「スクラップ・ヘブン」に投稿された感想・レビュー

踊る猫
踊る猫の感想・レビュー
2017/03/08
3.9
これは日本版『ファイト・クラブ』である……と書けば呆れられるかもしれない。デヴィッド・フィンチャーのあの作品のような映像美は期待出来ないし、意外なオチが待っているわけでもない。だが、「クソ」を洗い流し世界を清潔にしようとさせる主人公たちが行う「復讐」の代行、その秩序を積極的に乱す姿勢、社会そのものを破壊しようとする展開がそっくりではないかと思ったのだ。しかも『ファイト・クラブ』もしっかり踏まえていた、そういった秩序を乱す姿勢、つまり正義の鉄槌を下す姿勢が結局のところは凡庸な「ままごと」でしかないところもきっちり描いている。キャラの造形の浅さなど不満も感じられなくもないが(いや、その浅さこそが深読みを誘うとも考えられるので痛し痒しなのだが)、加瀬亮氏が犯罪を通してアウトローになって行くその「先」もきっちり描いており、だからこそラスト・シーンはなんとも言えない味わいを感じさせる。
shoh323RA
shoh323RAの感想・レビュー
2017/05/16
4.8
🖇
totoro
totoroの感想・レビュー
2017/05/14
5.0
暗い映画なんだけど、最後も呆気ないんだけど、なぜか好き。
監督の脳が好きみたい。
高木展
高木展の感想・レビュー
2017/05/07
4.0
大人と子供の狭間で生き続けるのは辛かったのかね。
AoiOhki
AoiOhkiの感想・レビュー
2017/05/06
3.0

このレビューはネタバレを含みます

記録用
あしべ
あしべの感想・レビュー
2017/05/04
3.5
加瀬亮、オダギリジョー、栗山千明…と好きな役者で何となく手に取ったが、なかなかにイタイところを突いてくる映画だった。
ラストは「それでもお前はどうするよ?」と問うて終わる。
これを絶望的ととるのかは分かれる気がする。

溜まり場が汚ったねぇ公衆トイレっていうアイデアも何か皮肉がこもってていい。
Ellie
Ellieの感想・レビュー
2017/05/04
3.0
再会して語り合う2人のそれぞれの壁の色。
シンゴが青、テツが赤。
陰と陽。
臆病者と豪胆。

そして、トイレマークの色。

S極とN極のように、まったく正反対の2人がタッグを組んで人の復讐依頼を請け負う話。

オダジョーのぶっ飛んだ役好き。

最後のシーンいい。
まさにテツとシンゴは、そういう人生なんだって思う。
MITATI
MITATIの感想・レビュー
2017/04/29
-
中途半端な
おのこー
おのこーの感想・レビュー
2017/04/27
3.8
ファイトクラブをどことなく思い出す。
わんちゃん
わんちゃんの感想・レビュー
2017/04/27
4.5
柄本明と加瀬亮の某シーンが素晴らしい。



かなしみ。
>|