「アメリカン・サイコ」に投稿された感想・レビュー

踊る猫
踊る猫の感想・レビュー
2016/10/29
4.3
二度目の鑑賞になる。原作が重厚だった(悪く言えばしつこかった)のをかなりコンパクトに纏めたという感じで、初見の時はそのコンパクトさが物足りなくて「愚作」と決めつけていたのだけれど、なかなかどうして悪くないじゃないか。クリスチャン・ベールの演技が実に見事であること(あの肉体美!)、映画にしか出来ないスペクタクルな場面の演出も……いやこれは陳腐と言えば陳腐なんだけれど「計算された陳腐さ」の枠の中に収まっているので逆に作品を味わい深いものに仕上げていると思う。流石に小説のエンディングの絶望感まで生み出すことは不可能だったかな、とも思うのはないものねだりなのか。あとやっぱり欲を言えば(もちろんウィレム・デフォーの胡散臭い佇まいも良いんだけれど)全体的に地味であって、もう少しデーハーでも良かったかな、という。まあこれもないものねだりなのだろう。思わぬ拾い物、といった経験。
NegiDog
NegiDogの感想・レビュー
9時間
2.5
猟奇殺人好きの主人公のお話^ ^
途中、主人公が悪魔のいけにえ観てたな。
レザーフェイス好きなのかな^ ^
Bitdemonz
Bitdemonzの感想・レビュー
16時間
3.0
その当時の薄っぺらい連中を描いているけど、本質的には今にも色々と通じる部分も多く興味深い。
おおみや
おおみやの感想・レビュー
1日
3.2
ニューヨークの高級マンションの一室で、高級スーツを身に纏ったエリート野郎がザクザク人を殺すっていうアンバランスな感じが良い

主人公が殺しをしたのか、妄想だったのかが曖昧な表現にされてるのが少しもやっとするけど、
現実なら社会の無関心さや個性の無い見栄の塊たちへの皮肉、妄想なら主人公の病み具合と、どっちにしても結局楽しめるとこあるなと思った
名刺のデザインや高級レストランの予約で競う薄っぺらいエリートたちと、こだわりありすぎるうえに自分の筋肉大好きな主人公でけっこう笑えた
最勝健太郎
最勝健太郎の感想・レビュー
1日
2.8
仕事の勉強のために。現実と妄想が入り混じり、劇中のキャストもろとも観客を巻き込んで混乱を極めていく。ただちょっとサイコパスがチープかなぁ…殺人鬼か社会の中に溶け込んで27年生きてきた狡猾さではなく、異常性にスポットがあたっていたので。
まわるこ
まわるこの感想・レビュー
1日
3.0

このレビューはネタバレを含みます

ウォール街で働くエリートのパトリック・ベイトマンは同僚と名刺のデザインなどを比べ合い一喜一憂するばかりの日々を送る。しかし彼は実は殺人鬼だった…。
サイコホラーかと思っていたが社会風刺の作品。
全裸でチェーンソー振り回したりセックスを撮影しながら自分の筋肉に見惚れたりとシュールな場面が楽しい。
ラストでは自分の犯した殺人を誰かに見つけてもらいたいと思うものの、
人脈が広くてみんな同じオシャレをしているため顔と名前が一致しないという意識高い系あるある、人死にを隠したい大家、殺したのは居なくなっても誰も気に留めないホームレスや娼婦という要因から、結局彼の殺人は発見されない。
舞台は80年代のニューヨークだが、現代にも通じる無関心を扱った作品。
NarumiSato
NarumiSatoの感想・レビュー
1日
3.4
皆のレビューを見ると、クリスチャン・ベイル目当てで観てる人が多い模様。何か
、、可哀想だなあ、と最初から最後まで主人公に対しての感情は変わらなかった。自称サイコの友達いるけど、ちょっと距離を保とうと思った笑。人が喜ぶなら、と全てを許しては本当にダメだと刺さった😓😓「母性は子供以外に感じるな!」と先輩に言われた事を思い出した😓😓😓
kensyo
kensyoの感想・レビュー
2日
3.5
全裸でチェーンソー持ってダッシュしてくるクリスチャン・ベイルが観られるよ!

ヒッチコックの「サイコ」のリメイクだと思っていたんだけど、違ったみたい。

90年代のある種の浅薄さを極大化したアイロニックなお話。
最後の描写の意味はきちんとは掴めなかったな。
りーま
りーまの感想・レビュー
2日
3.8
名刺の色とか書体でバトルするシーンが最高
p
pの感想・レビュー
2日
-
脱ぎっぷりがよい!!
名刺の字に色を付けて、ドヤっ!→ショック! のシーンうけた。
見た目も中身も同じような人間たちの集まりが名刺に異常な執着を持つ話。
>|