ゲド戦記の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ゲド戦記2006年製作の映画)

TALES FROM EARTHSEA

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

2.8

「ゲド戦記」に投稿された感想・評価

世界観にうまく入り込めなかった
所々アキラみたいな表情をするアレンに違和感
自分の中の闇が光を追い出す
なんて幻想的で好きだった
さえ

さえの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

テルーの唄が大好き。
題材は良いのに、全体的に雑に話が進んでいてもったいないと思った。もっと丁寧に描いてほしい。謎演出多すぎ。言葉足らず。
光と影、生と死、メッセージ性は面白い。
あと毎回思うのですが、ジブリは声優なんとかならないのでしょうか。わざとだとしても、棒読みが気になって集中できない。
naochim

naochimの感想・評価

2.0
うーん?アレンが何から怯えて何にそんなに生と死に不安がっているのか理解できずに話が進む(自分の理解力がないだけ?)ため、アレンがハイタカから「自分がいつか死ぬことを知ってるということは、天から授かった素晴らしい贈り物」といわれ大号泣してたけど、全く感情移入出来ず…

それと大問題は声ですね。ハイタカとクモの声くらいしか違和感なく聞けなかったのが本音。棒読みばかりで世界観が台無し。ジブリ好きだからこそショックでした。

何を伝えたかったのか自分はよく分かりませんでした。原作を読むか、ちゃんと調べて理解した上でもう一度見てみたい。
ジブリは はやおさんじゃないと
ダメだなって強く感じたい人は
見てもいいかも?
金曜ロードショーの録画。久しぶりに見たけどやっぱり微妙…手嶌葵さんのテルーの唄は好き!
前評判は散々だったけど、アニメとしてはとても面白い出来でしたよ。
メッセージ性が強くて嫌になったら見るのもやめるのもアリな作品です。
テルーの唄が良い👌

死ぬのがこわい人たちと死ぬこと肯定派の暗めの話?
本読んでみたいところ
tirol

tirolの感想・評価

3.2
金曜ロードショーにて久しぶりの鑑賞。
当時観たときは全く面白いと思わず、というよりかほとんど記憶になかったので新鮮な気持ちで観れた。
とにかく評価が低いイメージだったので、1ミリも期待しないで観たら、映像の綺麗さや独特な世界観に魅了され、個人的にはそこまで悪くないかなという印象を受けた。

やはりこの作品があまり評価されない1番の原因は、話の分かりにくさだと思う。
監督としては細かい説明などを省くことで、作品に深みや神秘的な奥行きを持たせたかったのかもしれないが、その分肝心なストーリーが迷走してしまってるかんじがした。
原作や解説を読んでから観ると一味違うかもしれない。
hanya

hanyaの感想・評価

4.0
ジブリの中では断トツの病みボーイ。
テルーの唄で心洗われる、そりゃ涙も出る。
ラムウ

ラムウの感想・評価

2.9
個人的にはすごい好きな作品なんだけどなぁ

なんたって怖いから子供に人気はでないだろうし、結局よくわからないのが最大の難点( ̄▽ ̄)

でも世界の闇をギュッと濃縮した街の様子はメッチャ好き