パーフェクト ワールドの作品情報・感想・評価

「パーフェクト ワールド」に投稿された感想・評価

KIHO

KIHOの感想・評価

5.0
【レビュー400本目】
マイベストムービー!自分の短い人生において今のところ最高の映画です!
クライマックスは何度見ても涙が止まらない!

ロードムービーにおいて「旅路」は「人生」の比喩です。偶然出会った2人が様々な出来事を経験しながら、絆を深め合い、そして悲劇的な別れへと進んでいくロードムービーの最高峰!

クリント・イーストウッド監督。ケヴィンコスナー演じる脱獄犯のブッチが、フィリップという幼い男の子を人質に逃走するロードムービー。母親に売春宿で育てられるという報われない生涯を歩んできたブッチと、母親に厳しく育てられるまだ善悪の判断もつかないいたいけなフィリップの心の交流を描きます。

一見ダラダラしているようにも思えるブッチとフィリップのロードムービーですが、2人がその旅路に待ち構える様々なイベントには1つ1つに意味がある。主人公に様々なイベントを経験させることで、ブッチの人となりや、2人の絆の深まり、ブッチの心の動きを表現していくイーストウッドの脚本は決してシリアスではないけれどうまいと思います。

例えば、テリーとの決別のシーンはブッチの優しさと男気が説明されます。ブッチはただの悪党ではない。万引きのシーンでこれから運命を共にすることをなんとなく確認した2人。捜査官達のトレーラーの中ではブッチの生い立ちが語られます。ある家族をヒッチハイクするシーンは母親の愛に恵まれなかったブッチが「フィリップも自分と同じなのでは?」と確信するシーン。しかし、セクシーなおばさんのお店でフィリップと「お前のお母さんもするだろ?」「僕のお母さんはそんなことしない。」と会話した時、ブッチは「やはりフィリップと自分は違う。」と認識。フィリップは母親と幸せに生きなければならないことに気づきます。黒人一家でのブッチの凶行のシーンでは今までずっと冷静に振舞っていたブッチの抱える心の闇にシリアスに迫ります。

そして、このロードムービーはやはり2人の別れで終わります。ラストシーンは涙が止まりません。作品の冒頭で聞いたバグパイプの音色と、やはり冒頭で見たブッチの寝顔を今度はポロポロと涙を流しながら見終えると、感動と呆然としたやりきれない気持ちのままエンドロールに突入です。
321

321の感想・評価

4.0
ブッチがフィリップに
「楽しかったよ」と言って握手を求めるシーンから涙腺が緩んだ。

感想つけがたい、なんとも言えない。

ブッチはお父さんに会って欲しかった。
フィリップも銃を分かるところに捨ててほしかった。

犯罪者の人にもブッチのような人はいるのだろう。けど現実社会においても、脱獄した人を目の前にしたらどんなにいい人で通報してしまうよね。
いしん

いしんの感想・評価

4.6
いい映画すぎる。

このレビューはネタバレを含みます

大号泣。空から降る一億の星思い出した。
けど最後の最後腹たちすぎて。今見た直後はこれ自首で終わったらあかんかった?という気持ちでいっぱい。
絶対この男いらんことするやんと思ってたらやっぱりやった。
照れながら渡しかけたあのハガキ、ケビンコスナー、泣ける。
よく現在過去未来をドライブに例えるのを聞くけど、元はこの映画からきてるのかな。
最近は映画の中でこんな例えの会話なかなかないけど、こんな話ができる人が好き。こういうことを言えるのはちゃんと向き合ってるから。やはり会話を描くには自分自身がしっかり人生と、ひとと、向き合ってないとかけない。

説明を随所にうまいやり方で入れてた、わかりやすくて勉強になった。
この人がアラスカにいったら、、もし誰かが抱きしめてくれてたら、お母さんが売女じゃなかったら、お父さんが帰ってきてくれてたら、、?と想像してしまうのは人物像の掘り下げがしっかりしてるのもあると思うけどやっぱり役者自体が持つ雰囲気と役作りだろうな。
投影をどこにするか、盛り上げのシーンでどんな風に投げかけるか、それをその先にどんな風につなげるか、非常に勉強になった脚本。
イーストウッドさんみたいに一流の自分が出て監督もしてる人ってどんな感じなんやろう。
独特の緊張感がありつつも展開がゆっくりと進んでいくので、その分一つひとつのセリフや表情がとても際立っています!
子役の演技にいつのまにか引き込まれていました!
そりゃ感情移入してまうわ、、、
わりと泣けた。
美しい映画。
>|