やまあつ

イエスマン “YES”は人生のパスワードのやまあつのレビュー・感想・評価

-
とても前向きになれる映画だと思います。
何事にもイエスと言って挑戦すること。これは、一つの考え方として納得できる。

監督は『アントマン』で有名なペイトン・リード。やはり、映像のテンポが良いし、笑いどころも満載となっている。そして、主演を務めるジム・キャリーの演技は流石の一言。

この映画で最も好きだったのは、ジャーニーのセパレイト・ウェイズが流れるシーンだ。音楽に合わせて躍動するジム・キャリー。この歌が、あんな使われ方をするとは、、、まさに名人芸。

久々に見たコメディ映画は、心を癒してくれた。皆さんも是非ご覧ください!!