パーフェクト ワールドの作品情報・感想・評価

「パーフェクト ワールド」に投稿された感想・評価

脱獄犯ブッチが少年フィリップを人質にとり、アラスカを目指し盗難車で逃亡する、ある意味エッジの効いたロードムービー。

逃亡中、二人の人間をいとも簡単に銃殺してしまうブッチは紛れもない凶悪犯。

いい人間じゃない
だが心底のワルでもない
人と違うだけさ

ブッチが劇中自ら語るこの台詞が、この物語の肝となるように思います。


宗教上の理由から様々な制約を受け、友人関係も上手く築けず孤独な少年フィリップを人質にとるブッチ自身も、幼少期のトラウマを抱える。

そんな二人が心を通わせていく過程に惹きつけられたまま、逃れられないエンディングを迎えます。

脱獄犯ブッチが人質の少年フィリップを最後まで裏切ることなく正直で嘘がない姿からも、ブッチ自身が受けてきた傷の深さが覗えて…何とも切ない。とはいえ、犯した罪の重さは変わらない。

そんな場面もしっかりとみせるところが魅力的であり、イーストウッド作品の凄味でもある。

やはり、イーストウッドの巧さなんですよね。丁寧な描写と何気ない台詞が、観る側に想像する余韻をしっかり与えてくれるこの素晴らしさ^ ^

個人的には、フィリップ自身の心が開放されてゆく描写と、オープニングとリンクするブッチが寝そべるラストシーン。
二人だけのパーフェクト・ワールドが垣間みれるシーンが凄くいい。


心を躊躇なく開放できる相手に出会えた瞬間に見える世界こそが、二人のパーフェクト・ワールド。

間違いなく、名作だー!!^ ^
ナイキ

ナイキの感想・評価

4.1
脱獄犯ブッチが1人の少年フィリップを人質に車で逃亡する話。

悪い人であるはずのブッチは、人としてかっこよく、その背中を見て成長して行くフィリップの2人は、まさに親子でした。

ブッチの優しさとフィリップの優しさは硬派で、抱きしめるシーンは涙が止まらなかった。
こんなお父さんになりたいぜ。
bell

bellの感想・評価

-
過去記録
KOU

KOUの感想・評価

4.2
【物語】10点満点中8
【人物】10点満点中8
【音響】10点満点中8
【映像】10点満点中8
【雰囲気】10点満点中10
movie

movieの感想・評価

4.0
ベストムービー用
生涯のベストムービーを作ろうと思います。
順位がつけれないので点数は4.0統一
全然覚えてないけどクリントイーストウッド出る。
とにかく子役がかわいい。

父親の愛を知らない2人がつくる、「パーフェクトワールド」に心動かされます。

時折挟まるイーストウッド側のお笑い要素が謎に感じましたが、
ラストが悲しい映画、として人気な理由があるくらいには楽しめます。
豆

豆の感想・評価

4.0
善か悪かと語れない複雑な人物ブッチは非常に人間的だと思えた。
フィリップ役のT・J・ロウサーの演技が素晴らしい
>|