まぁ郎

殺人遊戯のまぁ郎のレビュー・感想・評価

殺人遊戯(1978年製作の映画)
3.5
『最も危険な遊戯』の続編ではあるが、話は繋がっていない

ヤクザの会長射殺から5年、あの鳴海昌平が帰ってきた
という設定

5年前と同様、ヤクザの抗争に巻き込まれる鳴海
いがみ合う二つの組の撲滅を狙う鳴海
展開的には、黒澤明の『用心棒』のようだ

前回の『最も危険な遊戯』同様、表向きは頼りなさそうで実はかなり頼り甲斐のある鳴海昌平を松田優作が渋い演技で魅せる

茶色いコートなど、格好や出で立ちも前回から引き継がれていて良かった
44マグナムを構える姿が様になっている

前作ではやたら走らされた松田優作だったが、今作はトレーニング中ぐらいしか走っていない
ロッキーじゃないんだから、トレーニングシーンいるのか?!なんて思ったり
女性ファン向けのシーンだったのか・・・??

コミカルシーンはあるものの、極力抑えてあって良かったものの
その分、松田優作の歌が挿入されてたな...

無口で無骨、ますますハードボイルドな鳴海昌平、松田優作
やっぱりカッコいい!