ゲド戦記の作品情報・感想・評価 - 118ページ目

ゲド戦記2006年製作の映画)

TALES FROM EARTHSEA

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

2.8

「ゲド戦記」に投稿された感想・評価

Risa

Risaの感想・評価

2.3
映像:⭐️
音楽:⭐️
ストーリー:⭐️⭐️⭐️⭐️
泣ける:
笑える:
怖い:⭐️
ためになる:
ゆきの

ゆきのの感想・評価

3.1
小さいときに観たからよくわかんなかったけど、元の話とかも合わせて観れば多少話は理解できるし評価ほど悪くないと思う。でもそこまで好きでもないかな〜
宮崎吾朗、初監督作品
期待の一作目がかなりの酷評。ジブリで、かの宮崎駿の息子、はずれのはずが…はずれでした。命を大事にしないやつなんて大嫌いです。
【唐突的押し付け説教】


冒頭に『闇の中にこそ光がある』云々の一枚字幕(正確じゃないケドそんな内容)が先ず示されるので「この映画は先ず闇を徹底描写し その上で光を示すのだろう」と思った。
無気力と突発性暴力衝動の双極状態のアレンや 真を忘れ 紛い物に囚われる人々の姿に、現代の即時的虚無 及び物質史上路線の歪みと批判を映しつつ、予想通り暗く重い部分に映画は焦点を当ててゆく。

従来ジブリには無かった禍々しい表情を見せるイッちゃってます状態のアレンや、自然の描写等に惹き付けられるものの、映画はその殆どを敢えてケレンミ抜きでゆく。 ~闇を徹底視する構成的必然だから。 この観客を突き放した作りに「宮崎吾朗やるなあ」と感心していたのだが…。

後半がダメ。 あれだけ突き放し 観客に内省させていたのに、最後に自分で全て答を言っちゃう。 私は前半で想像力が働き過ぎちゃってもっと豊かなテーマ・メッセージを(自分の中で)構築していたのに 最後で映画に答を断定され全部崩れさった。
確かに勝手に膨らませていた私の責任なのだが、ラストでメッセージを断定するんなら 前半ももっと語らないと、示していかないと。 突き放すんなら突き放し続けないと唐突感と押し付け説教感だけが強くなる。

「光」を明示したせいで闇が卑小化している。 闇の先の「光」は明示なんかしなくても 見えた筈だ。




《劇場観賞》
N21

N21の感想・評価

1.5
ポスターは好きでしたが、映画を観てガッカリ。
唯一記憶しているのは、モブが下品だったことくらい。。
m

mの感想・評価

2.5
期待して映画館に行き、ガッカリして出てきた。ストーリーが進むにつれ、ワクワク感がドンドン失速、最後ガッカリ。
岡田准一と手島葵の声がよかった。
ふち

ふちの感想・評価

3.0
何人かの友達がゲド戦記は面白くない、って言った理由もなんとなくわかる。
でもアレンすき!
コレは、映画館に観に行ったけど

ごめん、父には

あなたは、勝てないよ

残念賞だった
maru128

maru128の感想・評価

1.5
見たときが小さい頃だったのもあり、置いてけぼり感が否めない作品でした。原作読んでから見たらまた違うのかも
その

そのの感想・評価

4.0
今までにないくらい暗い話。
かるく鬱になる。
でも、私はすき。