マヒロ

ロッキー2のマヒロのレビュー・感想・評価

ロッキー2(1979年製作の映画)
4.0
前作が本当に好きなので、最高のラストで終わった『ロッキー』の物語の続きはあんまり興味ないなぁと思っていたんだけど、年末に『クリード』もやることだし、と重い腰を上げて鑑賞。

僕と同じく前作の戦いで燃え尽きてしまったロッキーは、伴侶となったエイドリアンが妊娠していることも知り、身を固めようとボクシングを辞めることを決意。が、事務の仕事を探してみるものの学の無いロッキーに仕事をくれるところはなく、ネームバリューを活かしてCM撮影をやってみるが、不器用さのカタマリで作られた男・ロッキーに演技など出来るはずもなく、謎のプライドから監督と口論にまで発展してしまいCMを降ろされてしまう。そんなこんなでとことん上手くいかず途方に暮れていたところに、前作の宿敵・アポロより再戦の挑戦状が届き、やはり自分にはボクシングしかないと練習を再開するも、今度はエイドリアンのことが気にかかってボクシングにも集中できない…と、とことん不器用すぎるロッキー。

やってることは前作とあんまり変わってないように見えるんだけど、ドン底からの成り上がりを描いたお話だった『1』に対して、今回は栄光からの転落・挫折を描いていて、そのまま前作のアンチテーゼになっているのが面白い。試合も「負けても良いんだ」と言っていた初戦から一転、目的が「勝つこと」になったことで、より緊張感が生まれていたのも良かった。

前作にはやっぱり及ばないけど、「売れたからとりあえず作りました」な続編ではなくて、やり残していたことにキチッと決着をつけている良い続編だったと思う。

(2015.243)