ハンナの作品情報・感想・評価

「ハンナ」に投稿された感想・評価

前情報からバンバンアクションシーンが出てきてハンナが無双してくれるのかと思いきや、思ったよりアクションシーンが少なくてがっくり。
序盤の流れからもこれから色々暗殺者としての活躍が見られるんだろうな…!という期待感が煽られる感じなんですよねー…だから余計にがっくり!

ただ序盤で捕まった時の無双シーンは とても良かったです!
それ以外のアクションシーンは……戦闘の申し子のはずなのに逃げ惑う場面が多く、うーん…ほんとにそんなつおいの?という感じでした。

そしてラストシーンもばっちりダサい!

小さな頃から暗殺者として育てられた、という情報は忘れて、小さな頃から森の中で育った一人の少女が普通の少女になろうと頑張る物語。ターザンやアマラとカマラのような感じで観た方が面白い作品だと思います。
テイストも音楽も編集も展開も大好き。ハンナも可愛くて雰囲気あっていい俳優さんだなあって思ったら「ブルックリン」主演のお嬢さんだったのか。アクションも筋力の弱さを感じない素晴らしいものだった。序盤の美しい風景から最終盤まで全然退屈せず、ただただ美しくスピード感、リズム感溢れる映像が怒涛の如く展開する。そしてラスト。予想は立っていたけど、キタキタキタ〜!バンッ!みたいなカタルシス。また好きな映画が増えてしまった。
Insop

Insopの感想・評価

4.0
暗殺者の娘として厳しく育てられた娘が、母の仇を討つため、CIA 捜査官と戦うお話。

主演のシアーシャ・ローナンがものすごく良いですね。
金髪碧眼で、触れれば壊れる妖精のような、スパッと喉を切り裂く死神のような。

そして、アクションはスタイリッシュで、
ものすごくキレッキレ。
細身の少女が格闘戦で大の男達をバッタバッタと叩き伏せるシーン一観の価値ありです。

全体的にスピーディでテンポの良い展開は、例えばアンジェリーナ・ジョリーの「ソルト(2010年公開)」を彷彿とさせます。

敵ボスキャラを演じるケイト・ブランシェットがまた良いですね。

観ておいて損のない傑作。
ケミカルブラザーズが音楽を担当してるとのことで観てみました。ストーリーは一行で書けそうなくらい単純。音楽がとにかくカッコよくて、ヒロインが妖精過ぎたのでオッケーです。もうストーリーや合理性は二の次で、スタイリッシュに作り上げることに注力してる潔さは気持ち良かった。意図してるかどうか知らんけど。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.8

『不思議の国のハンナ(と呼ばれしアサシン)』でしたね…良くも悪くも“心臓、はずし”ちゃってくれる感が愛おしくなる余韻にニヤリ。
そんなジョー・ライト監督初のアクション作品は過去作とは一線を引き、ロード・ムービーなテイストでいい感じの緊張感にて一気に見せ切る狙いもあってか…思った以上に惹き込まれたのは確かで、ラストのワンダーランドなバトルが好き。
そして、歪ながらもシャープな映像もいいが、それ以上に相変わらず音楽にセンスを感じる…ケミカル・ブラザーズの起用等、巧いなぁ。
グリム巌流島で最強オテンバ娘とぶちギレ歯磨き女が因縁の対決を果たす。

あなたが、彼女の「心臓、外しちゃった…」の甘い声を聞いてしまったら、直後に気持ち良く昇天してしまうことを約束します。
noa

noaの感想・評価

3.2
2回目鑑賞。
ハンナの護身術?は研究から生まれたこともあって桁外れ。最初の狩りの部分はなんだか心が痛んで見ることに対して気持ちが進まなかったけど、テンポよく進んでって楽しんで観れた。ただ、結論はなんなんだろうって感じ。ヒトとしての情や友達や家族の存在を大切と思わせてくれるのはあるが、、。
だぶ

だぶの感想・評価

3.0
父にスパルタ教育を受けた少女がCIAと鬼ごっこする映画

“数シリーズ続いた人気映画の主人公の出生の秘密を今解き明かす!”みたいな内容
>|