パーフェクト ワールドの作品情報・感想・評価

「パーフェクト ワールド」に投稿された感想・評価

「いい人」って何ですかねぇ

犯罪をおかさない人。
人を殺さない人。

「悪い人」は?
人を殺す人。子供にやりたいことをさせない親。職場で女を口説く警官……

めちゃくちゃシンプルな話です
イーストウッドの話のなかでは、「救いがねぇ!!」って言いながら周りのモノを蹴りたくなる衝動はおこらない"ほう"だと思います。(全然おこらないとは言わない)少なくともなんとなく想像してたより胸クソ悪い、ってことはなかったよ

大体何が起きるのかわかるくらいベッタベタなんですけど、それでも中盤で涙出そうになったし、こんなどストレートな話の割に登場人物の行動が、ぜんぜん一貫してないんよな

さらった子供に完璧な世界を与える者、愛する子供を殴り付ける者、自分が銃を向けた相手のために涙を流す者。
この全員の行動の、不合理な多面性を見せられながらも、「どストレート」って感じるんですよおかしくない?
コレで、納得させられてしまうのスゴくない?おいイーストウッド

ブッチは、少年と居ることで「いい人」に変化していったのか?
と思ったときに、善と悪や、好きと嫌い、暴力と優しさは、おなじ人間のなかに同時に存在しているのだと気付きました。
いいことをする「ときもある」。悪いことをする「ときもある」。

じゃあ「いい人」ってなに。
「悪いヤツ」ってなんなんだ。

今までやって来たことを天秤に乗せて、どっちに片寄るか測るポイント制なのか?後からやった行為が優先される上書き制なんだろうか?
私はいつも自分は「いいヤツ」で居たいと思ってるけど、まずそんな概念が存在し得るのか?ってとこから疑うハメになりました。

パーフェクトワールド、理想の世界。
それもまた多分、絶対的な概念じゃないんだろうな。理想の世界が「いい世界」だなんてことも、べつに決まってないですもんね。

私ケヴィンコスナーは「ウォーターワールド」「クリミナル」しか見たことないんで、まだ無法者のケヴィンコスナーしか知らんのだけど、どれも好きですね
一年後くらいには「ケヴィンコスナーが好き!!!」とか言ってそう。

これ、予言ね。
Takashi

Takashiの感想・評価

4.7
脱獄犯と誘拐された子供の話。

2人の共通点のひとつはろくでもない父を持ったこと、と言い、父の愛情を知らぬ2人の距離がだんだん縮まる、、王道っちゃ王道のストーリー。

俺が殺したのは母に手を掛けたやつと、フィリップに手を掛けたやつだけ。良い人ではないが、根っからのワルではない。

設定の割にというとヘンだけど、爽やかでシンプルな構成で、ラストシーンは泣ける。

我慢してたけどやりたいことリスト。
子供はこういうのあるんだろうな。
ゆき

ゆきの感想・評価

-
イーストウッドらしい男の生き様がかっこいい。
最初の相棒は置き去りにするくらいが良かったし、農家の3人も縛るくらいで逃げれば良かったのに、って思ってしまうけど、この結末がパーフェクトなんだろう。
本当にかっこい良かったケヴィンコスナー。助かってイーストウッドに更生を見守って欲しかったなあ。
からし

からしの感想・評価

4.3
クリント・イーストウッドすごい。
Ho

Hoの感想・評価

4.8
男の友情!親子愛!

とにかく子役が可愛い。。
この頃のケビンコスナーが半端なくカッコいい

泣いた。
Kosuke

Kosukeの感想・評価

4.4
ラスト
子役かわいい
Igarashi

Igarashiの感想・評価

4.0
この結末、2日は引きずる。。。
TH

THの感想・評価

4.0
二人の友情がアツイ
最後の清々しい顔が好き
良い人ではないけど悪い人じゃなかった
>|