パーフェクト ワールドの作品情報・感想・評価

「パーフェクト ワールド」に投稿された感想・評価

KIHO

KIHOの感想・評価

5.0
【レビュー400本目】
マイベストムービー!自分の短い人生において今のところ最高の映画です!
クライマックスは何度見ても涙が止まらない!

ロードムービーにおいて「旅路」は「人生」の比喩です。偶然出会った2人が様々な出来事を経験しながら、絆を深め合い、そして悲劇的な別れへと進んでいくロードムービーの最高峰!

クリント・イーストウッド監督。ケヴィンコスナー演じる脱獄犯のブッチが、フィリップという幼い男の子を人質に逃走するロードムービー。母親に売春宿で育てられるという報われない生涯を歩んできたブッチと、母親に厳しく育てられるまだ善悪の判断もつかないいたいけなフィリップの心の交流を描きます。

一見ダラダラしているようにも思えるブッチとフィリップのロードムービーですが、2人がその旅路に待ち構える様々なイベントには1つ1つに意味がある。主人公に様々なイベントを経験させることで、ブッチの人となりや、2人の絆の深まり、ブッチの心の動きを表現していくイーストウッドの脚本は決してシリアスではないけれどうまいと思います。

例えば、テリーとの決別のシーンはブッチの優しさと男気が説明されます。ブッチはただの悪党ではない。万引きのシーンでこれから運命を共にすることをなんとなく確認した2人。捜査官達のトレーラーの中ではブッチの生い立ちが語られます。ある家族をヒッチハイクするシーンは母親の愛に恵まれなかったブッチが「フィリップも自分と同じなのでは?」と確信するシーン。しかし、セクシーなおばさんのお店でフィリップと「お前のお母さんもするだろ?」「僕のお母さんはそんなことしない。」と会話した時、ブッチは「やはりフィリップと自分は違う。」と認識。フィリップは母親と幸せに生きなければならないことに気づきます。黒人一家でのブッチの凶行のシーンでは今までずっと冷静に振舞っていたブッチの抱える心の闇にシリアスに迫ります。

そして、このロードムービーはやはり2人の別れで終わります。ラストシーンは涙が止まりません。作品の冒頭で聞いたバグパイプの音色と、やはり冒頭で見たブッチの寝顔を今度はポロポロと涙を流しながら見終えると、感動と呆然としたやりきれない気持ちのままエンドロールに突入です。
脱走犯と人質の少年の友情を描いた逃走ロードムービー。
家族を大切にしない父親が大嫌いな、心根は優しいブッチだけど格好いいと感じる反面
「道」や「バッファロー66」などと同じでロードムービーに出てくる不器用な男は少し気が荒いというか短気すぎてあまり好きになれないところがある。
Tommy

Tommyの感想・評価

4.0
もう少し緊迫感が欲しかった
素晴らしいロードムービー。
途中から誘拐犯と被害者という関係を忘れてしまうくらいハッキリと男同士の友情の深まりが描かれている。
クリントイーストウッド好きだーーー
ブッチはじめキャラクターみんなが魅力的です、

親子ものには弱いので泣いた、、(本当の親子じゃないけど)



色々問題を投げかけてくる映画。
ぽん

ぽんの感想・評価

4.5

脱獄犯と人質になった子どものお話。途中から、この2人は親子だと信じ疑わなくなるくらい、親子より親子にみえる。ラストは涙が出て止まらなくなるだろう。
pongo007

pongo007の感想・評価

4.3
 児童虐待被害の後遺症を引きずるケヴィン・コスナーと、幼い少年との心の交流を描いた作品。少年は逃げようと思えばいつでも逃げられるのに、ずっとケヴィン・コスナーのそばから離れようとしません。二人の間に芽生えた友情のような感情がラストに向かうにつれ、とても切なくなってきます。これは普通にいい映画でした。
Mako

Makoの感想・評価

5.0
良い作品に出会ったなぁ。

悪人なのに人情味があって、誰よりもいい父親になるんだろうなってわかる。

終始犯罪はしてるのにその中で垣間見える優しさは誰よりも素直な愛で溢れていて、最初はただの脱獄犯て思ってたけど最後にはケヴィンコスナーに惹かれてる自分がいた。

人の心を掴んでおいてもう会えないなんて罪深い。

久しぶりに声出して泣いた。悲しくて、やるせない気持ちもあって、いろんな感情が込み上げてきて余計に涙が止まらなかった。

人質から相棒になった少年の愛らしい笑顔といい、泣きそうな表情といい、演技力が素晴らしい。
ケヴィンコスナーがたまらない。
夜月

夜月の感想・評価

4.0
最初はドキドキしながら観ていたけれど
途中から 犯罪者と誘拐された男の子 から
親子のように思えて
だからこそ 最後のシーンでは泣いてしまった。

犯した犯罪は決して
許されて良いものではないけれど
どうか2人がずっと一緒にいられたら良いのに
と願ってしまった。
>|