わたP

ロッキー2のわたPのレビュー・感想・評価

ロッキー2(1979年製作の映画)
3.5
スタローンって、正直ロッキーシリーズ見るまでは、筋肉バカなアメリカンだと思ってたんですけど、めちゃくちゃ悲しい人なんですね。
全然売れない役者からロッキーの1作目を作ったのは知ってたけど、2作目までここまでとは。

一作目の件で一躍時の人になったロッキーが、ダサい虎のジャケット買ったり、運転ヘタクソなくせにスポーツカー買ったり、先の事考えずに家買ったりと、持たざるものが持ってしまったが故の悲しい勘違いをしまくってしまいます。でもそれもエイドゥリアーーーーーンの為。
序盤はロキドリアンのイチャイチャを見せつけられて、いつになったらボクシングするんだよ!と思ってしまいました。

一作目の試合でもう懲りたので、ボクシングはやめよう。となったロッキーが、他の仕事に奮闘する所なんかも見せられたりして、檻に入れられて香水のCM撮ってるのなんて悲しすぎる!

そんなこんなでなんや色々ありまして(エイドゥリアンの昏睡とか、いる?)
やっぱり俺にはこれしかねえ。と、またもボクシングに打ち込むロッキーなのでした。


っていうとこまで行くのに1時間半くらいかかるから、ボクシングっていうよりは、悲しい男の話をずっと見させられてる感じになってスタローンはそうとうこじらせてたんやなって思いましたよね。ロッキーが一作目でスターになったのと同様、スタローンも同じような思いだったのではないかと思うわけです。
このペースで行くと、3は言い寄ってくる女が増えて3股ぐらいする話で、4は息子にボクシングやってもらいたいのになんかバンプオブチキンとかにハマり出してバンドやるとか言い出す息子に悩む話で、5はその息子が結局なんにもならずにフリーターでフェスとか行ってる女と付き合ってチュープリ撮ってるの見つける話で、ファイナルはエイドリアンが韓流にハマりだして追っかけになったのに悩む話になるんじゃないかと思ってます。ほんでクリードはパリピの意識高い系で、まあいいや。

なんかロッキーシリーズまともに感想書ける気がしない。