ピートロ

顔のピートロのレビュー・感想・評価

(2000年製作の映画)
4.0
先日の「世界一受けたい授業」でポン・ジュノが家族をテーマとした邦画のおすすめベスト3として『トウキョウソナタ』と『歩いても歩いても』と本作を挙げていた(※本作は正確には家族ものではないという注釈付きで)。
福田和子の事件をモデルにしているが、藤山直美演じる吉村正子は情緒が欠損しているかのようなキャラクターで、度重なる不幸に辛酸をなめつつも、反対にいきいきとしてくるところが面白い。
コミカルな仕草や会話や劇伴により悲壮感を排除し、解き放たれた精神の輝きのみにフィーチャーしている点がすばらしかった。