ゲド戦記の作品情報・感想・評価 - 118ページ目

ゲド戦記2006年製作の映画)

TALES FROM EARTHSEA

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

2.8

「ゲド戦記」に投稿された感想・評価

sugar

sugarの感想・評価

4.1
この映画は少し内容が浅めですが私は大好きな作品です。ゲド戦記は三回ほどみましたが、見れば見るほど内容がわかってきます。 なぜ命があるのか、そしてなぜ死があるのか、生きる事の大切がわかりました。 人間の醜さ、暖かさ二つの心が複雑に描かれていて、背景や音楽も素晴らしいです。原作も読んで見たいと思います。
公開当時、映画館で鑑賞。そんなに嫌いではなかったと思う。でも、記憶には残ってないジブリ。
taka®

taka®の感想・評価

3.2
ジブリとゆう先入観があると「?」ってなるかも…
なんなんだろ、重み?厚さ?
う〜ん、全体的なボリュームが足りないんだよな〜。
なんだか上手く言葉にできないんだけど…
Tyo

Tyoの感想・評価

4.3
賛否両論ある作品だと思いますが、わたしは毎回観るたびに好きになっていきます。表面だけ観ているとつまらないのですが、どんどん深いところまで考えると面白い作品だとおもいます。原作を読んでいる方にはオススメできないですね。
coco

cocoの感想・評価

3.0
もうちょっと面白いと思えたらよかったんですが…全体的にはあまり満足のいくものではなかったんですが、ひとつだけ、印象的なシーンがあります。ハイタカがアレンに、いのちの事について諭すシーン。ハイタカの言葉になぜか酷く感動して、泣きました。なぜあの時あんなにハイタカの言葉が響いてきたのかわかりませんが、その一点だけは本当に満足です。
にこ

にこの感想・評価

2.0
「見えぬものこそ」
全体的に???なところが多すぎて…
多分原作の映像化したところが悪かったのでは
始まりの話しからちゃんと作ってくれていれば…だって途中からだから設定がうまく読み取れないんだもん!!
saki

sakiの感想・評価

2.3
ジブリ見る〜ってテンションで映画館行ったものの、全体に暗く気持ち悪くて、家帰ってトトロみた。
ジブリでここまでハマらない作品、影が薄い、なんにも影響受けないの初めて。
はち

はちの感想・評価

1.4

ナルニア、指輪物語とならぶ三大ファンタジーのジブリによる映画化作品です。

ですが、正直駄作だと思います。


まず、いろいろなところが謎なまま終わること。


テルーの存在、龍が出てきた意味、この世界の状況や背景、剣がなぜ抜けたのかなど…。


ジブリなので絵のレベルは高いですが、時々、ほかのジブリでは描かれないおぞましい表情を見せたりなにかと残念でした。
周りのスタッフがもっとフォローしてあげらんなかったのか、初めてなんだからさ。
魔女はちゃんと怖かったし良いとこもあるのになぁ。まさかジブリで草があのような動きをするなんてなぁ。