パーフェクト ワールドの作品情報・感想・評価

「パーフェクト ワールド」に投稿された感想・評価

最近、ホラーとかサイコに偏ってだいぶ汚れてきたので、 たまにはきれいな映画も見なきゃと思って借りてきた。

舞台はアメリカのテキサス州。
刑務所を脱獄したブッチは、8歳の少年フィリップを人質に逃走します。
ブッチとフィリップ、偶然にも2人には父親に恵まれない境遇で育ったという共通点があったのでした。
脱獄犯と人質という関係ながら、逃避行を続けるうちに、フィリップは、荒っぽくも たくましく自由に生きるブッチに父親の姿を重ね、またブッチは父親であるかのように、自分で選択し自分の意志で生きる道をフィリップに教えるのでした。
そうして2人の間には父子にも似た絆のようなものが芽生え始めるのですが。。

いやもう あらすじの時点でヤバイです(*_*;
てか、ジャケット見ただけでもヤバイのに(ノ_-。)
終盤は最近悩まされているドライアイも治ったかと勘違いするくらいヤバかったです(T~T)

脱獄逃走劇の中には、逃走中の2人が行く先々で出くわす様々な出来事、ドラマに加え、逃走するブッチを追いかける州警察のレッドや州知事からの指示で派遣された犯罪心理学者のサリー、それに同行するFBI捜査官らが繰り広げる政治や権力の構図を垣間見るストーリーも描かれていて、ときに笑ったり、ときに心温まるも、ラストの部分でそれらのストーリーが結びつき、最後はなんとも切なくやるせない幕切れの作品で、ブッチが、フィリップが、レッドが、サリーが切なかった。。


先に「アメリカンスナイパー」や「グラントリノ」を見たからかもしれないけど、この映画にもイーストウッド作品に良く見られるアメリカ社会への問題提起というか、背景にあるテーマ的なものをいろいろ感じたっぽい。

ブッチが逃走するのにこだわった車はアメリカの代名詞とも言えるフォード。
そのフォードに乗って目指した ” パーフェクトワールド ” = ” 理想郷 ” でしたが、それは遠い遠い遥か彼方のアラスカの地。
理想と大きくかけ離れた現実、
虐待と犯罪の悪循環のループ、
汚れた政治や権力の構図、
信仰のあり方への問いかけなど(今回はエホバの証人を引用しておりました)。。

今から23年も前の作品なんだけど、映画の中にアメリカ社会の縮図が描かれているようで、やっぱイーストウッドってスゲーなあ、毎度イーストウッド作品には心が揺さぶられるなあ、と、これで僕の汚れた心身もだいぶ浄化されたって気分になったのでした。


。。ケビンコスナーのお腹が出すぎてて(あんなおデブちゃんだった?)気になったのは僕だけだろうか。
しもじ

しもじの感想・評価

4.0
完璧な世界なんてない

ブッチかっこいい
フィリップかわいい

2人の関係がどんどん深まっていくのが良かった。ブッチのセリフは一つ一つが奥深くて名ゼリフばっかり
ハエ

ハエの感想・評価

5.0
あかん 最高の映画だった レビューは落ち着いてから…
ははは

はははの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

乱暴ではあるものの自分なりの正義を持ってBuzzに接するButchはイケメン。

パーフェクトワールドって自分で見つけるのは大変だろうけれど、Butchの様にそれを死に際には実感できるような人生を歩みたい。

彼は父親に愛されなかった過去がトラウマとなりずっとコンプレックスを抱えているも、Buzzとの短い共同生活で父親として「子供」に愛情を注ぐことに喜びを感じた状態で死を迎えた。

私も死ぬときには「この世はパーフェクトワールドだったな」って思って逝けるように日々精進したい。
kanon902

kanon902の感想・評価

4.5
すっごいイイ映画だった!
涙なしでは見れんっ T^T
ケビン・コスナー、素敵でした☆
yuzu

yuzuの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ロードムービーの終わりはどんなラストでも物悲しいものだと思っているけど、この映画のラストはその点を抜いた意味でやりきれない。善人とは言えないけど人間味あふれるブッチが死んでしまうのは少なくとも後味が悪いです。
アメリカ南部の雰囲気がとても味があってかっこいい。わたしも広くてずっと続く道をドライブして、通りすがりのダイナーでハンバーガー食べたい。
フィリップとブッチのやり取りに心が温まる。試してみたいけど我慢していたことリスト、ハロウィンには仮装してお宅を周る、フィリップにとってこの経験が少しでもこれからの彼にとって意味のあるものになってほしい。
キャスパー見たくなる映画(笑)

ブッチが渋くてかっこいい。
あんまり感情移入はできなかったけど。
みきち

みきちの感想・評価

4.5
パーフェクト😭👏🏻


どうでもいいけど60年代の車が可愛すぎな
>|