ゲド戦記の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ゲド戦記2006年製作の映画)

TALES FROM EARTHSEA

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

2.8

「ゲド戦記」に投稿された感想・評価

原作いいです、哲学的で。

映画は何か解釈が違うような、違和感が、、、
壮大な話になりそうなオープニングから尻すぼみのエンディング

意味無く殺された王様が不憫すぎる
mg

mgの感想・評価

2.7
まともに最後まで観てないかも
面白いこれ?
岡田くんこの役には声合ってない
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.0
なんだかなぁっていうストーリー。それにしても、テルーの演技が下手。
あくまでジブリ作品を冠してるので、彩色や表情など残念としか言えないくらい淡々と薄かったです…。
AtoZ

AtoZの感想・評価

2.2
終始何が何だかわからん。
劇場、テレビと何度目かの鑑賞だけど
何度見ても「????」のまま。

長い物語の一部を切り取って使ってるのに、
中途半端にほかの話を小出しにするせいで分かりにくさがさらに炸裂してる。

誰?何?なんで???
という言葉が終始付きまとい、
制作陣はドヤ顔、登場人物はすっきり顔だけど見てるこっちとしては何一つ釈然としないまま終わりを迎える。

テルーは人格がふわふわしすぎててキャラ設定はっきりしないし、
アレンはウジウジ情緒不安定くんでイライラするし、
ハイタカとテナー以外の登場人物が全員胸糞悪いし、
なんやねんこれ。と。

唯一の見どころは、
「死んだ、死んだ、カワイソウ」のところだけ。笑

子供が見たらあかんやつや!
怖すぎるやろトラウマですよ!

なんか無駄に時間が過ぎるシーンが多い。
のでめっちゃ飽きる。
時間の浪費を強いられてる感がものすごい。
繊細な描写をしようとしてるのかしらんけど、
ただただ無駄な移動やドアの開け閉めのシーンなどを見せられて、
意味のあるシーンかといえば意味は無い。

物語が分かりにくいとか、
伝えたいことがわからないとか、
そんな次元を遥かに下回る。
意味不明で単純に面白くない。

仮にしっかり説明があり意味不明じゃなかったとしても多分これは面白くなかっただろう。

ひどい。
scotch

scotchの感想・評価

2.9
初めて見ましたジブリの失敗作。宮崎駿も人の親、子への盲目の愛ゆえ、気づかなかったのか、親殺しの主人公に共感などできるはずがなかろう。子どもに見せられるか!
メインの声優にも疑問符。岡田准一の声、ボソボソと何言ってるか分からん。手嶌葵は歌のみ。菅原文太と田中裕子は良かった。特に田中裕子、私の中ではこのイメージなんです、決して高倉健の妻ではない(笑)
話も分かりにくい。死があるからこそ生が尊い、なのか?龍は何だ?
leomari

leomariの感想・評価

3.6
わりと好きなんだけど何でみんな嫌いなのw
ジブリらしからぬ暗さだからかな?
ストーリーはあんまり覚えてないけど雰囲気が好きだなあ。
西洋的な厭世観が良い。
理解が難しい作品。
どうやら原作はもっとスケールが広いなかでの部分ストーリーの様な感じ。原作を知らない自分には設定環境もよくわからないが、光と影・生と死についての均衡が乱されようとしている世界…
それは魔法使いの生き残りなのか人狩りをする人類なのか龍の存在なのか。。。
そもそも主人公の王子アレン(レバンネン)が父である王を殺害しているという闇あり。
そして真の名前を伝える事で信頼されるが、魔法使いに知られると支配されるという…

「不死とは生を失うという事、死を拒絶する事は生を拒絶する事」だと言うハイタカ(ゲド)のセリフには頷ける。
でも結局のところ、それで何?っていう感じで自分には刺さらなかったです。
おーの

おーのの感想・評価

3.4
アニメで1回で完結させるには難しいストーリーな気が。
実写で何部作かのシリーズだったら絶対おもしろいと思う。