イエスマン “YES”は人生のパスワードの作品情報・感想・評価

「イエスマン “YES”は人生のパスワード」に投稿された感想・評価

面白かったよ、たしか。
kin

kinの感想・評価

3.9
落ち込んでいた時に、友達にオススメされて見ました。
ポジティブに生きる。というか、ポジティブに生きようとする姿勢って大事だなぁと改めて感じた。
アル

アルの感想・評価

3.9
トントンと思いもよらぬ方向に話が進み、楽しんで観られました。

YESと答えることで、こんないい事があるなら自分もやってみたいと思える作品。

創作だと分かっていても、YESと答えた方が素敵だと感じさせられる。また後味も爽やかな感じで安心して観ていられます。
Rio

Rioの感想・評価

4.2
行き当たりばったり楽しいことやっていく人生って憧れるなぁ!
映画全体が爽快な感じでコメディ要素も入ってて好き
ポジティブに生きるってやっぱ大事〜
tama

tamaの感想・評価

3.8
おもしろかった
年功序列の社会で生きる僕は嫌な顔をしながらYESと応えることがあるのだろう。

その中でも、実力社会、資本主義国家のユナイデットステイツでははっきりとNOという。

多数の民族がいる中で、多数の宗派がある。

人はその中で人生のあり方、もしくは心の拠り所を探しているのかもしれない。

何かに所属することで、その欲求は満たされて、新しい道しるべに乗っかることができるのだ。


本作品は主演はマスクでおなじみのジムキャリー。

この人の顔芸には本当に惚れ惚れする。

YESで始まり、めちゃくちゃな展開なのだが、、さぞ楽しめた。

僕もこういう生き方をすれば何か光が見えて来るのかもしれない。
⭐️ それは、今まで誰も気づかなかった
幸せになる方法

すべての答えを“ノー”から“イエス”に変えたことで人生が一変するジム・キャリー主演のヒューマン・コメディ。何でもノーで済ませてきなネガティブな人生を転換すべく、あらゆることにイエスと答えてみると誓いを立てた男が辿る思いも寄らぬ顛末を描く。原作は番組プロデューサーや司会者などマルチに活躍するイギリス人ダニー・ウォレスが実際に全てに“イエス”と答え続けた6ヵ月間に渡る実践を綴ったベストセラー体験記。共演は「ハプニング」のズーイー・デシャネル。監督は「チアーズ!」「恋は邪魔者」のペイトン・リード。
 銀行で貸し付けを担当しているバツイチ男カール・アレン。離婚して以来、私生活では友人からの誘いをいつも断り、仕事ではローンの申請書に来る日も来る日も却下のスタンプを押し続けるなど、極めて後ろ向きな人生を送っていた。そんな彼もある日、親友の婚約パーティまでもすっぽかしてしまったことで、ついに友人から“生き方を変えない限り、お前はひとりぼっちになる”と脅され、その改善に、とあるセミナーへ参加することに。そこで主宰者から、意味のある人生を送るための唯一のルールは如何なることでも全て“イエス”と言うだけ、と説かれるカール。そして、とりあえず“イエス”を連発していくと、次第に物事が好転し始めるのだった。さらには“イエス”の効能でアリソンという女性と出逢い、良いこと尽くめのカールだが…。
わずや

わずやの感想・評価

4.0
完全な好みの評価
さおり

さおりの感想・評価

4.0
ズーイーかわいかったあああ💓面白くてハッピーなお話で後味が良い!
ms

msの感想・評価

3.6
元気とやる気がでる、明るい映画
>|