パリ、テキサスの作品情報・感想・評価・動画配信

「パリ、テキサス」に投稿された感想・評価

YYamada

YYamadaの感想・評価

4.1
【ロードムービー佳作選】
 ~旅を通じて人生を紡ぐ~

◆旅の目的
 1⃣ 失踪から帰還した自分の記憶を
   取り戻す旅
 2⃣ 息子との関係再構築と
   失踪したままの妻の捜索
 
◆旅の工程
 1⃣ テキサス州→ロサンゼルス
 2⃣ ロサンゼルス
   →テキサス州ヒューストン

〈見処〉
①ドイツ人監督による、
 ロードムービー最高峰作品
・『パリ、テキサス』(テキサス州パリス」の意)は、1984年に製作された、ドイツ人監督ヴィム・ヴェンダース監督による、西ドイツ・フランス合作映画。脚本は、俳優サム・シェパード(『ライトスタッフ』)が務めている。
・舞台はアメリカ・テキサス州。唐突に、4年間行方不明になっていた兄トラヴィスが入院したとテキサスの病院から連絡を受け、弟のウォルトは、兄を迎えにテキサスに飛ぶ。久しぶりに再会したトラヴィスは身なりがボロボロ、廃人寸前の様相。
・一切言葉を話さず、連れ帰ろうとしても逃げ回っていたトラヴィスだったが、次第に正気を取り戻していき、ウォルトの自宅にて、7歳になった一人息子のハンターと対面する…
・本作は、テキサスを一人放浪していた男による家族との再会と別れを描き、第37回カンヌ国際映画祭でパルム・ドール(最高作品賞)を受賞。
・アメリカを舞台とした、最もアメリカらしい映画をドイツ人監督がが作ったことは、ハリウッドに大きな衝撃を与え、旅路により自分自身を見直していく本作構成は『レインマン』など、後続の作品にも影響を与えた、傑作ロード・ムービーである。

②二部構成の旅の軌跡
本作は2つの旅を通じ、主人公トラヴィスの変化を描いている。
・前半は中年の兄弟旅を通じ、トラヴィスが自分を取り戻す姿を描かれている。当初、全く喋らなかったトラヴィスに手を焼く弟ウォルトであったが、トラヴィスが両親が結ばれた地、テキサス州のパリスを目指していたことがわかり、次第にコミュニケーションがとれるようになっていく。
・トラヴィスにとってパリスは、心の平安を求める、約束の地であったのだ。
・後半は、一人息子との妻探しの旅路を通じて、家族愛を再構築していく物語。すっかり正気に戻ったトラヴィスが、息子との関係を取り戻していく。
・また、妻との再開場所はなかなか衝撃的。テキサスのど真ん中にこのような場所があったのか??自身の素性を語らず、妻と対話していく場面は非常に見応えがあった。
・家族愛を取り戻したトラヴィスが終盤で下した彼の決断は、自分から逃れるために彷徨った4年間の失敗を繰り返さないようにした、家族への愛情がなせる業だと感じるラストシーンであった。彼の心は平安の地=パリスにあったはずだ。

③結び…本作の見処は?
○: 冒頭~前半部のアメリカ原風景がとにかく美しい。
○: ちょっとした動作や仕草を通じて、各登場人物それぞれの心情が丁寧に描かれている。
○: ユニークな構図が印象的。とくに兄弟旅のドライブシーンにて、レンタカーのフロントガラス越しから撮影された、ドアミラーを中心に登場人物と車窓が左右配置した構図は素晴らしい。
まる
○: マーゴット・ロビーを彷彿とさせる、当時23歳の早熟ナスターシャ・キンスキーの圧倒的な美しさ。当時のトップクラスでは?
○: スライドギターの名手ライ・クーダーによる劇中曲は乾いた大地にマッチしている。
▲: ほぼ廃人状態だった主人公トラヴィスが平常心を取り戻す様が急すぎる
▲: 行けず終いのテキサス州パリを作中で見たかった。
家族の再生、崩壊の描き方が独特で面白かった。ハンター君にとっての父親、母親は結局どうなったのか、この答えはある程度視聴者に委ねられる部分だと思う。
ゆったりとした前半と迫真の長回しで作風がガラッと変わる後半のコントラスト、個人的にはたまらない。双眼鏡という壮大な伏線をラストで回収、お見事。
TOM

TOMの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画は関係したスタッフ、監督もよく覚えていないぐらい撮影が大変だった映画でストーリーもどうしようか?行き当たりばったりで作られた写真だと改正版で書きましたけど更に追記。この映画の解釈を教えたことがないです……ということも前に書いたお復習い。トラヴィスは俺はクズだ自覚した久しぶり会った自分の息子と接しているうちにトラヴィスは自分の不甲斐なさに気づく。『俺はどうしようもない』と。

自分のルーツだの何だのって面倒臭いことばかり言い逃げてるだけだ。トラヴィスは何を気づいたかのか?この映画のテーマ『パリ、テキサス』タイトルにヒントは隠されてますけど『遠いようでいて近い』分かったと自分は思っていても家族がそれをどう思っているのか?家族を自分の甘えで『家族だ分かってくているだろう』なんて、そんな勝手な想いに2人を振り回して家族が想う自分への想い、その本当の想いを知ろうとしなかった自分に彼女や息子を幸せに……出来るわけがないと気づく、そして不器用な方法かも知れないけどトラヴィスらしいと言えばトラヴィスらしいやり方で最後は2人を本来あるべき姿へ戻す。

如何わしいテレクラみたいなところで働く奥さんと久しぶりに出会いトラヴィスは情けないとショックでまた酒で逃げるシーンも正に『遠いようでいて近い』の顔がお互い見えない場所演出でシーンが撮られている。『お酒くさいお父さんは嫌いだ』幼い頃の息子そして奥さんを酒で無くしたのにまた酒で成長した息子に今度はどんな仕打ちをするつもりだ?。自分の甘えが 二人の自由を奪った本来あるべき二人の姿、一番近かった二人を遠くへ引き離した。

戻せるのは自分しかいない、できない。

行き当たりばったりで作ったと思えないぐらい編集が素晴らしいですよ笑っちゃうぐらい本当に(笑)。初見で劇場で鑑賞して笑いながら唸った(笑)。上でも書きましたがストーリーの中に『遠いようでいて近い』作品のテーマがたくさん散りばめられていて例えば、ヒューストンへ行く旅の途中でトラックの荷台に乗る息子とトランシーバーで話をするシーンも「近いのに遠い」嫁の居場所がヒューストン。息子は宇宙に興味深々、例え話も宇宙に掛けて話をトラヴィスにする。ヒューストンは国際宇宙センターがある。宇宙に遠いようでいて一番近い場所。こんな風に上手く作ってる。

二人を自由な世界に戻すことそれがせめてもの償い。もう2度と自分は同じ失敗を繰り返さない。トラヴィスは逃げたんじゃない…………。これがまた気持ちがよく解るトラヴィスの(泣)。俺も同じ(泣)。若い時は自分に都合悪くなると人に同意を求めて自分を非難する人を責めたり自分が悪いのに何かのせいにしようとして逃げる。

トラヴィスは自分のルーツを探れば……何て云ってるけどそうじゃないだろう?、久しぶりに息子と会い、そして奥さんと会う気づくトラヴィスは………アホだ俺は(泣)。俺も何度も今謝りたい女の子とか女性だけじゃないけど沢山居る。トラヴィスは2人を家族に戻しどこへ行ったのか?、まぁ俺なら弟のところへ行き『とりあえずあの〜〜申し訳ないけど働かせくれませんか?(泣)。兄弟、血の繋がりは一切気にしないでください!ガンガン扱き使ってください!よろしくお願いします。後、お借りしているお金なんですが………給料から………天引きでお願いします(泣)』


ですね冗談無しで。2人を戻した幸せだ、じゃあ俺も……そんな事は口が裂けても言えない。2人を引き離した張本人は自分だと。いつになるか解らないけど、また一緒に暮らせる日までもう一度自分を見つめ直す。そりゃあ2人はトラヴィスに戻って来て欲しい思ってますよ間違いなく、でもその甘えに応えたら元の木阿弥ですよ。トラヴィスは気づいたんですよ。自分で自ら今度は辛い状況へと導いた。

それは心からトラヴィスが2人の幸せを願っているから。 『自分のルーツはテキサスにあるパリにあるかも知れない』…遠いようでいて近い自分のルーツ……皮肉だ、ルーツなんか関係無い遠くにいても近い存在。答えは遠いようでいて近くにあるのに……。 最後、ハイウェイを走る車中でそんなことをトラヴィスは考え想っているかも……かもですよ(笑)。 とこの写真を知りたがっていた姫に説明した(笑)。

泣けるね(泣)……と。トラヴィスは正に俺だ。これが初めてこの映画を観たときの第一印象です(笑)。 そして続きがあるんですよ実はね。観終えて新橋で鑑賞したんですが当時『アメリカの友人』以前の作品ヴェンダース特集の劇場でこの作品は新しい作品なんですが何故か上映をしていてそれが初見なんですけど、余りにもこの作品を観て気分良過ぎてテンションハイです。私はトラヴィスのように歩いた新橋から渋谷まで歩いた。

最後にパリテキ雑学。子役の少年の演技ですがセリフ以外全てアドリブです。ハリーディーンスタントンのアイデアをヴェンダース監督が受け入れた。あの少年の愛らしい演技。ラスト、母親と抱き合うシーンも全て少年のアドリブです。それとあの少年がこの映画のオーディションに合格した理由はナスターシャ・キンスキーが立ち会っていて『可愛いこの子(笑)』これだけです理由は。笑いますよ(笑)。

サム・シェパードの脚本も全て行き当たりばったりで書かれた。全て完成して撮影に入った作品じゃないテーマ曲も当初ボブ・ディランを予定していた。カンヌ出品に間に合わないしディランの旧作をテーマ曲にしたくないあくまでも新曲。間に合わないし金も無い。ライ・クーダーとたまたま面識が合った監督がダメ元で頼んでみよう。ライはラッシュの映像を観ながらあのスライドギター基本的なフレーズを奏でていた『それで行こう』

あのフレーズはスライドギター基本フレーズなんですがだからこれと云って難しいことはしていないんです(笑)、自分もギターを弾くので。録音もカンヌに間に合わせるために一日で録音した。

『映画を観るお客さんは良い映画に出会うこと、それは多々ある。しかし作り手が良いお客さんに出会うことは非常に少ない。カンヌオープニング上映、そこにいたお客さんは幸運なことに全員良いお客さんだった。この映画を観て泣いてくれている。カンヌでパルムドール。この映画に携わったすべての人たちへのご褒美だと私は思っている。』ヴェンダース監督、パルムドール受賞後のインタビュー。

良い映画です私が一番好きな映画…………ですね。

人生最良の1本はと聞かれたら、悩まずこの写真ですと答えちゃいますね。
AOI

AOIの感想・評価

3.5
【4年前蒸発し記憶欠落中の兄を弟が連れ戻す】

タイトルはテキサス州のパリスという場所
そこの土地を買った経緯も理解し難い(꒪⌓꒪)

トチ狂った男の、独りよがりな行動をイイ話風に聞かされても•••ねぇ😒世の中の人々は、皆そこんとこを堪えて生きているんとちゃうの?

周りに迷惑をかけ続けているのに、全て自己判断で動いてしまうのも、どうかと思うなあ•••

父親のパリ絡みの話から、思考のルーツ判明

迷惑を被っている弟夫婦は善人、妻は美しくハンター君も可愛いからトラヴィスの愚行が際立つ
現実の彼似男を思い出し寒気がした:;(∩´﹏`∩);:

ただねー、映画の雰囲気はめっちいいのよこれが
Ryota

Ryotaの感想・評価

4.1
ここじゃないどこかを眼差した、トラヴィス。伏せ、逸らし、絡む眼差しが印象的な、回想のホームビデオ。いつも目が何かを語ってる。鏡に映るふたりの顔と目が重なって、だけど最後まで交わることのない、眼差し。

「また歩き去ってしまうのが、怖いんだ」。

行き場のないふたりの残り香が、赤と群青の空に紡がれていく。ほんとに素晴らしかったな
鹿

鹿の感想・評価

-
んー途中で見るのやめた
ヴェンダースが撮影監督ロビーミューラーと組んだ作品はロードムービーの名作ばかり。これその極め付け。ロードとはもちろん荒野の中のロードであって、荒野とは全ての人の内にある荒野のことなので、ここに映る行ったこともないテキサスの荒野は懐かしい気がするし、自分もあの残酷なくらい深い青空の下を孤独に歩いた気もしてくるし、観入るうちに自分もこんなふうに愛に焼き尽くされたことがあったような気がしてきた。あったかもしれない。映画史に残るこのもう1人のトラビス。同じく孤独の十字架にかけられた不眠症のトラビス。は同じく愛で堕ちた女を救い出し、またロードに独り戻っていく。赤だらけの映像。こんなに赤が哀しく見える映画は他に思い付かない。
Luna

Lunaの感想・評価

4.5
今作にはピンクの服を着たブロンドの美女のイメージしかなかったから家族の愛をテーマにしたロードムービーだったとは。兄弟、親子の大きくふたつに展開を分けて車で旅をする。4年間失踪していたトラヴィスの身に起こったことは具体的には描かれていなかったけどそこは重要ではなくて、なぜ彼は失踪していたのかにあると思った。トラヴィスの最後の決断含め、素晴らしい愛の物語だったな、、、2人の再会のシーンも美しい。最高。
終わった後にじわじわとくるタイプの映画でした(個人的に)
こうき

こうきの感想・評価

4.2
マジックミラーを使った演出方法、そしてカメラの位置がよく考えられていてこれだけでも考察の余地がある。
だんだんトラヴィスのことが分かってく、ように作られてるのか
結構見といてよかった
このトロトロ感の音楽がライクーダーなのね
>|