パリ、テキサスの作品情報・感想・評価

「パリ、テキサス」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

4.6
これは名作でした。
泣きました。。
ヴィム・ヴェンダース監督。
ライクーダー好きで、映画観てないのに(笑)この映画のサントラ盤CDは持っててよく聴いてました♪

哀愁ただようスライドギターが心にしみて、ますます感情移入できました。たまらん。
散り散りになってしまった、父親、母親、子供の3人の再会の物語。

テキサスの砂漠に一人の男トラヴィスが、飲まず食わずで歩いてきて、酒場に入り、昏倒してしまう。医者に運ばれてきて意識を回復しても一言も喋らず、持っていた名刺の電話番号にかけると、ウォルトという男がでて、倒れた放浪者は4年前に失踪したままの兄のトラヴィスではないかということが判明する。
ウォルトは妻のアンとともに、トラヴィスの息子ハンターを引き取り、4年間我が子のように育てていた。
ハンターの母親ジェーンも4年前弟夫婦の戸口に置き去りにしたまま姿を消してしまっていた。。

家族とは。
父の想い、母の想い、子の想いをライのギターに載せて切なく浮かび上がらせる。
何年会ってなくても、どんな親でも、子供のことを思わない親はいない。
ラストは切ない。
涙で前が見えない。
しかし、前を向こうと思った。
takahiro

takahiroの感想・評価

4.8
ロードムービー
ただ、バラバラになった家族が再会するだけの話なのだが、そこに色々な感情があり淡々としつつも、飲み込まれていく。
ジェーンとのマジックミラー越しの再会は秀逸。
ただ、ギターだけのBGMも良かった。
えくぼ

えくぼの感想・評価

3.6
母と子が再会した時の、子供のハグの仕方がとても好きです。
うーん。20代で観るにはまだ早かったかも。
自分好みの映画ではなかったような気がした。マジックミラー越しの元妻との再会シーンが印象的。
らむね

らむねの感想・評価

3.1
一年前に鑑賞したが、いまいち内容は覚えておらず。
静かに、そしてサーっと流れゆくような映画だった。
morph

morphの感想・評価

3.5
あんまり好きになる内容じゃなかった。映像や音楽はすごく良い。彷徨にふさわしく、流れてくると辺りを見回したくなるギターの音色。

トラヴィスと息子の関係は微笑ましくも、父と子というより子ども同士みたいで放棄した親の責任を得たように見えない。ラブストーリーとしては相手自身を見ずに理想や妄想を投影した挙句破滅した恋愛、その懺悔であろうとしてなお、ジェーンが男の憧れを裏切らない美化された偶像の女性に描かれていると思った。
「お客の男の声がみんなトラヴィスに聞こえる」ってセリフ。彼女は風俗の仕事をしながらも、というか、しているからこそ1人の男性を想い続けることができているわけで、いわゆる「娼婦であり聖女」という究極の女性像を見て取れる。その原型イメージはジェーンをカリスマ的に高めている要素のひとつだろう。ほかのスタッフはコスプレで仕事なのに彼女だけ私服だし。

パリはパリでもテキサス州のパリだったり、再会がマジックミラー越しだったり、ズレや距離があってそこを埋められない、でも偽物でも代替でもない関係を描いた作品なんだと思う。だけど古典的だ。
ロードムービーの金字塔。ゆったりとした時間が流れる前半がやけにすきです。マンチェスター・バイ・ザ・シーに少し似ている雰囲気だとおもった。無線機で会話する親子の画が印象にのこった。
これ以上はもう無い。
これに比肩する映画は無いと思う。
TYCHO

TYCHOの感想・評価

5.0
これ以上の映画はない。
僕の涙腺が崩壊した映画。
Ueda

Uedaの感想・評価

4.6
子供が出てくるロードムービーが基本的に大好きだが、その中でも一番好きで、完全に俺好みのもの。観て欲しい
>|