ゲド戦記の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ゲド戦記2006年製作の映画)

TALES FROM EARTHSEA

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

2.8

「ゲド戦記」に投稿された感想・評価

あられ

あられの感想・評価

3.7
手嶌葵の歌に魅せられ、
田中裕子の声に惹かれる。
ゲド戦記歌集がお気に入り。
ANDO

ANDOの感想・評価

3.3
つまんないって話ばっかり聞いてたからずっと観てなかったけど、普通に面白いやんけ!世界観すてき

でも途中ちょっと眠かったのでまた観ます
さきこ

さきこの感想・評価

3.5
劇場に行って観た。
いや…アニメ映画としては良かったんじゃない?歌パート長すぎるけど。
これジブリだから色々言われるんだよ。
過去のジブリ作品の切り貼りのような演出で期待を超えてこない。
ジブリにこんなダーク寄りの作品があったとは
いまいち緩急ないっていうか山がないっていうか、、ジブリ見てる感じがしない
テルーの唄で鳥肌立ったのとハイタカが喋る度に釜爺の顔がチラついた
Annie

Annieの感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

何回も観てる✧*
いつか、映画館で観たいな。
クモ役の田中裕子さんが凄い!
ふんわりした田中裕子さんが全然ない。上手い!
テルーの歌も大好き︎☺︎︎
感動する。
アレンが父を殺したことについては、アレンがテルーの歌を聴いて涙した時に「ぼくは、時々自分でも抑えられないくらい凶暴になる。」って言った通りに、
真の名とかある、そういう世界観の映画の中では、アレンじゃなくてもう一人の自分が殺したんじゃないかなーって解釈した。
(レバンネンのことかな〜)
元々ハイタカとの出会いのシーンでも、目が変だったから。
もちろん、殺すなんてすごい罪だけど、そういう話じゃない。ゲド戦記は!
せっち

せっちの感想・評価

2.5
「命の大切さ」「生きるということ」をテーマにしていたがストーリーと内容はいまいち理解出来なかった。結局ドラゴンは何だったのだろう。生命力の象徴だとしたら冒頭のシーンと合わないし。大賢人ももう少し大賢人ぽさ欲しかった。
な

なの感想・評価

4.1
原作者が怒るのも納得な脚本なんだけどアレンが好きすぎてゲド戦記自体も結構好き
闇抱えてる系王子(剣術に長けてて優しくて声が岡田准一だし)さいこう💕
原作を知らないから、そこまで悪くなかったと思う。たぶん原作読んでたら怒り狂うだろうけど。
芝

芝の感想・評価

4.8
背景美術、世界観、登場人物の病み具合などどれもツボ。ジブリの中で一番好きな作品。
テレビで見たあと1週間くらいは周りの友人にやさしい口調で「レバンネンだ」って自分の名前告白したり「テハヌーーーーーーーー!」って両手広げてたちふさがったりしましたね。