シューズ

仮面の男のシューズのレビュー・感想・評価

仮面の男(1998年製作の映画)
3.2
中世の服装かな。大好きです。
コルセットとか特に。
フランス🇫🇷。
僕も世界一美しい国だと思います。
行ったことないけど。

はい。
いやー時代を感じる映画ですね〜
こーゆーフランスの圧政や革命はとんでもないドラマがいっぱいあるね!
ラウルが可愛そーだけど、ルイ君も気持ちのが分かるんさな僕は、、
孤独をより孤独になる術で忘れる、なんとも悲しーんです。
印象に残ったシーンは訃報を受け取った時のアトス。
大体映画とかだと NOooo!! って叫ぶんですけど彼は言葉を発さず心の血を根こそぎ吸い取られたかのように崩れ落ちる。
想像を絶するショックだったでしょうね。
あとクリスティーンとラウルが悲しー、

あとセリフがいちいちかっこいーんよな。
破れる誓いなど誓いではない!
フゥ!
勇気と感動の映画でした。