パリ、テキサスの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「パリ、テキサス」に投稿された感想・評価

rhum

rhumの感想・評価

4.7
昔から「これは最高のレイトショー映画である!」とか勝手に思い込んで言ってたけど、実は劇場で観るのは今回が初でしたというやつ。
エグルストンの写真が動き出したような、色鮮やかで超絶美しいシーンの数々。ハートウォーミングなのに湿度低めな物語。好き過ぎて何度でも観れる。
KKMX

KKMXの感想・評価

4.3
切ない映画でした。いや〜、なんとも切ない。

主人公トラヴィス。未熟な男です。しかしこれは非難の意味合いではない。彼はどうしても成長できない、成熟できない悲しさを抱えているように感じられます。愛を切望しても壊してしまう、そんな自分に絶望しているのでしょう。
そして、タイトルにもなった、彼の故郷パリ、テキサスに戻ろうとする姿から、原家族との関係の傷つきが、彼の成長を止めていることが推察されます。父と同じような妄想に取り付かれていると感じるトラヴィスは、息子ハンターにも、自分が体験した傷を負わせてしまうという恐怖を感じていたと思います。ハンターに自分の両親のことを語る姿は、なんか切ない。彼はクライベイビーです。

元妻のジェーンとトラヴィス、一見年の差カップルですが、精神的には近い2人だったんでしょうね。ジェーンもおじさんをパートナーに選ぶくらいだから、安心感を必要としていた人なのかな、と思います。しかしパートナーは体はおじさん、心はベイビーだったため、上手くいかなくなるのも宜なるかな、です。

しかし、一番切ないのは弟夫婦、とくに妻のアンだと思います。ハンターを実の子として、本当に愛して育てたことが伝わってくるが故に、辛すぎますね。
ハンターの布団がスターウォーズなんですよね。アンは宇宙好きの彼の嗜好をちゃんとキャッチしていて、あの布団を選んだのでしょう。もしくは一緒に選んだか。きっとあの布団が家にやってきた日にハンターは超喜んだと思うんですよ。そういう、すごく大事な積み重ねが伝わってきたが故に、本当に胸が苦しい。
ハンターが母と別れたのが3歳。愛着対象は確かに実母ジェーンでしょう。トラヴィスも問題あるけど優しい男だから子どもは見抜いて懐きますしね。
とはいえ、弟夫婦の話は残酷だと感じています。アンの気持ちを想像すると本当に切なく心苦しいです。

キャストについて。ハリー・ディーン・スタントンはすげぇ顔。オープニングのインパクトはスゴい。ナターシャ・キンスキーも素晴らしい美女でしたが、個人的にはアンの方が好きです。
そして一番嬉しかったのは、のぞき部屋のスタッフとして、伊達男ジョン・ルーリーがちょこっと顔を出していること。ジャームッシュ初期3部作好きとしては思わすニヤリとしました。また元気になって戻ってきてほしいですね。


名作と誉れ高い本作ですが、確かに素晴らしい映画でした。マジックミラー越しのトラヴィスとジェーンのやりとりなどは、すごい説得力で迫ってきました。
しかしながら、トラヴィスの物語にはがっつり共感できず、むしろ弟夫婦に感情移入していたため、ハマるまでには至りませんでした。

あと、146分は長い!ファニアレ以降、長丁場は決定的にダメだとわかりました。120分を超える映画は基本苦手と判明。空族映画は例外ですが。正直、大傑作『東京物語』(135分)ですらちょっと長ぇな、と思ったくらい。
本作は、最低でもあと30分削って欲しかった。
主題歌挿入歌含め、音楽の音の大きさにビビった。だけど五月蝿いと感じなかったのはギターの音色と旋律が本当に美しかったから。
みんな"良い人"しか居なかったので少し共感が出来ず蟠りが残った。出て来たみんな傷付いてるし傷つけられてる、なのに良い人だからそんなのおくびにも出さないのが見ていて辛い
kusababa

kusababaの感想・評価

4.2
ナスターシャ・キンスキーが
とにかくキュート

キャストに思い入れが
まだ浅い段階での
8ミリの動画

一瞬の切りとった映像の中に溢れる
愛しい時間に
これから展開される物語への
期待と切なさが一気に募る
matsu

matsuの感想・評価

-
早稲田松竹のレイトショーにて鑑賞。心に染みてくる作品。時間が経っても色々と考えてしまう。「ラッキー」が何故ああいう感じだったか分かるような気がした。
ftsm

ftsmの感想・評価

4.6
なぜ喋らなかったのか、なぜ眠らなかったのか、これは推測の域を出ないかもしれないが全て最後のトラヴィスが語っているような気がした。

パリ、テキサスを目指したのも、自分のもつ幻影を追ってしまう人間の性というものを示しているのだろう。


あと道路を隔てたあのシーンは、とっても美しいかった。歩み寄り、歩み寄る。
つまりハリーディーンスタントンが名演すぎる
lololo

lololoの感想・評価

3.2
内容的には「ん?」と思う要素も多いけど、ハリー・ディーン・スタントンの存在感や魅力を堪能するって点ではとてもいい映画。彼の最後の主演作「ラッキー」がとても好きなので、それぞれの映画がフラッシュバックする雰囲気でとてもよかった。どちらの映画も共通して、ザクザクと荒野や道端を歩く姿が印象的。若かりし頃のハリーもかっこよかったなー。
endrew

endrewの感想・評価

4.2
ロードムービー
鏡越しの語り良かった
ラストも良い 愛ですね
napolitas

napolitasの感想・評価

3.9
良い映画でした。音楽が超テキサスで沁みる。絵も綺麗、風景とかオールドアメリカンとか。キッズが凄い天使で可愛いかったが、ママも相当な天使だった。
個人的にはむむむ?映画だったなあ

好きなシーンとかたくさんあるんだけど、残された弟夫婦のことを思うとどうしてももやもやする、、