R

ゲド戦記のRのレビュー・感想・評価

ゲド戦記(2006年製作の映画)
3.8
 こころをなににたとえよう、たかのようなそのこころ。
 命を大切にしないやつなんて大嫌いだ。
 みらいがこわいんじゃない、いまを生きることでみらいのうんたらがなんちゃら
というように、劇中には心に響く詩的な表現が多数用いられている。
 思春期アレンの心がどう揺れ動き、成長していくのか、がこの映画のポイントだと思った。