バリエラに投稿された感想・評価 - 4ページ目

『バリエラ』に投稿された感想・評価

わずか1週間。即興で撮った。
信じられない。バリエラ
鏡とレール。電線とシグナル 
若きスコリモスキ
直感と緻密な計算
eigajikou

eigajikouの感想・評価

4.1

スコリモフスキ監督(今年も嬉しい来日)制作裏話トーク後に見たからコメダの音楽の拘りや必見ポイントなどがすごく楽しめた。他監督に脚本書いた作品が頓挫し残っていた1/4の予算で即興的に作ったそうだけどロ…

>>続きを読む
mi

miの感想・評価

-

元々別の映画を別の監督が作ってたけど、それが頓挫して、残りの少ない予算で作られたものらしい。
とにかく序盤から30分ぐらい全然面白いと思えなくて、途中から寝にいったし、気づいてたら終わってたレベルな…

>>続きを読む
CHEBUNBUN

CHEBUNBUNの感想・評価

3.5

【バリエラバリバリメイズに我迷う】
『アベンジャーズ』でブラック・ウィドウを拷問する役ゲオルギー・ルチコフでも有名なスコリモフスキが『早春』を撮る前に手がけた超難解映画。

デヴィッド・リンチの『イ…

>>続きを読む
DK

DKの感想・評価

-

共産主義ポーランドつかの間の春、すべてを捨てて旅に出た医学生はある若い女と出会う。
非常に難解超現実的でありながら、男女の話は簡潔で興味深く軽やかなタッチで描かれ、映像の美しさと巧みさも感じられてさ…

>>続きを読む
遊戯。
ヌーヴェルヴァーグとか、その周辺の映画における主演男優のアクロバットさ。

巨匠イエジー・スコリモフスキの作品です。カルト的映画が好きなファン層には絶大な支持を得ているそうです。個人的にはヌーデルヴァーグは好きになれなれません。暗喩的な表現がウケてるようですが、その不思議さ…

>>続きを読む

マイベストムービー候補として

シュルレア系映画の中でお気に入りの1本
忘れられないカットやシーンがありまくり。
万人にお薦めはできませんが、ハマる人にはどストライクな演出。
監督自身が言及している…

>>続きを読む
☆☆☆★★

2010年5月31日 シアターイメージフォーラム/シアター2
クロ

クロの感想・評価

4.1

舞台は第二次大戦後のポーランド。主人公は医学生の青年。青年の父は戦前、青年は戦後の世代であり、愛国者として国を守った父たちのもたらした安定の中で若者たちは暮らしている。しかしそれはあくまで小康状態で…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事