mako

ゲド戦記のmakoのレビュー・感想・評価

ゲド戦記(2006年製作の映画)
2.9
《2018#55》

以前、夫が借りてきてたけど興味がなくて、ちゃんと観ていなかった。テレビで何度か放送されててもやっぱり興味がなくてスルーしてました。
でもfilmarksをやってるから観てみることにしました。

評価が低いことは知ってましたが、それほど悪くもないかなという印象。
ただ、これはどこの層をターゲットにしているのでしょうか?
ジブリって子供向けが多いというか、子供でも観られるものが多い感じでしたが、これは子供が観ても面白いと感じないだろうし、ラスト近くは恐いんじゃないかな。
雰囲気が暗い、登場人物も陽気な人は出ていない。

不老不死を求める魔法使いと不安で心がいっぱいになり闇が生まれその闇から体を奪われたアレン。
生と死の物語だと分かるけど、いまいちピンとこない。

一番の疑問点、何故、父を刺したのか理由がなくわからなかった。暴君ならまだ分かるがそうではなさそうだし。
そして、一番気になったのがテルーの声。他の声優より浮いていて違和感がありました。

悪くはない印象と書きましたが面白くはなかった。