イエスマン “YES”は人生のパスワードの作品情報・感想・評価・動画配信

イエスマン “YES”は人生のパスワード2008年製作の映画)

Yes Man

上映日:2009年03月20日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「イエスマン “YES”は人生のパスワード」に投稿された感想・評価

Toru

Toruの感想・評価

4.1
実は無茶苦茶いい映画。ほんとに前向きになれる。
ポン

ポンの感想・評価

3.5
気軽に観れる映画。

NOって断って人生を無駄にしてきたことって今思えばたくさんある気がするなぁ。

まあだからって全部にYESって言うべきじゃないってのもこの映画の教訓なんだろうけど。
でも少しくらい多めにYESって言ってこ。

カールは途中からほんとにただのヤバいやつじゃないかと思えてくるけど、行き当たりばったり旅行は是非ともやってみたい。
K

Kの感想・評価

4.0
メッチャ楽しい!
イエ~ス(*´ω`*)
ミシナ

ミシナの感想・評価

5.0
はーーー観て良かったーーと思える映画でした。
一度心破れるとやはりなるべく人から遠ざかろうとするもので……
「なんにでもYESと言う」なんて一見メチャクチャな誓いは、そんな風に引きこもる事で取り逃がす身近なチャンスや出会いを引き寄せるための「強制スイッチ」なんですね、きっと。
それでもなんでもYESなんてじゃあ一体何処に自分の意思や本心はあるの?という問題にぶち当たった時ーー答えは自分の心で思ったことだけ、自分の気持ちに素直になるという至極単純な事でした。
「世界は遊び場で大人になるとみんな忘れてしまう」
人生を無駄にしないためにも、挑戦し続け世界に飛び出していくカールを変えた魔法の言葉はYES!
1歩を踏み出すためにはほんの小さな意識からですね。爽やかで面白くて良い◎
はる

はるの感想・評価

3.6
イエスと言う方がもしかしたら、幸せなのかもしれない
おーけーいえすいえす!

見てほしいと言われて「イエス」と答えた私はもう立派なイエスマンなのでぶっちゃけ見なくてもいいのでは?と、内心首を傾げながらもしっかりと視聴。

イエスは人生のパスワード

この一言がパワーワード
正解!と手を叩いて称賛するこそしないけれど、人生の可能性を開くという意味であながち間違いでもないのかもしれない。それがどういう意味で開かれるのかは勿論選んだ人次第なのだが。

結局イエスと言えという意味なのかノーと言えという意味なのか、はたまたバランスが重要さと伝えたかったのか、人生って結局何が起こるかわかんないから覚悟しておけよ!楽しいぞ!って言いたいのかはわからなかったから星3。
私は一番最後だと思う。
にょ

にょの感想・評価

4.3
さっすがジム・キャリー
ジム・キャリーの映画はもう面白くわけない、コメディ最高~
DAI

DAIの感想・評価

3.5
人生において常に「ノー」を連発してきた後ろ向きな男が、
どんなときでも「イエス」と言うルールを自分に課したことから騒動が巻き起こるコメディー。
すべてに「イエス」と言ったらどうなるかを実際に試してみた、
BBCラジオディレクターの体験実話が基になっている。
主人公のカールをジム・キャリーが演じ、彼に惹かれる女性アリソンを『ハプニング』のゾーイ・デシャネルが演じる。
コメディー王ジム・キャリーが見せる、笑いあり、涙ありのポジティブ・ストーリーを楽しみたい。

いやまぁ実際にこんなイエス連発して、
偶然にもイイ事ばっか起きまくるワケないってストーリーなんですけど、
イエスというか物事を肯定するクセがある人には、
人生が好転するループを作れるとは思う。

そんな話を軸にしながらも、なんだかんだ言ってジム・キャリー演じるカールが
面白すぎるし、ギャグセン高すぎるし、
イエスを言いまくって時には予想外の展開に戸惑いながらも、
全てのシーンに笑けるシーンを入れてくる。

ヒロイン演じるゾーイ・デシャネルもミステリアスでワイルド、
でも実は乙女な女性を完璧に演じてましたね。

なんでもかんでも否定して突き放すのは簡単だけど、
それだけじゃ人生つまらなくなるし棒に振っている。
まずはイエスと言う事から始めてみようって、
本当にイイ事だと思います。
もちろんノーって言う時も大事ですけどね(笑)
>|