クロスファイアの作品情報・感想・評価

クロスファイア2000年製作の映画)

cross fire

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

2.8

「クロスファイア」に投稿された感想・評価

小説をよくこんな駄作にできたな…
原作ある邦画はこれだから…って思うようになるきっかけはこのあたりから
小説は小説。とわかっていても、ね。
ayumi

ayumiの感想・評価

-
昔見た記録

多摩川でファイヤーした
金子修介という監督は、脚本家次第で作品の出来が左右される監督なのではないか?

『平成ガメラシリーズ』は伊藤和典、
『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』は長谷川圭一、
『DEATH NOTE』では大石哲也、
と、人気作品は、該当作以外にも代表作がある作家が手がけている。

しかし、本作はそうではなかった。

ブレブレなストーリーに、ガーディアンや吉沢悠らの中途半端な存在、刑事たちとの絡みも重要なようで薄いものになってしまっている。

が、本作の最大の見所は、人体発火描写にある!

『ガメラ3 邪神覚醒』で培った技術を元に、スプラッター映画も真っ青な燃焼演出で、皮膚や肉がデロデロになる様はインパクト大!

そして、クライマックス、特撮技術を活かした大炎上シーンは、それまでの雑さを吹き飛ばすパワーがあった!
HK

HKの感想・評価

1.2
宮部みゆきの小説をもとに、平成ガメラ三部作やGMKを手掛けた金子修介監督が映画化。DVDで見てきました。

生まれつき自然発火の能力を駆使することができる女性が、恋人の妹の仇を取るために復讐に走る話。

この映画に出てくる不良軍団って、自分がドラマでよく見かける典型的なDQNである。確かGMKでも、モスラに襲われる不良軍団がこんなヒャッハー軍団だったような。スナッフビデオとか撮るとはな。

でもこの映画、どうも好きになれない。多分主役級の俳優が全部演技が棒だからだな。そんでもって桃井かおりの独特の演技まで入るから全体的に見ていて辛かったです。せいぜい永島さんしかまともな演技してない。

それに、所々の演出もギャグというかチープに見える。宮迫さんが自分で自分を殴るシーンとか特に。しかも吉沢悠のキャラも、もうアニメキャラ並みに痛いからな。おまけに熱のシールドとかレストランの蝋燭に火をつける演出とか、金子さん絶対中二病ですね。

そして何より不満に思ったのは矢田亜希子さんの服が解けたりして、裸にならない所だ。だってプール一杯の水を一夜で蒸発させるほど、発熱してるんだよ。それなのにあの服の丈夫っぷりたら…ていうか矢田亜希子の裸を見せてください。おなしゃす。この映画、題材は面白いのに抜きどころがどこにもないのが残念。あの小暮って奴の最後も爆発であっけないし、せいぜい永島さんぐらい酷いラストを期待していたのに…

うーん、好きな題材ゆえに不満が残っちゃたし、見るに堪えなかった内容だったな。この作品は嫌いだ。

「模倣犯」「ブレイブストーリー」も含めて宮部みゆき原作小説の映画は振るわないな~
かずこ

かずこの感想・評価

2.7
いい感じに厨二感あった
>|