは日本版『ファイト・クラブ』である……と書けば呆れられるかもしれない。デヴィッド・フィンチャーのあの作品のような映像美は期待出来ないし、意外なオチが待っているわけでもない。だが、「クソ」を洗い流し世界を清潔にしようとさせる主人公たちが行う「復讐」の代行、その秩序を積極的に乱す姿勢、社会そのものを破壊しようとする展開がそっくりではないかと思ったのだ。しかも『ファイト・クラブ』もしっかり踏まえていた、そういった秩序を乱す姿勢、つまり正義の鉄槌を下す姿勢が結局のところは凡庸な「ままごと」でしかないところもきっちり描いている。キャラの造形の浅さなど不満も感じられなくもないが(いや、その浅さこそが深読みを誘うとも考えられるので痛し痒しなのだが)、加瀬亮氏が犯罪を通してアウトローになって行くその「先」もきっちり描いており、だからこそラスト・シーンはなんとも言えない味わいを感じさせる。
ゐこ

ゐこの感想・評価

3.5
いやあ〜いいね!いいぜこれ、、加瀬亮!加瀬亮!はい加瀬亮!!
F

Fの感想・評価

3.2
記録
「俺はどっちでもいいよ。あとはお前の常識で判断しろよ。」
「お前とは会えてよかったと思ってるよまじで。」

もう何度観たか分からない。
高2になんとなくジャケ借りしてからずっと私的最高映画。なんと形容すればこの映画を見た感情を他人に伝えられるのか。

演出も演技も全てが自分の心の奥深くに刺さって抜けない。
特にオダギリジョーと柄本明。
オダギリジョーの格好、立ち振る舞い、台詞回し。柄本明には、演技を超えた恐怖を確かに感じた。

振り上げた拳が自分に返ってくるという「想像力」は決して絶やしてはいけない。

しかし、加瀬亮はヘタレな役がハマるなあ。声の上ずった感じとか。
Furunya

Furunyaの感想・評価

3.6
不遇な運命に見舞われた人々。彼らの怒りの矛先は個人ではなく、社会に対して向けられる。

比較的順当な人生を生きてたら、見過ごしてしまいがちな、人々の「怒り」に焦点を当てることで、あぶり出される闇。


無関心ではいられない。
みっぽ

みっぽの感想・評価

3.8
復讐、復讐、復讐、、、。
個人への復讐によって、社会に復讐していたのかなあ。
冒頭と終盤の2回ある、加瀬亮がボッコボコに殴られて血だらけになるシーン、どちらも笑っちゃうくらいに格好良い…。
殴られて格好良い人って今まで見たことがない。
サキがあの後どうなったのか気になるところ。
オダジョーは役の闇の部分と明るさの部分をバランスよく演じることに秀でている人。
apollo

apolloの感想・評価

3.0
邦画特有のエグさが強く心にずっしりダメージを食らう
トイレ超汚い
>|