ゆあん

仮面の男のゆあんのレビュー・感想・評価

仮面の男(1998年製作の映画)
3.7
四銃士がひたすらかっこいいオヤジで困る。ディカプリオさんは一人二役で両極端な演技をしているのが楽しそうだった。

毎度思うんだけど、このあたりの時代の映画となると衣装を見てしまう。派手派手フリフリキラッキラでいい。このあたりの時代の女性はみな豊満でいい。時代的に太めが殊更好まれていたからですねぇ。

ところで、デュマの原作を読んでいないのでなんとも言えないけど結末はこれでいいのか…?あくまでもダルタニアン物語がベースなだけなのかな…
上映時間の割には人物の掘り下げが足りない気がするのが残念ですがさらさらーっと見るにはちょうどいい。結局老四銃士がかっこよくてディカプリオさんが素敵ならそれでいいのだ的な映画。