JIZE

ウォーターワールドのJIZEのレビュー・感想・評価

ウォーターワールド(1995年製作の映画)
3.6
北極の氷が溶けて海面が上昇して海だけが広がる海洋惑星を舞台に陸続きの伝説の島"ドライランド"を目指す道中で立ちはだかるディーコン一味との決闘を描いた海洋アクション映画‼︎あの高揚感ある名曲と環礁と呼ばれる浮遊島を舞台にとるユニバーサルスタジオのあの世界観が広がり感動を覚えるほど再現度の高さにまず感動する。まず映画を観た後だとディーコンが部下に従える"スモーカーズ"の威厳や退廃した世界観の中で主演ケビン・コスナー演じる主人公マリナーを引き合いに波乱に満ち溢れる構図の見やすさはコテコテの奪還プロットではあるが面白かった。凶暴な風貌とは裏腹にディーコンの間抜けな感じや銃撃戦が絶えず飛び交いアクション映えするフィールドの大味さなどもさすがユニバーサル関連の作品だと観てて唸る箇所も多かったです。おもに海版マッドマックス的な手垢もあったり序盤と終盤の砲弾や銃弾が四方八方に飛び散りその状況をマリナーがタフに飛び越えていき畳上げる感じもだいぶ好みだった。時代背景がボヤけた世界観の油分たっぷりな馬鹿っぽさや無我夢中で主要キャラたちが最後まで走り続ける感じを許容できればそれなりの手応えを含んだ快作に思えました。将軍ディーコンのやばい執拗さや悪知恵を効かせた感じなど悪サイドのヴィラン視点でも楽しめる名作軍の一品です。