まつき

ロッキー2のまつきのレビュー・感想・評価

ロッキー2(1979年製作の映画)
4.1
ロッキー1の直後が描かれる続編。ロッキー1はラッキーチャンスをモノにして人生を変え、成り上がる話だったが、本作は名声や妻を得たことによって背負った運命と向き合い、戦う話。私は本作の方が好みだった!

ロッキー1のレビューではふざけすぎて、知り合いから「怖いよ。あれじゃあサイコ野郎だよ。」と言われてしまったので、今回はロッキー1の分まで頑張ります。

ロッキー1のレビューで語れなかった、ロッキーの魅力。
がっしりした体型なのに、たれ目でとろ〜んとしていて、言動はなんだかおとぼけ風で、無骨で優しくて男らしい。なんてナイスガイなのか!

そして、ロッキー2のロッキーといえばだ。エイドリアンのことばっかり考えてるロッキーが本当に可愛い。エイドリアンの窮地に寄り添うロッキーの姿が本当に可愛い。さらにキャラクターの幅が広がった。

個人的に好きなのは、試合前記者会見でのとぼけた受け答え。あれぞロッキーの真骨頂!(僕の中では!!!笑)

クライマックスは1と同じく、ボクシングの試合だったが、1と比べお互いに背負うものがあり、意地があり、とても燃える試合。プロ格闘技は、遺恨あってこそ面白いというもの!

右肩あがりに感情が揺さぶられ、最後にガツンと感動して涙が出た瞬間にエンドロールに入る、この1と2の終わり方は本当に素晴らしい!

もうすっかりロッキーのファンになってしまった!