パリ、テキサスの作品情報・感想・評価

パリ、テキサス1984年製作の映画)

PARIS, TEXAS

製作国:

上映時間:146分

ジャンル:

4.1

あらすじ

テキサスの荒野をひとり歩き続ける男。名前はトラヴィス、4年間失踪していた。かつて妻と息子を失った男が夢見た“パリ、テキサス”とは?

「パリ、テキサス」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

4.6
これは名作でした。
泣きました。。
ヴィム・ヴェンダース監督。
ライクーダー好きで、映画観てないのに(笑)この映画のサントラ盤CDは持っててよく聴いてました♪

哀愁ただようスライドギターが心にしみて、ますます感情移入できました。たまらん。
散り散りになってしまった、父親、母親、子供の3人の再会の物語。

テキサスの砂漠に一人の男トラヴィスが、飲まず食わずで歩いてきて、酒場に入り、昏倒してしまう。医者に運ばれてきて意識を回復しても一言も喋らず、持っていた名刺の電話番号にかけると、ウォルトという男がでて、倒れた放浪者は4年前に失踪したままの兄のトラヴィスではないかということが判明する。
ウォルトは妻のアンとともに、トラヴィスの息子ハンターを引き取り、4年間我が子のように育てていた。
ハンターの母親ジェーンも4年前弟夫婦の戸口に置き去りにしたまま姿を消してしまっていた。。

家族とは。
父の想い、母の想い、子の想いをライのギターに載せて切なく浮かび上がらせる。
何年会ってなくても、どんな親でも、子供のことを思わない親はいない。
ラストは切ない。
涙で前が見えない。
しかし、前を向こうと思った。
ちろる

ちろるの感想・評価

4.1
この作品で主人公トラヴィスを演じた名脇役のハリー ディーン スタントが今年9月に91歳でお亡くなりになったということで、評価が非常に高いこちらを初鑑賞。
前半は兄弟愛も感じていたのに、後半現れたナスターシャ キンスキーの圧倒的な美しさのせいで、エンディングくらいまで心優しい弟夫婦たちのことふと忘れそうになってしまった1人の男の人生のロード ムービー。
長くゆっくり時間が流れるよも一つ一つの台詞も動作も主人公トラヴィスの哀愁漂う深層世界を表現するための必要な演出だと思うとあまり文句は言えない。
好きなシーンがけっこう思いつくだけでも沢山ありますが、ハンターとトラヴィスがぎこちなく下校するシーンはとても可愛かった。
ハンター君が賢くて物分かりが良すぎる、、、。

80年代らしいザラッとした質感とハッとするような色使い、安定感のある完璧な構図の映像にギターの音が、未熟な父、息子、母の物語をより切なく演出してくれる。
正直言うとラストのトラヴィスの出した答えに若干のモヤモヤを感じてしまうのだけど、
余韻を残すような茜色とブルーのグラデーションの朝焼けのラストは美しく、ハリー ディーン スタント演じたトラヴィスが抜け殻のようだった始まりから少しずつ人間らしく笑顔を取り戻していく静かな演技の過程がたまらなく良かったのでどうしても嫌いにはなれない秀作だった。
ku373

ku373の感想・評価

2.7
また壊してしまうのが怖いなら、必死で守ればいいだけだし、
夢に見るのも辛いほど会いたいなら、会いにいけばいい。

二人は愛し合っていて
息子も一緒にいることを望んでいて、
自分たちの努力次第で未来はどうにでも作っていけるのに。

ほんとーーーに欲しいなら自己保身は捨てなきゃダメだよ?
cozy

cozyの感想・評価

4.9
確か学生時代に観て良かったという事は覚えていたのだが、内容はあまり覚えていなかった…
20年近く経っての再鑑賞だが、何だこのステキすぎる映画は! というのが素直な感想です、残された夫婦が悲し過ぎるというのが満点でないところですが…

素敵な色、素敵な画、素敵な音が溢れ出しています!!
全体を通しての画のフェード感が素晴らしい…溜め息が出ちゃうくらい。
まぁ古い作品なので意図的なものではないのかもしれませんが、現代映画と比較しても全然引けを取りません。

20年近く経った今、再鑑賞して更に好きなモノになりました!
もう監督ありがとうと言うしかないですね〜〜

監督はトランシーバー、無線、電話がすきなんですかねww
ろ

ろの感想・評価

4.8


これ、めちゃくちゃいいですね。
もっとほのぼのしたロードムービーなのかと思っていたら、意外とヒリヒリしました。

ビルもない、家もない。
一面黄土色が広がるテキサスの砂漠をひたすら歩くトラヴィス。そんな彼の元に、弟ウォルトがやってくる。失踪していた兄をウォルトは心配していた。
弟の働きかけで少しずつトラヴィスは口を開きます。


決して車の助手席に座らない。
モーテルでちょっと目を離すとすぐどこかに行ってしまう。
なぜこんなところを歩いていたのか?
夫婦間で一体何があったのか?
トラヴィスは過去のことは覚えていないと言い、話そうとしない。

もう冒頭何分か観ただけで分かります。
トラヴィスは何か心の傷を抱えているのだと。
だから人との接触を拒んでいるのだと。

「4年も失踪していたんだぞ」
「4年なんて短いもんだ」
「お前にとっては短くても、お前の8歳になる息子にとっては、人生の半分なんだ」

4年やそんなもんで、過去の痛みが薄まるわけがない。
でも4年間で、子どもは随分と成長する。


トラヴィスは息子ハンターと再会します。
しかし、当然ハンターは覚えていない。
トラヴィスが学校に迎えに行っても無視されてしまう。
その夜、ウォルトが昔のビデオを見せてくれます。
そこには、トラヴィスとハンター、そして奥さんが仲良く映っていました。初めは笑顔を見せるトラヴィス。しかし、次第に顔を背けて…。
ハンターに初めて”パパ”と呼ばれた喜びを噛みしめる一方、別れた奥さんを思い出してなんとも言えない気持ちになる。このカットがたまらなく好きです。


物語の後半で、トラヴィスは過去と向き合うことが出来ます。
自分の至らなかったところも、伝えてこなかった本当の気持ちも、素直に奥さんに打ち明ける。
トラヴィスは辛かった過去の意味づけを自ら変えるのです。


いつまでも砂漠を歩いて”パリテキサス”を目指していたって、それはただ逃げているだけ。たどり着いたとしても、きっと得るのは後悔と悲しみだろう。

そうと知りながらもわたしは、土埃が舞う中 砂漠を歩くトラヴィスなのです。
どのシーンも額に入れときたい
良いロードムービー。
わざとらしい表現がない素直な感じ。最後なんかは、全てが丸くうまくいった確信がもてる終わり方じゃないところが好き。
アンたちのことはどうするのか、トラヴィスにとってはハッピーエンドなのか。
プリシラもそうだけど、素直に現実を受けいれられる子供はそんなにいないでしょ。すごい、
どうやって育てればこうなる。
恐るべきアートディレクション。マジックミラーのシーンで、顔が重なるところやその後の長回しなども素晴らしい。家族3人は最初、赤色系の洋服であるが、最終的には赤の補色である緑によって統一されるという周到ぶり。そして、再び旅に出るとき赤色の光に包まれる。
なんば

なんばの感想・評価

5.0
パーフェクトロードムービー
>|