アメリカン・サイコの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「アメリカン・サイコ」に投稿された感想・評価

Nene

Neneの感想・評価

3.8
1人のサイコパスの狂気じみたストーリーかと思ったら違った。
こんな異常者を使って、それ以上に異常な社会を描くための、際立たせるための、強い批判の物語だった…

世のイメージ通りのサイコパス。
強いナルシシズムと強い性欲と血の渇望。
クリスチャンベイルの演技力。
個人的に大好きなウィレムデフォーとジャレッドレトが出ていたのも嬉しかった。

冒頭のアイデンティティの話であったり、人の名前を間違える、自分が娼婦に名前を与えるみたいなくだりって実は物凄く重要なシーンだったりする気がした。

他人に対して無関心で、さらには究極までいった物質主義を痛烈に批判していて、こんな異常者が異常だと扱われないような異常な世の中ですよ、この世はってお話。

ビジネス第一主義のウォール街での不動産屋さんが出てきたシーン、めちゃくちゃ象徴的。事故物件の隠蔽をしてまで、ビジネスを押し通すあの感じ。

なかなか考えさせられる面白い作品だった。
るー

るーの感想・評価

-
2019.08.16
田中

田中の感想・評価

3.5
解説を読まないとラストがわからなかった。クリスチャンベイルの演技に圧倒された。あんなにかっこよくてハンサムなのに気持ち悪く感じた。いきなりのモーニングルーティーンはちょっと面白かった。美容系ユーチューバーか?名刺自慢もなかなかシュールで面白かった。
KnI

KnIの感想・評価

3.5
アメリカが生んだサイコ。
80年代後半の社会に対する痛烈な皮肉が過剰に演出されて笑える。
skitty

skittyの感想・評価

3.0
謎だったー。
ちょっと笑えるしね。
クロエ出てたね。

セックス中あんな鏡みるかね。
マッチョはたのしーな。
ずっと違和感、ずっとどこかおかしい。
th

thの感想・評価

3.0
いまいち。

このレビューはネタバレを含みます

名刺バトルよかった
raga

ragaの感想・評価

1.5
主人公は抑えきれない衝動から殺人を犯す。己の存在を確認するかのごとく殺人を犯す。その存在は最後に否定されて彼は何者なのか自問する。真相を追及する探偵はそこにいない。彼は日常に戻る。その日常は現実なのか虚構なのか、彼の心情は摑みどころのないまま、何も残らないヘンテコな作品。様々な引用から映画愛だけはほんのり伝わる。
yuko

yukoの感想・評価

3.8
クリスチャンベイルやっぱりすごい。

冒頭女性バーテンに暴言吐くシーンや、名刺のやりとりとか、ちょっとしたシーンに少しずつ違和感があってなんだか見ているうちによくわからん風に。

高級店を予約されただけで殺したり、セックスしながら鏡に向かってポーズとったり、かっこいい名刺作ったから殺そうとしたり、裸でチェーンソー持って追いかけ回したり、まぁきもいきもい!!

最後の方になって「あぁこれは何もやってなかったパターンか」と思ったんだけど、弁護士との会話や最後の言葉なんかでそれすらも確信が持てなくなった。

いろんな人の解説とか読むとどっちの解釈もしうるんだなーって。不動産屋さんとのやりとりはアメリカのビジネス至上主義なところを表してるとかなんとかでなるほどーーーって。そして周りが無関心すぎて彼の罪もなかったことになるみたいなのが一番腑に落ちたかな。

クリスチャンベイルめっちゃかっこよかったのに途中からジムキャリーに見えて仕方なかった笑!
6151

6151の感想・評価

-
最後まで観て、呆気にとられてしまい
二度見。

あり得ないし、言いたい事も
分からんでもないけど
そういう世界があったとしたら
怖い。