ゲド戦記の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ゲド戦記2006年製作の映画)

TALES FROM EARTHSEA

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

2.8

「ゲド戦記」に投稿された感想・評価

ちゃん

ちゃんの感想・評価

3.5
死がテーマだから話は重たいけど個人的には好きかな。テルーの唄感動する。キャラクターの言葉ひとつひとつが心に突き刺さる。
ナユラ

ナユラの感想・評価

2.3
田中裕子の声が物凄く良い。めちゃくちゃ落ち着く。寝る前に絵本読んで欲しい。良かったのはそれだけかな。

公開当時見たんだけど、最初から最後まで全部寝てしまって、いつかリベンジしようと思い温めてました。

うん。やはりつまらなかったな。
タイトルまでの掴みがなさすぎて、しょっぱな寝そうになった。あとは、絵がほとんど同じで、たくさんのセリフだけで話を進めようとするから、ラジオドラマを聞いてる気分になりました。静止画並みに感じるのは、映画としては致命的だと思います。アニメなら尚更。ジブリなら尚の更更。また、テーマも生と死と重たく、とても暗くて、自分が全寝したのも納得の作品でした。いいセリフはちょいちょいあるんだけどな。

原作は未読だけど、本作は物語の「起」にあたるように感じました。死を恐れる主人公が、生きることを選ぶにはもっと冒険し成長していく過程が必要ではないかなという印象です。難しいテーマであるからこそもっと丁寧に、そして、ジブリならできたはずだと、悔やまれる作品でした。

突然の歌とドラゴンの出現はわけがわからなかったなぁ。

主人公めっちゃ魅力のないキャラやったわぁ。
リリー

リリーの感想・評価

2.8
面白かった。ゲドがよく喋るので、観る人は多くを読み取らなくていい映画。
アン

アンの感想・評価

3.0
ううううん…
ルグウィンの原作のがよっぽどいい。
緻密に計算された、文学的な世界はどこへいったの…
ちょっと言葉が足りない気がしました。あと熱も。
テルーの歌は心にずーんと沁みる。
可もなく不可もなく。
女の子の態度は気に食わなかった。
謎めいていて先が気になるストーリーだったが、最後まで観ても謎だった。
最後で色々納得させてくれれば好きな映画になったと思う。
にゃん

にゃんの感想・評価

3.6
内容を完璧に把握しようとする場合、1回観ただけでは難しいかも、、

でも、作品を楽しむ上では、当然、1回観ればわかるし充分だった。

ドラえもんの太陽王伝説みたいな感じもちょいあったかな…
Rin

Rinの感想・評価

3.4
久々に見たけどやっぱり不思議で謎だらけの映画。光と闇がテーマになってるだけに深いなと思うけど。
ただ、曲はすごく好き…!テルーの唄は鳥肌立つし、エンディングも聴き入ってしまう。
酷評されてるのは分かるけどそこまででもない。
アレンかっこいい。岡田准一かっこいい。
Yolice

Yoliceの感想・評価

3.0
" みえぬものこそ。"

スタジオジブリの宮崎吾朗監督作品

以前地上波初放送されたときに見た記憶があるのですが、よく分からないな…と消化不良になっていた作品
というわけでまた地上波で放送されていたのでリベンジです

今作は、アーシュラ・K・ル=グウィンによる『ゲド戦記』シリーズの第3巻「さいはての島へ」を主なベースに、宮崎駿の『シュナの旅』を原案としたもの

ジブリにしては珍しく、全体的に暗めなストーリー
大枠としては死を対比として置き、生の大切さをメッセージとして込めているのだろうなと思いました

異国情緒溢れる街並みやファンタジー要素を盛り沢山の世界観はとても好み
ただ私が原作未読というのもあるかもしれませんが、登場人物それぞれをしっかり掘り下げてくれればもっと物語を掴みやすかったなぁとそこが残念でした
記録。

普段の「名前」と、「本当の名前」の概念がイマイチよくわからないままだったので薄く感じてしまった。そのへんの意味あいがもう少し描かれてたら良かったのかな?

ただ、ハイタカかっこ良すぎ‼︎
私がもっと賢ければ面白いんだろうか、、、クモが結構好きかな。影の存在が難しい。