パリ、テキサスの作品情報・感想・評価

パリ、テキサス1984年製作の映画)

PARIS, TEXAS

製作国:

上映時間:146分

ジャンル:

4.1

あらすじ

テキサスの荒野をひとり歩き続ける男。名前はトラヴィス、4年間失踪していた。かつて妻と息子を失った男が夢見た“パリ、テキサス”とは?

「パリ、テキサス」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

4.6
これは名作でした。
泣きました。。
ヴィム・ヴェンダース監督。
ライクーダー好きで、映画観てないのに(笑)この映画のサントラ盤CDは持っててよく聴いてました♪

哀愁ただようスライドギターが心にしみて、ますます感情移入できました。たまらん。
散り散りになってしまった、父親、母親、子供の3人の再会の物語。

テキサスの砂漠に一人の男トラヴィスが、飲まず食わずで歩いてきて、酒場に入り、昏倒してしまう。医者に運ばれてきて意識を回復しても一言も喋らず、持っていた名刺の電話番号にかけると、ウォルトという男がでて、倒れた放浪者は4年前に失踪したままの兄のトラヴィスではないかということが判明する。
ウォルトは妻のアンとともに、トラヴィスの息子ハンターを引き取り、4年間我が子のように育てていた。
ハンターの母親ジェーンも4年前弟夫婦の戸口に置き去りにしたまま姿を消してしまっていた。。

家族とは。
父の想い、母の想い、子の想いをライのギターに載せて切なく浮かび上がらせる。
何年会ってなくても、どんな親でも、子供のことを思わない親はいない。
ラストは切ない。
涙で前が見えない。
しかし、前を向こうと思った。
はる

はるの感想・評価

3.0
無料スカパー
ヴィム・ベンダース監督を始めて知った作品。
始めて見たロードムービーと云われる映画でもある。
この作品は本当に傑作だと思う。
小津監督が大好きな監督が作った作品だから、余計にそう思うのかもしれない。
と同時に、日本人監督でもアメリカでこれくらいの作品作れないのかしら?とも思う。

ロードムービーと日本映画って多分相性が良い。
ys

ysの感想・評価

4.5
傑作ロードムービー
sae

saeの感想・評価

-
記録

NC(字)①
nknskoki

nknskokiの感想・評価

4.7
四年前に失踪した兄がテキサスの砂漠で倒れているのが見つかる

冒頭からずっとイライラしたけど、一方通行の会話や想いは本当にしんどいし疲れる

そういう諸々の暗示がマジックミラーの会話なのだろう

これは僕の極論持論、お互い二人ともが自分のことより相手のことを優先することだけを考えると何でも上手くいくと思うけどその辺どうですか?みなさん
ただ、そう思っていても必ずどこかで自分優先になってしまうのが人間なのですが

「一人で話し疲れたよ」

ジェーンが綺麗すぎるし、僕は好きな人が娼婦でも全然オッケーなタイプなので結婚してください
最初のどうしようもないシーンから最後の大きなことを成し遂げるまでの経過が綺麗。
息子と心通わせるシーンもジーンときた、特に最初学校の帰りで友達の車に乗られるところなんか悲しすぎる。
最後の最後に立派な人間になれたトラヴァス、素晴らしい。
大相撲初場所が始まりましたよ😌💖

まわし掴んでくるかと思いきや……
白鵬が予想外の張り手で攻めてきました!!!

張り手きたっす✋! ハリテキタッス✋!
パリテキタッス✋! パリテキサッス✋!

だから「パリテキサス」……
これをレビューしないとイケません✋💖

何かの映画に似てるな?と思っていたら
「バグダッドカフェ」に似てたのですが、
こちらの方が先に製作されてるのですね。

張り手というよりは四つ相撲を得意とする
寡黙な貴乃花親方のような作品に仕上がっていて
日馬富士のように燃える闘志を持っていながらも
バレないよう内に隠してるような印象も受けました

カラッとした世界観に雰囲気も良かったです。
これは横綱審議委員会も満場一致で
横綱に推薦するのではないでしょうか?

信頼関係なんてものは別の話で
幾ら大切な身内でも話したくない事はある。
でも血は水よりも濃いじゃないけれど
救いを求めてしまうのは血脈を継いでる者なのか?
産みの親よりも育ての親と言うように
複雑な深層心理が私の心を乱していく。

暗雲に包まれた闇の隙間に僅かに見える一筋の光は
「晴れてきたっす」であり「ハレテキタッス」で
最終的には「パリテキサス」になりますし💖
稀勢の里に逆転優勝して欲しいなと願いたくなる
凛々しい作品に仕上がっていましたよ😌💖
obatasaki

obatasakiの感想・評価

5.0
心の機微が時間たっぷり使ってゆっくりじわじわ感じ取れる、
この時間の使い方のリッチさがたまらん。
ビデオ上映のところがすきで、
あのとても幸せなときから今までの空白を時間たっぷり使って埋めていく感じ、すき…
回数重ねるごとに染みる。
Taul

Taulの感想・評価

5.0
自由な感じがありつつ実にオーソドックスなロードムービー。映像、音楽、役者のハーモニーが生みだす空気感が素晴らしい。のぞき部屋のシーンは場所も象徴的で、愛のエゴさ加減が痛い。男の哀しみと愛をこの映画に見たような気がした。
>|