ナイト・オン・ザ・プラネットの作品情報・感想・評価

「ナイト・オン・ザ・プラネット」に投稿された感想・評価

Aika

Aikaの感想・評価

4.1
ロス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキを舞台に、タクシー運転手と乗客の一期一会をオムニバス形式で描いた作品。

簡単にそれぞれの感想。

ロス:ボーイッシュなウィノーナたまらん…!! そのうえ地に足がついた人生設計を楽しそうに語る浮つき感ゼロな感じが更にたまらん…!!

ニューヨーク:一番ほっこり。ふたりの会話が面白くって何度も吹き出した。
来年の初NYは地下鉄でホテルまで行く予定だけど、これを観たらタクシーで行きたくなった。窓から憧れの景色が見えたときの感動って永遠に残るもんなぁ。

パリ:疎外感で繋がりそうで繋がらないふたりの噛み合わない感じがいい。
盲目の女性すごく綺麗だなと思ったらベアトリス・ダルだった。気づいたら何となく怖くなるラストシーン笑

ローマ:神様なんていないんじゃ…と思うほど不謹慎だけど笑える。このタクシーには乗りたくない。

ヘルシンキ:唯一話が重い。それでも明けない夜はない。雪に差す日が美しかった。


私もロスでホテルまでの1時間、とってもおしゃべりな運転手さんに当たったことがあります。
実はそれが初のロスで緊張してたんだけど、運転手さんがお喋り上手ないい人であっという間に仲良くなって。
そのときアメリカという国で存分に楽しむコツを話してくれたんだけど、その中の一言が私の価値観を大きく変え、その後数度に渡るアメリカ旅行で得るものを格段に増やしてくれたので、あの出会いに私は今でも本当に感謝してます。

そんな思い出を重ねながら、悲喜こもごもしみじみと、冬の夜中に観るのにぴったりでした。
渇いたギターの音、夜にしか見えない灯、懐かしい香り。暗いけど闇じゃない、渇いてて湿ってる。その夜は忘れない。いつも終わるようで終わらない、終わりかけに皆うそだと言ってしまいそうな夜が、地球の上をころころ転がる。すべての懐かしい夜明けにトムウェイツを添えて。
どこかの国の、どこかの街の日常なんだけど、夜から明け方にかけてのスローな、タクシー内の出来事。それだけでステキな映画になってしまう。
naoko

naokoの感想・評価

-
ロベルトベニーニの羊のくだり最高だった。
Erina

Erinaの感想・評価

3.3
細切れで観られる映画。音楽好きだったなぁ。後味悪目の映画。
二宮

二宮の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

それぞれの夜の温度やなんや想像して地球のスケールを感じてみたりもするが、人情というか人類愛がそんな無い人間なのでエピソードたちをあんま愛せなかった ぜんぜん気が重くなった 猥談を語りかけすぎて司教が死ぬのは草
mg

mgの感想・評価

3.2
ニューヨークとローマ、ヘルシンキも好き。
ウィノナ・ライダーは可愛いなぁ。
今まで観た映画の中で一番好きかもしれん…

ニューヨークとパリが本当に良かった(o^^o)
ローマはめっちゃ笑った www

お洒落な雰囲気と世界観に引き込まれる映画だった…
>|