ナイト・オン・ザ・プラネットの作品情報・感想・評価

「ナイト・オン・ザ・プラネット」に投稿された感想・評価

Aika

Aikaの感想・評価

4.1
ロス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキを舞台に、タクシー運転手と乗客の一期一会をオムニバス形式で描いた作品。

簡単にそれぞれの感想。

ロス:ボーイッシュなウィノーナたまらん…!! そのうえ地に足がついた人生設計を楽しそうに語る浮つき感ゼロな感じが更にたまらん…!!

ニューヨーク:一番ほっこり。ふたりの会話が面白くって何度も吹き出した。
来年の初NYは地下鉄でホテルまで行く予定だけど、これを観たらタクシーで行きたくなった。窓から憧れの景色が見えたときの感動って永遠に残るもんなぁ。

パリ:疎外感で繋がりそうで繋がらないふたりの噛み合わない感じがいい。
盲目の女性すごく綺麗だなと思ったらベアトリス・ダルだった。気づいたら何となく怖くなるラストシーン笑

ローマ:神様なんていないんじゃ…と思うほど不謹慎だけど笑える。このタクシーには乗りたくない。

ヘルシンキ:唯一話が重い。それでも明けない夜はない。雪に差す日が美しかった。


私もロスでホテルまでの1時間、とってもおしゃべりな運転手さんに当たったことがあります。
実はそれが初のロスで緊張してたんだけど、運転手さんがお喋り上手ないい人であっという間に仲良くなって。
そのときアメリカという国で存分に楽しむコツを話してくれたんだけど、その中の一言が私の価値観を大きく変え、その後数度に渡るアメリカ旅行で得るものを格段に増やしてくれたので、あの出会いに私は今でも本当に感謝してます。

そんな思い出を重ねながら、悲喜こもごもしみじみと、冬の夜中に観るのにぴったりでした。
takashi

takashiの感想・評価

4.0
安定の日常系。
ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキの5都市のタクシーの中の話なんだけど、どの話も会話のキレが半端ない。特にパリの視覚障害の女性が好き!ローマ編はちょっとキツイというか苦しい。

5都市の雰囲気も味わえておすすめ。もう一回見たいです。
トム・ウェイツの歌もいい感じです。
N

Nの感想・評価

4.5
パターソンを観てからジャームッシュ作品をおさらい中。こちらも全話好き。選べない。

ロサンゼルスの話はタクシー運転手のコーキーのファッションが可愛いし、ニューヨークの話は2人の漫才みたいな会話がずっと笑って見ていられるし...。何度も観たい作品。
タバコがいい。
環境が変わり忙しくなって時間の流れが早いこの頃。そんな時、こういう映画が時の流れをゆっくり落ち着かせてくれる。
学生の頃、今に比べて時間がゆっくり流れてた時はこういう映画は少し退屈に感じたかもしれない。
でも今はこういう映画が観たくてたまらなくなってる。
タクシーの運転手と乗客の会話だけ。言葉にすればこれだけだけど、めちゃくちゃ面白いし世界観に吸い込まれる。
ジム・ジャームッシュもっと観よ。
あとウィノナ・ライダータバコ吸いすぎ
ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
5つの都市の5つの夜のタクシーの中での物語。オムニバス形式。

ドラマがあるなぁ。個人的には愉快なニューヨークの回が好きだなぁ。
ところどころで映る海外の夜の街並みも良き。

ジムジャームッシュは苦手意識あったけど、他の作品も観直してみようかなと思った。
ジムジャームシュ作品では最も見易い映画ですね

Nightって作品名になってるから深夜に見易いようになってるかも
特に何が起こるわけでもない。世界の5つの都市のタクシードライバーの話のオムニバス。
ウィノナ・ライダーやロベルト・ベニーニなどの大物を起用しているものの、話自体は非常に地味であるが、その町の雰囲気やまったりとした感じを好むのであれば、非常にお洒落で引き込まれる作品である。
個人的には少し退屈な印象を受けてしまったが、これがジャームッシュの空気感ということで、自分としても新しい体験であった。
Daisuke

Daisukeの感想・評価

4.5
タクシードライバーと乗車客のそれぞれのストーリー。心温まる話もあればどうしようもない話も。

それぞれのストーリーのドライバーがどういう経緯でドライバーになったのか、また客はどこに行き何をするのか気になってくる。それぞれの人生や考え方があり、もっといろいろなパターンが観てみたいと思った。

ローマのドライバーのマシンガントークとカボチャと羊の話がぶっ飛んでて忘れられない 笑
神父じゃないって言ってるのに勝手に懺悔し始めるし
dsuke

dsukeの感想・評価

4.8
日曜日の夜中に見るのがオススメ。
何度だって見れる映画
>|