伊緒

アメリカン・サイコの伊緒のレビュー・感想・評価

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)
3.5
ウォール街で生きていくことの孤独。
明らかに狂ってるんだけど、なんだか主人公が可哀想になってくる。振り返ってみればいつも誰とも会話が成立していなくて、誰にも見られていない。誰が何をしようと、誰が何を言おうと無関心な世界。だからこそ、秘書と婚約者には優しさを見せたのかもしれない。狂ってるはずの主人公が一番まともなのかもしれないというラストは、「パレード」のようでした。

それにしてもクリスチャンベイルってすごい。