ゲド戦記の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ゲド戦記2006年製作の映画)

TALES FROM EARTHSEA

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

2.8

「ゲド戦記」に投稿された感想・評価

油屋

油屋の感想・評価

1.0
中途半端な作品だ。私は原作を読んでいないので、話の展開が理解出来ないままエンディング。ジブリでなかったら話題にさえならなかったのでは?
GojiKawai

GojiKawaiの感想・評価

2.5
原作読んでないですが、もしかして、ストーリーはしょりすぎてません?

と思うくらい全てが唐突に進んで行きます。上映サイズに収まらなかったのか、編集失敗したのか?謎は深まるばかり。

原作読まれた方はこの作品どう思いました?
credai

credaiの感想・評価

2.8
ベースの話を知らないから理解度が低いという事を差っ引いても地味。

やっと使った魔法が『杖の先を光らせる』って。。。
懐中電灯レベルの魔法を映画で見せられてもねぇ
この起伏のないストーリー展開、あからさまなオマージュの多さ、設定の説明の少なさ、そして晩飯のスープ率の高さ!!
ただ、文太さんが亡くなった今現在、奇跡的にこの映画の中心テーマと親和性があるのは評価できる点でしょうか、偶然だけども。
ジブリ映画は一般的にそういうのが多いのかもしれんけど、ストーリーがよく分からなかった。でも世間的に言われるほどレベルが低いとは思わなかった。
Yuki

Yukiの感想・評価

2.7
音楽はさすがジブリといった素晴らしさ。
でもストーリーが映画を観ただけでは
理解しづらく、辻褄が合わない感じ。

原作を読んでから見るともうすこし楽しめると思います。
filmlover

filmloverの感想・評価

4.5
ジブリには珍しく切断シーンも出て来て、他のジブリとは一線をかくす作品だと思った。伝えたいテーマもしっかりしていて見終わりも心地の良い気分になれた。
眉毛

眉毛の感想・評価

-
テルーの唄がとても好き


夕闇迫る雲の上
いつも一羽で飛んでいる
鷹はきっと悲しかろ

音もとだえた風の中
空を掴んだその翼
休めることは出来なくて

心を何に例えよう
鷹のようなこの心
心を何に例えよう
空を舞うような悲しさを
ANNASUI

ANNASUIの感想・評価

3.0
何回も見た。何故かレビューに入ってなかったので記録。クモがめちゃくちゃ好き。評価低いんですね…?初めて知った。でも私も何回も見た割にはストーリーあまり覚えてない
Dadman

Dadmanの感想・評価

2.7
主題歌がとても良い。
我が家では子供を寝かすときの子守唄。

映画としては嫌いではないけど、脚本として破綻してるところがあってストーリーや背景が分かりづらい。

やはり宮崎駿は物語を映画として再構成することや、それを説明と感じさせずに観客へ伝えることが天才的にうまい。

偉大な父親の後継者として見てしまうとどうしても辛いけど、雰囲気とかは良かったと思います。