イチロヲ

キサラギのイチロヲのレビュー・感想・評価

キサラギ(2007年製作の映画)
2.2
自殺を遂げた女性アイドルを追悼するため集まった男性ファンたちが、彼女の死の真相を追究していく。人気を博した舞台劇を、ワンシチュエーションの形態のままで映像化させた作品。

好意を抱いた点は、日本特有のアイドル文化の在り方を考えさせられる内容になっているところ。そして音楽にインドネシアのケチャを起用しているところ。

心惜しい点は、映画的演出がことごとく反故にされているところ。映像で見れば分かることを、いちいち説明台詞で解説してくるのが邪魔。映像外の情報を台詞で付け足していく論法も、誉められたものではない。

「映画らしさを感じない」という指摘に対して「元が舞台劇なのだから仕方ない」というフォローを散見するが、それもどうかと思う。「仕方ない」と思わせないように、舞台劇から映画へと完全コンバートさせるのが、映画製作者の役割ではないのかと、私は思ってしまう。結局のところ、「映画に何を求めているか?」の相違が評価の決め手。