千

ゲド戦記の千のレビュー・感想・評価

ゲド戦記(2006年製作の映画)
3.5
久しぶりのアニメーション。これは宮崎駿の息子である宮崎吾朗が初めて監督している作品です。

最初のシーンをみただけで、あぁ、これこれ、最高…って気持ちになっちゃうこのジブリだけが持っている世界。

ジブリの波の表現は昔から大好き…!!!!

ジブリってひとつひとつがずっしりしてるからあんまり連続では観れないけど、そのたまに観るジブリ映画がとっても良い。

ゲド戦記は1度みたけどつまらなくて途中でやめたことがあったのですが妹がどうしても観たいと言うので再び挑戦。

この評価のわりには自分は結構楽しめたと思います。そしてなぜか今回は意外とすんなり最後まで観ることができました。

ストーリーの流れ的には好きな方なんですけどね。なんでしょう。やっぱり不明な点が多いですよね。挙げれば挙げるほどきりがない笑。そして言いたい事はよく伝わってくるけど、大事な内容がはっきりしていない気がする。

登場人物も少ないので話にスッと入りやすかったし、キャラクターもいい奴ばかりなのでイライラすることはあまり無かった笑。強いていえば一番主人公がヘマばっかこいてたかな。

言いたい事がいっぱいありすぎて長くなりそうなのでここでやめときます笑。

とても好きなほうなのですが、やはり少し足りない部分が多いので惜しいです!!
でもなんだかんだ言って好き!!

気に入っただからこそ、そういう所が気になっちゃう!!!!