ぬ

パーフェクト ワールドのぬのレビュー・感想・評価

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)
4.5
脱獄犯とその人質の少年のロードムービー。
何か忘れそうになったら見よう。
泣いて、そして思い出そう。

父親のいない少年フィリップは脱獄犯のブッチに理想の父親を、辛い過去を持つ脱獄犯のブッチはフィリップに幼少の頃の自分を見出し、次第に二人の間に不思議な絆が芽生えていく。

フィリップとブッチ、不完全な二人が、心を寄り添い旅をしたあの短い時間こそがパーフェクトワールドだったのだろう。
儚いからこそ永遠に、誰にも侵すことの出来ない完全な世界に、なってしまった。

ろくでもない父親からの一枚の絵ハガキを、お守りのようにして大切に持っているブッチ。
幼心に父親のいない寂しさや信仰による疎外感を抱きながらも、母親を気遣い庇うフィリップ。
たとえどんな親であれ、子どもは親からのほんの一欠片の優しい言葉を、思い出を、忘れることができず、憎みきれないままでいる。

また、信仰により何かと抑圧されて育ったフィリップと、捨てるものが何もなく心のままに真っ直ぐに行動するブッチ、という対比。

フィリップはブッチと過ごす中で、宗教の教えでもなく、母親の言いつけでもない、心からの自分の素直な気持ちを取り戻す。
ブッチは幼少の自分とフィリップを重ね合わせ、フィリップが自分のようにならないよう、やりたいことをやらしてやろうと、自身の危険を省みず約束を取り付ける。
まるで自らの幼き日々をやり直すかのように。

人種差別や家庭内暴力、当時のアメリカの実情も描きつつ、全体的にはユーモラスであたたかな雰囲気が流れている。

シリアスなシーンの緊迫感と、ユーモラスなシーンの和やかな雰囲気とのメリハリは、さすがケヴィン・コスナー、そしてさすがクリント・イーストウッド。

イーストウッドの描く、勧善懲悪でない複雑さや不条理、ぶつけようのない怒り、悲しくやるせないすれ違いは、なんとも言えず沁みる…

ロードムービーって、いいね。