仮面の男の作品情報・感想・評価

「仮面の男」に投稿された感想・評価

糸

糸の感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

最後の最後までどうなるかわからない展開で、ドキドキしていたら一瞬で終わってしまった。

豪華絢爛で美しい衣装と宮殿と音楽とは裏腹に、民衆や剣士たちは血で汚れていて、そのギャップが恐ろしかった。貴族たちのドレス!どれも可愛かった〜舞踏会のシーンが素敵だったなぁ、

レオ様がほんっとうに美しくて……美少年………
ルイのときはずる賢そうで、ひとことで言えばいけすかない奴。。でもやっぱり気品があって綺麗だった
フィリップのときは、同じひとだと思えないほど、不安そうで(特に最初の方は)怯えていて、守りたくなっちゃう感じで、、
本当に同じひとに見えなくて、表情だけで違うひとになれちゃうの感動した…

最近、世界史で習った中世フランスの空気がすこ〜し味わえたような気がして楽しかった!
K

Kの感想・評価

3.5
【ダルタニアァーーーーーン!】

『三銃士』でお馴染みのアトス、アラミス、ポルトス、そしてダルタニアン。彼らが歳をとってオジさんになった後のおはなし。

権力を笠に着てやりたい放題のフランス王ルイ。無駄な戦争による食糧不足で国民の不満も頂点に達しようとしていた。

そんなルイに息子を殺されたアトスをはじめとして三銃士はついにブチ切れ、王様に反旗を翻すことを決意する。ところがダルタニアンとは意見が合わず袂を分かってしまうことに…。

果たして三銃士はダルタニアンと殺し合うことになってしまうのか!?そして物語のカギを握る仮面の男の正体とは一体…!?って話だった。

それにしても 三銃士を演じるのがジョン・マルコヴィッチ、ジェレミー・アイアンズ、ジェラール・ドパルデュー、そしてダルタニアンがガブリエル・バーン。このえげつないほど存在感のある役者たちの中にあって若きフランス王を演じるレオナルド・ディカプリオも負けてないのがすごい。やっぱりスターだね。

あと ジェラール・ドパルデューの鼻ってすごい形してるよね。おもしろかった。


【スコアと内訳】

スコア:3.5
------
①脚本:0.6
②演出:0.6
③演者:0.8
④撮影:0.8
⑤音楽:0.7
------
あーり

あーりの感想・評価

3.8
なんかところどころ、観たことある気がしたな。
レオ様イケメン。
最後すごく泣けた。
レオ様が双子の王子で嬉しい。ストーリーもよき!!
soso

sosoの感想・評価

4.8
ストーリーが泣けるしずっと綺麗な画
物語そのものが良すぎた
レオ様って呼ばれるのがわかる
舞台はフランス。ルイ14世がフランスを統べる時代に牢獄で鉄の仮面をつけた1人の囚人が丁重にもてなされて生活していたというミステリアスだが実話のお話である。

記録だけが残っており、仮面の男の素性などは未だわかっていない。が、その話を元に作った話。

牢獄で丁重にもてなされていたことから私は仮面の男がビスケット・オリバなのではないかと思い視聴。実際はどうであったかはぜひ観て確かめてほしいものだ。


あのね、脚本がすごく良かった!色々と組み込まれてはいるが分かりやすく、失墜した三銃士も描かれていて、観て損はないだろう。

あれも聞けるよ!
「One For All, All For One」
>|